2018年1月24日

第69回 株式会社扶桑 富田暁さん 富田成昭さん

今週のA-LABO INDEXは、先週に引き続き、株式会社扶桑 富田暁さんと富田成昭さんをお迎えしました。

写真は、富田暁さん(左)と松風さん(中央)と富田成昭さん(右)

 

松風さんが手に持っているものは、番組の中でも紹介したNDシールを貼った靴とスマホのケース。NDシールとは、なんでも貼れる(ND)という名前の通り、いろいろな場所や物に貼ることができ、『貼りやすくて、取れなくて、飽きたらはがせるもの』というお客様からの難しい要望に応えたシールです。(様々な素材の布にも貼ることが可能)シール自体の素材が薄いため、もとの生地にもなじみやすく、自然な見た目であり、しっかりと貼ることができるのに、市販のシール落としで簡単にはがすこともできるとのこと。

NDシールについて → http://kkfusou.co.jp/ndseal.html

 

そして、もう一つの最新シール、リアルタトゥーシールについて。このシールも、お客様の要望に応えて生まれたシール。伸縮性があり、肌になじみやすく、まるで本物のような質感であることがポイント。シールなら、すぐにはがすことができるため、誰でも気軽に楽しむことができますよね。また、このシールの最大の特徴は、安心安全で、肌に優しいということ。ボディシールは、肌に貼るものですが、雑貨品の扱いであるため、特に規制はないとのこと。しかし、肌の弱い人、子供が使ったり、肌の敏感な部分に貼ったりもするため、安全なものを提供することを一番大切にしているそうです。

リアルタトゥーシールについて → http://kkfusou.co.jp/tattooseal.html

 

これらの特殊印刷シールの技術が、「葛飾町工場物語」認定製品として認定されたことをきっかけに、社会貢献活動にも取り組み、地位貢献につながる地域の催しには積極的に参加されているそうです。お子さん向けにNDシールと無地のバックを使ったデコレーション体験のようなワークショップの開催をしたり、葛飾区が行っている『おでかけあんしん事業』では、NDシールが採用されているとのこと。

葛飾区HPのおでかけあんしん事業について → http://www.city.katsushika.lg.jp/kurashi/1000052/1002144/1016400.html

 

おしゃれで楽しいだけではなく、教育や医療現場など、様々な場所で活躍することができるシール。今後の広がりに注目です!

 

最後は、若き、エンジニアへ、富田暁さんからのアドバイス。
“何事に対しても、興味を持って、こうしたらどうか、ああしたらどうかというような、無駄だと思うようなことでもトライしてみる。これが一番大事だと思います。”

富田暁さんと富田成昭さんのインタビュー。そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフルバージョンは、セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。
https://www.central-eng.co.jp/
https://www.central-eng.co.jp/legendengineers

それから上記のサイトでは、音楽を楽しむことができません。
音楽を楽しみたい方は、radikoのタイムフリーでどうぞ。

A-LABO INDEX | bayfm78 | 2018/01/23/火 24:30-25:00
http://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20180124003000

 

by vivi

投稿者 : alabo|2018年1月24日

« blogトップ »