2017年4月26日

第30回 特別編「声優スペシャル~MADE IN JAPAN特集」Part2

今週のA-LABO INDEXもスペシャルバージョンです。

特別編「声優スペシャル~MADE IN JAPAN特集」

先週に引き続き、
松風さんの心の師匠「堀内賢雄」さんと一緒にお届け!

松風さんと堀内さん

今回のテーマは「ガンダムシリーズ」

松風さんは「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」のガエリオ・ボードウィン、
堀内さんは「機動戦士ガンダム ZZ」のマシュマー・セロ、
お二人とも「ガンダムシリーズ」にご出演されております。

そしてゲストには、松風さんと同じく
「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」のアトラを演じた「金元寿子」さん、
サンライズ 企画担当の「谷口廣次郎」さんをお迎えしました。

松風さん(左)と金元さん(中央)と谷口さん(右)

「金元寿子」さんのプロフィール

1987年12月16日、岡山県出身。
現在、ぷろだくしょんバオバブ所属。
代表的な出演作品は『侵略!イカ娘』のイカ娘、『スマイルプリキュア!』の黄瀬やよい / キュアピースなど

谷口廣次郎さんがお仕事をされている「株式会社 サンライズ」について

バンダイナムコグループ傘下の日本のアニメ制作会社。
主な代表作品は『機動戦士ガンダムシリーズ』、『シティハンターシリーズ』など

株式会社 サンライズのHP→ http://www.sunrise-inc.co.jp/

番組は、ガンダムのクイズから始まりました。

問題は、「ガンプラ」について
※「ガンダムのプラモデル」の略称。
「ガンプラ」という言葉自体、登録商標となっている。

第一問、1998年に「ガンプラ」が起こした技術革新はいったいなにか。

正解は、「接着剤を使わずに組み立てられる」ということ

しかも今の技術では、色も再現されていて、本当に組み立てるだけ。
これは、バンダイならではの技術で、日本の静岡の工場で作られているそうです。

ちなみに静岡の工場の従業員は全員地球連邦軍の軍服を模した作業着を着用していたり、
自動搬送機はザクやシャア専用ザクのデザインだったりと、
ガンダムの世界を再現しています。
工場の体験ツアーなど、詳しくはHPで。

バンダイホビーセンターのHP→http://www.bandai.co.jp/hobbycenter/index.html

第二問、現在までロングヒットを続けている「ガンプラ」
発売開始の1980年から2015年3月までの35年間の通算販売数はいくつか。

正解は、「4憶5千万個」

毎年300万個が海外へ流通しているため、
この数字はまだまだ伸びております。

最後の問題は、海外でも人気の「ガンプラ」
特に、どこでの人気が熱いのか。

正解は、「韓国」

「韓国」でガンプラが人気な理由は、バンダイがアジア戦略を行っているからとのこと。
※特に人気だったのが、三国志をモチーフにした「SDガンダム」

世界中でも愛され続ける「ガンプラ」
海外に誇れる日本の文化であり、最先端の技術です。
この技術が将来、私たちの想像を超えてさらに進化していくと考えると
とてもワクワクしますね。

番組の後半は「Made in JAPAN」なお土産について。
日本のお土産としてどんなものがおススメなのか、お伺いしました。

金元さんは『休足時間(足すっきりシート)』や『メデュキュット(着圧ソックス)』。
ドラックストアなどでも人気のフットケア商品です。
実際に金元さんもお土産としてプレゼントして喜んでもらえたこともあるそうです。

そして、堀内さんは『甘納豆』。

番組内で、堀内さんは甘納豆と納豆は同じものだと勘違いをされていましたが、
甘納豆とは豆類を砂糖漬けにした和菓子です。
※ちなみに甘納豆(あまなっとう)という名前は、
甘名納糖(あまななっとう)が呼びやすい『甘納豆』になって広がったため、
発酵食品である『納豆』とは全く別物。

和菓子も「Made in JAPAN」を代表する一つですよね。
見た目の芸術性も、味の繊細さも日本ならではのもの。

最近では特に『抹茶系のお菓子』も大人気!

その他には『印鑑』『カイロ』『便座カバー』『派手な柄の靴下』など。
日本では当たり前のものが海外では珍しいものとして喜んでもらえるそうです。

 

写真の松風さんの手には『ガンプラ』

子供から大人まで。
日本だけではなく、世界中から愛される『ガンダム』。
その魅力をあらためて感じました。

2週に渡りお送りしました、特別編「声優スペシャル~MADE IN JAPAN特集」
私たちの身近に、当たり前のようにあるものでも、
実は『日本ならでは』なものであったり、『日本だから』できることであったり。
世界に誇れる日本の素晴らしさを見つけられました。

来週のA-LABO INDEXは、株式会社ラグランジェ 市川智洋さんのインタビューの続きです。
お楽しみに!

