2017年10月25日

第56回 NPO法人 全脳アーキテクチャ・イニシアティブ 代表 山川宏さん

NPO法人 全脳アーキテクチャ・イニシアティブ 代表 山川宏さん

山川さんのプロフィール

1965年2月8日、埼玉県生まれ。
高校時代に、物理学と心理学に興味を持ち、悩んだ末、物理を学ぶことを選び、東京大学 理学部 物理学科に進学。 1987年、大学卒業後、東京大学大学院 理学系研究科 物理学を専攻し、1989年に修士課程を修了する。 在学中に、東京大学の中野薫先生の授業を受けたことがきっかけで、ニューラルネットワークに興味を持ち、さらに、東京大学大学院 工学系研究科に進み電子工学を専攻し、博士課程を修了する。1992年、株式会社富士通研究所に入社。1994年には、同社から通産省リアル・ワールド・コンピューティング・プロジェクトに参加。
その一方で、脳に学んだ人工知能を目指すため、2013年12月から「全脳アーキテクチャ」という勉強会を中心とした活動を始め、現在ではFacebookグループに4300人ほどが参加する活動となっている。その勉強会に、2014年、ドワンゴの川上会長が参加。程なく、ドワンゴ人工知能研究所の設置のオファーを受け、その年の10月、株式会社ドワンゴ 人工知能研究所 所長に就任。翌年の2015年には、NPO法人、全脳アーキテクチャ・イニシアティブ 代表に就任。その他、人工知能学会 編集委員長、電気通信大学大学院 情報システム学研究科客員教授、玉川大学脳科学研究所 特別研究員、産総研人工知能研究センター客員研究員など多くの顔を持つ。

山川さんが、人工知能に興味を持ったのは、大学時代、当時流行っていたニューロコンピューティングに衝撃を受けたことがきっかけ。今回、番組では、このニューロコンピューティングについて、詳しくお話をお伺いしました。(ちなみに、インターネットのフルバージョンでは、山川さんの高校時代に行なった『友達とはいつから友達といえるのかという実験』についてなど、びっくりなエピソードが聞くことができます。気になる方はぜひチェックしてみてください!)

そして、番組の後半は「全脳アーキテクチャ」について。
もともとニューロコンピューティングを使って人工知能を作ろうと考えていた山川さん。2013年頃から日本に伝わり始めてきた、ディープニューラルネットワーク(ディープラーニング)に目をつけます。このような技術があれば、人間の脳のようなものも実現できるのではないかと、同じ考えを持つ、東京大学の松尾さんと産総研の一杉さんと、毎月会って話し合いをしていたのだとか。その後、3人だけではなく、より多くの人と話し合うために、2013年の12月に第一回目の全脳アーキテクチャの勉強会を開きました。(当時、最初の勉強会にそんなに人は集まらないだろうと思い、50人ぐらいの規模の会場を予定していましたが、募集を始めたら、100人ぐらい集まったため、100人規模の会場に変更したのだとか。)今現在では、約4600人がFacebookのグループに参加しています。

全脳アーキテクチャの勉強会について → http://www.sig-agi.org/wba

そして、この勉強会(第3回目)で、山川さんは、ドワンゴの川上会長と接点を持ちます。山川さんの人生の大きな転機となる川上会長との出会い、このお話の続きは、次回のA-LABO INDEXで!

山川さんのインタビュー。
そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフルバージョンは、セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。
https://www.central-eng.co.jp/
https://www.central-eng.co.jp/legendengineers

それから上記のサイトでは、音楽を楽しむことができません。
音楽を楽しみたい方は、radikoのタイムフリーでどうぞ。

A-LABO INDEX | bayfm78 | 2017/10/24/火 24:30-25:00
http://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20171025003000

by vivi

投稿者 : alabo|2017年10月25日

« blogトップ »