2017年11月1日

第57回 NPO法人 全脳アーキテクチャ・イニシアティブ 代表 山川宏さん

今週のA-LABO INDEXは、先週に引き続き、
NPO法人 全脳アーキテクチャ・イニシアティブ 代表 山川宏さんをお迎えしました。

写真は、松風さんと山川さん

ドワンゴ人工知能研究所の所長という肩書をもつ山川さん。「全脳アーキテクチャ」の勉強会で出会ったドワンゴの川上会長から、”本当の人工知能が見てみたい”とオファーを受け、所長になりました。

そして、山川さんたち「全脳アーキテクチャ」が目指すものは、『汎用人工知能』。

※現在のコンピュータの場合、たとえば、コンピューター囲碁ができるのは囲碁だけ。
ところが、「汎用人工知能」は、ほかのことに対しても勝手に応用してくれるのです。
つまり、本当に新しいこと(予期せぬこと)が起きても、ほかの知識を使って(応用して)処理することができる、まるで人間の脳のような人工知能が「汎用人工知能」。

そして、これにより、AIが研究の主役になり、AIがAIを連鎖的に研究できれば、
AIは、爆発的なスピードで自己進化させるというわけです。

ただ、この場合、AIの影響力が大きくなるため、どのようにこの開発を進めるのかも重要。AIの開発が原因で、富や力がどこかに集中しないよう、みんなで一緒に作れる場所、オープンプラットフォームを作ることが「全脳アーキテクチャ」の目的。
そして、AIが人間のような考えや価値観を持てるようにし、人類とAIが調和した世界を目指しているそうです。

将来、人工知能がどのような進化を遂げていくのか、今後の展開に、注目です!

最後は、若き、エンジニアへ、山川さんからのアドバイス。

“楽しい時代だと思います。やろうと思ったことができちゃう。能力を高めていけば、できることがたくさんあります。そういうものを高めたうえで、チャレンジしてほしい。もしかすると、人間が人工知能を超えていられる時代はあと数年か、数十年しかないかもしれません。今やらないでどうするんだ。ぜひ、奮起して頑張ってほしい。”

山川さんのインタビュー。そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフルバージョンは、セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。
https://www.central-eng.co.jp/
https://www.central-eng.co.jp/legendengineers

インタビューのフルバージョンでは、山川さんの尊敬する人の話や、『博士』についてのお話など、山川さんご自身のお話もたくさん聴くことができます。ぜひ、チェックしてみてください!

それから上記のサイトでは、音楽を楽しむことができません。
音楽を楽しみたい方は、radikoのタイムフリーでどうぞ。

A-LABO INDEX | bayfm78 | 2017/10/31/火 24:30-25:00
http://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20171101003000

 

そして、ハロウィン記念!ロボホンのクロネコのコスプレ!
ポイントは、キュートな耳と尻尾です。こころなしか、ロボホンも楽しそうです。
トリック OR トリート!

by vivi

投稿者 : alabo|2017年11月1日

« blogトップ »