2017年9月6日

第49回 株式会社ダズル 代表取締役 CEO 山田泰央さん

今週のA-LABO INDEXは、先週に引き続き、
株式会社ダズル 代表取締役 CEO 山田泰央さんをお迎えしました。

写真は、松風さんと山田さん

たくさんの人から期待を受けながら、VR事業を進めている株式会社ダズル。
今週は、ダズルの起業につながる、山田さんご自身についてのお話を詳しくお伺いしました。
山田さんのキャリアは、13歳の時にスタートします。
それは、中学一年生の時に、お母さんから譲り受けたパソコンがきっかけ。山田さんは、独学でプログラミングの技術を学び、オリジナルゲームを作ったりしていたそうです。
その後、もっと専門的な知識を学びたいと思い、大阪の専門学校へ進学。 先生からのアドバイスを受けながら、自分にあった勉強で学生生活を送ります。 当時、お世話になった先生方とは、今でも交流があるそうです。しかし、学校の授業は、既に自分の知っている内容が多かったため、専門学校を中退し、フリーランスでの活動に力を入れます。
そして、山田さんは、フリーランスを経て、株式会社ダズルを起業します。
クリエイターにとって働きやすい環境を提供している会社が少ないのではないか。また、クリエイターという職業の地位が低いのではないかと感じていた山田さん。 自分たちの理想を実現させる会社を作ったほうがいいと思い、起業を決意したそうです。
山田さんの今後の夢は、VRを初めて体験した人たちが、VRは凄く素晴らしいものだと感じてもらえるようなサイクルを作り、VRの市場が大きくなる未来を作ること。そして、いずれはスマートフォンを超えるものになるということ。
ゲームだけではない、VR事業の、今後の広がりに、注目です!

最後は、若き、エンジニアへ、山田さんからのアドバイス。
“自分には難しい、ハードルが高すぎて、リスクが高いからやめようという意思決定をすることは多いと思うが、そういうものにチャレンジしていくことによって、スキルの幅や、深さが広がっていくと思う。今の技術に満足するのではなく、もっと上を目指していってほしい。”

山田さんのインタビュー。そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフルバージョンは、 セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。
https://www.central-eng.co.jp/
https://www.central-eng.co.jp/legendengineers

それから上記のサイトでは、音楽を楽しむことができません。
音楽を楽しみたい方は、radikoのタイムフリーでどうぞ。

A-LABO INDEX | bayfm78 | 2017/09/05/火 24:30-25:00
http://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20170906003000

by vivi

投稿者 : alabo|2017年9月6日

« blogトップ »