2016年11月29日

第9回 民間月面探査 team  HAKUTO 代表 袴田武史さん

民間月面探査 team  HAKUTO 代表 袴田武史さん

%e8%a2%b4%e7%94%b0chi

袴田武史さんのプロフィール

株式会社ispace 代表取締役&ファウンダー、HAKUTO代表
1979年生まれ。米ジョージア工科大大学院で航空宇宙工学修士号を取得後、経営コンサルティング会社を経てispaceを創業。人類が宇宙で生活圏を築き、
宇宙と地球が共存する世界を構築するため、宇宙ロボット技術を活用した民間宇宙事業を推進中。
2010年からGoogle Lunar XPRIZEに「HAKUTO」を率いて参戦中。

 HAKUTOについて】
http://team-hakuto.jp/
HAKUTOは、株式会社ispaceが運営する、日本で唯一Google Lunar XPRIZEに参加するチームです。ベンチャー、大学、そしてプロボノと、様々なバックグラウンドを持った人材が集まり、
それぞれの特技を生かし合って月面探査ロボット(ローバー)を開発し、
Google Lunar XPRIZEに挑戦するプロジェクト「au×HAKUTO MOON CHALLENGE」で
世界初の民間月面探査を目指しています。
20151月には、月面ミッションを達成できる能力のローバーを開発したその技術力が評価され、Google Lunar XPRIZE中間賞のモビリティ部門を受賞しています。

 Google Lunar XPRIZEについて】
http://lunar.xprize.org/
Googleがスポンサーとなり、XPRIZE財団によって運営される、民間組織による月面無人探査を競う総額3,000万ドルの国際賞金レースです。
ミッションは、月面に純民間開発の無人探査機を着陸させ、着陸地点から
500m以上走行し、指定された高解像度の動画や静止画データを地球に送信すること。
1位のチームには賞金2,000万ドル、2位のチームには賞金500万ドルが与えられます。現在、世界各国から16チームが参加しています。

白兎(はくと)というチーム名は、まさに、白いウサギから。
月にはうさぎがいるというおとぎ話もあるように日本らしいチーム名にしたかったという袴田さん。
立ち上げの頃は難しいと思っていたけれど、来年2017年にミッションを成功させることは可能・・とのこと。
ちなみに金額的な問題ですが、賞金は、2000万ドル=20億円だと、普通だとできないけれど、赤字でもやって、次の仕事で回収できると。
ただし、白兎の場合は、打ち上げはに関しては、Astrobotic Technology社の月着陸船に相乗りさせてもらうということで、経費を節約するそうです。それにより、10億円で今回のミッションを達成できるそうです。

 

これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフルバージョンは、
セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。
https://www.central-eng.co.jp/
https://www.central-eng.co.jp/legendengineers

by  あられ

投稿者 : alabo|2016年11月29日

« blogトップ »