2017年6月28日

第39回 有限会社アイデック企画 岩下義之さん

写真は、岩下さんと松風さん

今週のA-LABO INDEXは、先週に引き続き、
有限会社アイデック企画 岩下義之さんをお迎えしました。

最初は、前回も話題になった「葛飾ブランド 葛飾町工場物語」に認定品として選ばれた
「特殊光学カメラ」のお話から。この開発・製造のエピソードが、「葛飾ブランド 葛飾町工場物語」のHPに 漫画仕立てで紹介されています。ぜひチェックしてみてください。

葛飾ブランド 葛飾町工場物語のHP内  「特殊光学カメラ」(認定No.2805)の漫画はこちらから! → http://www.tokyo-cci.or.jp/katsushika/machikoba/2016.html#05

分野を問わず、様々なものづくりに挑戦するアイデック企画。

最近は、こんなものを・・・。これなーんだ。

「スマートタイ」
草花を束ねることができる製品。製作のきっかけは伸びてしまったひょうたんの蔓を束ねるためだったとか。決して、草花を締め付けることはなく、成長に合わせて、ピンとはじけてとれてしまうという優れもの。植物にも優しい製品です。

岩下さんは、何かを作るとき、相手の気持ちになってものづくりをするそうとのこと。
医療機器なら患者さん、工業用品なら使う人、植物のものをつくるなら植物の身になって。
誰かの役に立つアイディア製品には、岩下さんの優しさが入っているんですね。

ちなみに、こちらも、岩下さんの開発商品。「光るハイテク耳かき」

※透明プラスチックに蛍光塗料を混入した特殊なポリマーを使用しており、ポリマーはまわりの光を吸収して発光する特性を持つ。 吸収された光は先端部分に集められ、エッジから強い光を放射。 耳の中を充分に明るく照らします。

こちら、大ヒット商品で、商売の才覚のあった岩下さんのおじい様は100万本売ったそうです!スゴイ!

番組の後半は、「水中カメラ」について。

今、力をいれて取り組んでいるのは、 水中探査機「ド・ボーン」の開発。水深1000メートルに耐圧できることを目指していて、現在は、2000メートルの耐圧試験がOKだとか。また、この技術を生かして、新しい水中カメラのたくさんの図面を描いているそうです。

日常生活に役立つアイディア商品から、 精密機器の開発まで、様々なものづくりのお話を伺うことができました。

最後は、若き、エンジニアへ、岩下さんからのアドバイス。

“私も未だに失敗しそうな場合は多い。それを乗り越えて今がある。
失敗したら、どんな解決方法を 素早く実現できるかということがものづくりで一番大事。
失敗を恐れずに、 失敗したらいち早く解決してお客さんのためになることが重要だと思います。”

岩下さんのインタビュー。
そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフルバージョンは、
セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。
https://www.central-eng.co.jp/
https://www.central-eng.co.jp/legendengineers

それから上記のサイトでは、音楽を楽しむことができません。
音楽を楽しみたい方は、radikoのタイムフリーでどうぞ。

A-LABO INDEX |
bayfm78 | 2017/06/27/火 24:30-25:00
http://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20170628003000

by vivi

投稿者 : alabo|2017年6月28日

« blogトップ »