2017年8月16日

第46回 株式会社チャレナジー 代表取締役CEO 清水敦史さん

株式会社チャレナジー 代表取締役CEO 清水敦史さん

清水さんのプロフィール

1979年、岡山県生まれ。東京大学大学院 修士課程修了後、2005年、大阪の大手電機メーカー、株式会社キーエンスに入社。工場用センサーの開発に従事。
2011年、東日本大震災が発生。それに伴い起こった原発事故の映像を見て衝撃を受け、
これがきっけかとなり、「エンジニアとして、エネルギーシフトに革命をもたらす事業を興そう」と決意。
仕事を続ける傍ら、再生可能エネルギー、発電についての研究を開始。そこで、「垂直軸型マグナス風力発電機」を開発。
2014年3月、モノづくり限定のビジネスコンテスト「第1回テックプラングランプリ」最優秀賞を受賞。
10月、株式会社チャレナジーを創業。
11月、若い起業家の輩出を後押しするプッシュアップ型コンテスト「TOKYO STARTUP GATEWAY」でファイナリストに輝く。

株式会社チャレナジーの「垂直軸型マグナス風力発電機」

これは、「マグナス式」と「垂直軸型」を組み合わせたもの。従来のプロペラを使用した風力発電機とは違い、「マグナス効果」を利用しています。
詳しい概要は、HP内の、製品情報のページで。また、実際の動画などがHPで見ることができます。
株式会社チャレナジーのHP → https://challenergy.com/
垂直軸型マグナス風力発電機の製品情報 → https://challenergy.com/products.html

日本は風の強さや向きが変わりやすく、環境的にプロペラ風車は難しいとされています。 プロペラ(羽)があることによって、台風などが来た場合、回転しすぎて、耐え切れず、事故が多くなってしまうとのこと。“風力発電で一番安全な風車を作ろう。”という思いから、清水さんは、マグナス効果の利用に目を付けたそうです。
そしてその技術は、モノづくり限定のビジネスコンテスト「第1回テックプラングランプリ」最優秀賞を受賞し、若い起業家の輩出を後押しするプッシュアップ型コンテスト「TOKYO STARTUP GATEWAY」ではファイナリストに輝きます。
誰からも認められるようなこの技術。しかし、順風満帆にはいきませんでした。
特許を取った「垂直軸型マグナス風力発電機」のアイディアは、実用化には至らなかったのです。

清水さんは、大きな壁にぶつかることになります。起業して2か月後に、なんと倒産の危機に!?

このお話の続きは、来週のA-LABO INDEXで!

 

清水さんのインタビュー。
そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフルバージョンは、
セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。
https://www.central-eng.co.jp/
https://www.central-eng.co.jp/legendengineers

それから上記のサイトでは、音楽を楽しむことができません。
音楽を楽しみたい方は、radikoのタイムフリーでどうぞ。

A-LABO INDEX | bayfm78 | 2017/08/15/火 24:30-25:00
http://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20170816003000

 

by vivi

投稿者 : alabo|2017年8月16日

« blogトップ »