2017年12月27日

第65回 株式会社小川製作所 営業・技術担当取締役 小川真由さん

今週のA-LABO INDEXは、先週に引き続き、
株式会社小川製作所 営業・技術担当取締役 小川真由さんをお迎えしました。

写真は、松風さんと小川さん

修業をしていた町工場の業務を、半分のれん分けという形で、引き継ぎ、家業へ戻った小川さん。
元々家業としてやってきた板金加工と、新しくずっと向き合ってきた精密機械加工の二系統の技術を武器に、一からスタートします。(ちなみに、この二つの技術があることによって、図面さえあれば基本的になんでも形にできるそうです。)
さらに、小川さんは、この技術に加え、三次元CADの技術も使うことができるのだとか。(以前働いていた富士重工業での設計や、修業をしていた会社で、三次元CADで図面を三次元モデルに起こす業務の経験から)

写真の小川さんが手に持っているものは、小川さんの顔を三次元スキャナーで読み込んで形にしたもの。ちなみに三次元スキャナーは持ち運びが可能なため、取り外せない部品なども、その現場に行ってスキャンすることができるそうです。
番組の後半は、小川さんが、大事にしていることについて。一つは、技術職に就いている限り、最先端のものづくりに常にチャレンジしていかなくてはいけないということ。そして、もう一つは、失われつつあるものや、継承していかなくてはいけない技術を進化させていきながら継承していくということ(時代のニーズに適応していくということ)。小川さんのものづくりに対する熱い想いを感じます。

最後は、若き、エンジニアへ、小川さんからのアドバイス。
“若い方にはぜひ実際の現場ではどうなのかを見て経験してもらい、それを自分の設計にフィードバックしてほしい。エンジニアリングとは理想的なものと現実的なものの折り合いをつけること。理想は机上でいくらでも生み出すことができるが、現実は現場にしかない。そういった真のエンジニアリングを生み出すため、足しげく現場に顔を出し、実際に作る人と話をして、いいアウトプットを出せるような形にして頂ければなと思っています。”

小川さんのインタビュー。そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフルバージョンは、セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。
https://www.central-eng.co.jp/
https://www.central-eng.co.jp/legendengineers

インタビューのフルバージョンでは、小川さんが、今までを振り返って正直ピンチだったことや、今後の夢や展望など、もっと深いお話を聴くことができます。ぜひチェックしてみてください!

それから上記のサイトでは、音楽を楽しむことができません。
音楽を楽しみたい方は、radikoのタイムフリーでどうぞ。

A-LABO INDEX | bayfm78 | 2017/12/26/火 24:30-25:00
http://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20171227003000

by vivi

投稿者 : alabo|2017年12月27日

« blogトップ »