特別編「声優スペシャル~MADE IN JAPAN特集」フルバージョン。
そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフルバージョンは、
セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。(順次UP中)
https://www.central-eng.co.jp/
https://www.central-eng.co.jp/legendengineers

それから上記のサイトでは、音楽を楽しむことができません。
音楽を楽しみたい方は、radikoのタイムフリーでどうぞ。

A-LABO INDEX | bayfm78 |
2017/04/25/火 24:30-25:00
http://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20170426003000

投稿者 : alabo|2017年4月26日

2017年4月19日

第29回 特別編「声優スペシャル~MADE IN JAPAN特集」Part1

A-LABO INDEX、今週と来週はスペシャルバージョンでお届け!
特別編「声優スペシャル~MADE IN JAPAN特集」

そして、スペシャルバージョンでは特別に、司会進行は2人体制です。
松風さんと一緒にMCを担当してくださった方は・・

堀内賢雄さんです!

松風さんと堀内さん

松風さんの心の師匠「堀内賢雄」さんのプロフィール

1957年7月30日、静岡県出身。
現在、自らが設立したケンユウオフィスの代表取締役。
代表的な出演作品は『機動戦士ガンダムΖΖ』のマシュマー・セロなど

そして今週は、こちらのお二人をゲストにお迎えしました。
「古川登志夫」さんと「山口勝平」さんです!

古川さん(左)と松風さん(中央)と山口さん(右)

「古川登志夫」さんのプロフィール

1946年7月16日、栃木県出身。
現在、青二プロダクション所属。
代表的な出演作品は『ドラゴンボール』のピッコロ、『うる星やつら』諸星あたるなど

山口勝平さんのプロフィール

1965年5月23日、福岡県出身。
現在、劇団21世紀FOX所属舞台俳優、芸能プロダクション悟空代表。
代表的な出演作品は『ワンピース』のウソップ、『名探偵コナン』の工藤新一など

そんな全員の共通ワードは、もちろん「アニメ」!
最初の話題は、「Made in JAPAN」の「アニメの凄さ」についてです。

テレビアニメの歴史はまもなく60年を迎えるということで、
それぞれの『思い出のアニメ』についてお伺いしました。

『宇宙戦艦ヤマト』、『巨人の星』、『ドカベン』など。
「見る」のに夢中になったアニメ、憧れのアニメ。
懐かしのアニメタイトルがたくさんお話に出ました。

そして話題は、「アニメ収録現場」の「進化」について。

※詳しくはWebフルバージョンでどうぞ。

最近のマイクではささやき声もしっかり収音してくれるなど、
現場では、機材の進歩を強く感じるそうです。

番組の後半では、みなさんの思う「Made in JAPAN」について。
もしも、「Made in JAPAN 大臣」なるポジションがあったとして
それにみなさんが就任した場合、どんなマニフェストを?

古川さんは、「日本のフィギュア」をPR。
ちなみに1300体ぐらいのピッコロ(ドラゴンボール)のフィギュアをお持ちだそうです。
フィギュアは日本が海外に誇る技術の一つ。 「Made in JAPAN」の凄さを形にしたものです。

そして山口さんは「大崎一番太郎」!

「ご当地キャラ」も日本ならではの文化ですよね。
ちなみに大崎一番太郎は、JR大崎駅西口前 の「大崎駅西口商店会」のゆるキャラ。
でも、なんで?と思いますよね?実は、このコの声を担当しているのが
もちろん、山口勝平さんなんです。

そして、オチ(?)
最後、堀内さんは、「勝平ロボ」!
勝平さんのロボット!?
日本のロボット技術ならいつか実現できてしまうかもしれませんね。

 

大盛り上がりのスタジオ
世界に自慢できる日本の魅力をあらためて感じました。

来週のA-LABO INDEXも、ひきつづき、スペシャルバージョン。
次回のテーマは、ストレートにいうと日本が世界に誇る人気アニメ『ガンダムシリーズ』
ゲストに、松風さんも出演していたアニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」で、
アトラを演じた「金元寿子」さん。そして、サンライズ 企画担当の谷口廣次郎さんをお迎えします。もちろん、松風さんの心の師匠「堀内賢雄」さんもいらっしゃいます。

来週の放送もお楽しみに!

特別編「声優スペシャル~MADE IN JAPAN特集」フルバージョン。
そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフルバージョンは、
セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。
https://www.central-eng.co.jp/
https://www.central-eng.co.jp/legendengineers

それから上記のサイトでは、音楽を楽しむことができません。
音楽を楽しみたい方は、radikoのタイムフリーでどうぞ。

A-LABO INDEX
| bayfm78 | 2017/04/18/火 24:30-25:00
http://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20170419003000

 

