2017年8月30日

第48回 株式会社ダズル 代表取締役 CEO 山田泰央さん

株式会社ダズル 代表取締役 CEO 山田泰央さん

山田さんのプロフィール

徳島県出身。中学1年生のとき、親からパソコンもらったことがきっけけで、ゲームに熱中。 その後、プログラミングで、自由にゲームを作れることを知り、ゲーム雑誌を見て、コードを模写しながら、独学でプログラミングを身につける。
※ゲームやアプリケーションを作って、雑誌に投稿したり、インターネットで知り合った仲間と遊ぶことによって、ゼロから作れることの喜びを知ったとのこと。高校時代には、すでに、この業界で生きていこうと決心し、高校卒業後、大阪のコンピューター専門学校に進学。 学生の傍ら、フリーランスのプログラマーとして、企業からシステム開発の仕事を請け負いスキルアップし、フリーランスのプログラマーとして、活動。24歳のとき、「株式会社ダズル」を立ち上げる。

株式会社ダズルは、VR(バーチャル・リアリティ)のサービスの提供、スマートフォンゲームの企画開発と運用の事業、技術支援や技術のコンサルティング事業などの会社。

株式会社ダズルのHP → https://dzl.co.jp/

番組では、VRについて。

VR(バーチャル・リアリティ)とは、仮想現実のこと。
特定の機器を身に着けると、その機器の映像や音響の効果により、現実世界のような体感をすることができます。

写真は、VRをスマホで体験している松風さん

現在、VR機器には、大きく分けて3種類のタイプがあるそうです。

『モバイルVR』スマートフォンを差し込むタイプのもの。
※松風さんが体験したゲームはこのモバイルVR
『ハイエンドVR』PCや据置型ゲーム機に接続するタイプのもの。現状クオリティは最大。
『スタンドアロンVR』VR端末一つでできるタイプのもの。まだ出回りは少ない。

ダズルは、ソフトウェアのジャンルでVR事業に取り組んでいます。
ちなみに、開発した最新のVRゲームは、「Rays」。

「Rays」は、4人で荒廃した世界の中で生き残りをかけて戦うゲーム。
4人で同時プレイが可能なので、仲間と協力をしながら遊ぶことができます。

そして、「Rays」は、実際のゲームセンター「VR SPACE SHIBUYA」と「タイトーステーション大阪日本橋店」で遊べるそうです。
ダズルのHP内「Rays」について → https://dzl.co.jp/services/rays
どんどんと広がりを見せ、世界中から注目を集めるVR。
将来的には、ゲーム事業だけではなく、様々な分野での活躍が期待されます。

山田さんのインタビュー。
そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフルバージョンは、
セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。
https://www.central-eng.co.jp/
https://www.central-eng.co.jp/legendengineers

それから上記のサイトでは、音楽を楽しむことができません。
音楽を楽しみたい方は、radikoのタイムフリーでどうぞ。

A-LABO INDEX | bayfm78 | 2017/08/29/火 24:30-25:00
http://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20170830003000

by vivi

投稿者 : alabo|2017年8月30日

« blogトップ »