投稿者 : alabo|2017年4月19日

2017年4月12日

第28回 株式会社ラグランジェ 市川智洋さん

株式会社ラグランジェ 市川智洋さん。

市川さんのプロフィール

東北大学理学部を卒業し、その後、東工大の総合理工学研究科を終了。
リクルートグループを経て、1992年より『有人宇宙システム:JAMSS』に入社。
2003年のスペースシャトル・コロンビア事故の影響で、ISSの完成が大幅に遅れることになったこと、 加えて12年の間に、宇宙実験の意義などに疑問が生じたため、
一度外から宇宙事業を見つめたいと考え、転職。
2007年、株式会社ラグランジェを設立。
2009年、日本の宇宙実験棟『きぼう』が完成し、本格的な宇宙実験がはじまった頃、
『日本宇宙フォーラム:JSF』に入り、再びJAXAが進める宇宙実験に携わる。

株式会社ラグランジェのHP→http://www.lagrange2007.com/index.html

日本宇宙フォーラム:JSFのHP→http://www.jsforum.or.jp/index.html

*市川さんが設立した「株式会社ラグランジェ」について。公募で実験が進められている宇宙ステーションでの宇宙開発。 この宇宙ステーションを一般の方にも利用できないか?というのが、ラグランジェの考え。そして、現在実践しています。

こうしたプロフィールを持つ市川さんですが、東工大時代は、白衣を着て生命科学(DNAなど)の研究をされていて、 今のお仕事とは違うジャンルを勉強されていたそうです。 またリクルートグループでは、不動産関係で経理のお仕事をしていたり。

理工学研究科時代、研究がすべてというライバルたちにはかなわないとあきらめ、紆余曲折し、宇宙の仕事と出会ったという市川さん。
その後も、何度となく自分と向き合い、新しい分野への挑戦を重ねていきました。

自分自身がコレと思えるものに出会えるまで、時間はかかるものですが、
それでもいいよ・・・といってくださっているような熱いインタビューとなりました。

市川さんのインタビュー。
そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフルバージョンは、
セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。
https://www.central-eng.co.jp/
https://www.central-eng.co.jp/legendengineers

それから上記のサイトでは、音楽を楽しむことができません。
音楽を楽しみたい方は、radikoのタイムフリーでどうぞ。

A-LABO INDEX | bayfm78 |
2017/04/11/火  24:30-25:00
http://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20170412003000

そして、このインタビューの続きは、5月2日となります。

4月18日と4月25日は「A-LABO INDEX」は、2週に渡って、
特別編「声優スペシャル~MADE IN JAPAN特集」

4月18日は世界に誇る日本のアニメーションで、数々の人気キャラクターを演じているベテラン声優。古川登志夫さん、山口勝平さん、そして、堀内賢雄さんを。

4月25日は、松風さんも参加していた「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」のヒロイン アトラ役の金本寿子さん。アニメーション製作のサンライズ 企画担当の谷口廣次朗さんをお迎えして、堀内賢雄さんとともに、お送りします。

お楽しみに!

投稿者 : alabo|2017年4月12日

2017年4月5日

第27回 ヨコスカクリエイターズ事業協同組合理事長 堂城川厚さん

今週は先週に引き続き、
ヨコスカクリエイターズ事業協同組合理事長/3DsurveyplusLLC 代表執行役員 堂城川厚さんです。

今回クローズアップしたのは、コレ!

「ドローン」です!

「ドローン」とは、
無人で遠隔操作や、自動制御によって飛行できる航空機の総称。
無人航空機と言われています。

※無人航空機は平成27年12月10日にあらたな飛行ルールが導入。
これにより、「飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって構造上、
人が乗ることができないもののうち、遠隔操作または、自動操縦により飛行させることができるもの」で、
機体本体の重量とバッテリーの重量の合計が200g以上のものということになりました。

飛行するためのプロペラは広げてみると・・



こんな感じ!

ドローンのカメラ

堂城川さんは、ドローンで、建築現場の記録撮影や、
3D地図制作などの事業を展開しているため、
ドローンのインストラクターの免許なども持っていらっしゃいます。

堂城川さんの会社、ドローンクリエーションヨコスカは、
三浦半島がドローン技術の発展拠点となることを目的に設立され、
安全で楽しいドローンの運用と、技術の発展を目指しています。

またドローンの技術を次世代に繋ぎたいと考えている堂城川さんは
5月からスクール「DRONE★VILLAGE」を開校予定。

ドローンクリエーションヨコスカのHP→http://www.dronecreationyokosuka.com/index.html

DRONE★VILLAGEのHP
http://dronevillage.co.jp/

写真は、スタジオでの堂城川さんとドローン。
誰もが安全に使い、様々な分野で活躍するドローンの未来が楽しみですね。

若き、エンジニアへ、堂城川さんからのアドバイス。
“できない理由を作るよりも、できる理由を考えたほうがいい”

堂城川さんのインタビュー。
そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフルバージョンは、
セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。
https://www.central-eng.co.jp/
https://www.central-eng.co.jp/legendengineers

それから上記のサイトでは、音楽を楽しむことができません。
音楽を楽しみたい方は、radikoのタイムフリーでどうぞ。

A-LABO INDEX | bayfm78 |
2017/04/04/火 24:30-25:00
http://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20170405003000

投稿者 : alabo|2017年4月5日