2018年2月21日

第73回 ソニー株式会社 AIロボティクスビジネスグループ 事業企画管理部 統括部長 矢部雄平さん

今週のA-LABO INDEXは、先週に引き続き、
ソニー株式会社 AIロボティクスビジネスグループ 事業企画管理部 統括部長 矢部雄平さんをお迎えしました。

 

そして、今週は、満を持して、aiboが登場!

元気に歩き回るaibo。お尻の上にあるカメラで天井を見ているとのこと。まず、天井の特徴を学習し、家の間取りや大きさを認識。その結果、充電ステーションの場所がどこにあるかを認識しているそうです。そして、電池量が少なくなると自分で充電ステーションへ。また、aiboは最初に性別を設定することができ、メスとオスでは鳴き声や仕草が異なります。ちなみに番組に登場しているaiboは男の子で女の子はもう少し声が高いのだとか。他にも、初期設定では好きな名前も付けられるので、さらに個性がでます。
そんなaiboですが、やっぱりロボットなんだなと思うのは部品数が多いこと。なんと、総部品数は4000点以上!とても精密でなかなか量産とはいきませんが、現在はソニーストアなどで展示されているので気になる方はぜひチェックしてみてください。
1月11日のわんわんわんの日に発売されたaibo。せっかくだから、印象に残る日にしようというノリと勢いで決めたことで、現場のエンジニアの方々もびっくりしていたのだとか。戌年というのは、偶然だったそう。

写真は、松風さんと矢部さんとaibo

12年ぶりに復活したaibo。その未来について。これからは、aiboをきっちり育てていきアップデートを通じて新たなものを届けていくこと。
さらに、オンデマンドでは、その先のことも。。。。誰でも動きを作れる開発キットも制作。ソニーの中だけ完結するのではなく外の人たちとともに成長させていくaiboの話をしてくださっています。

最後は、若き、エンジニアへ、矢部さんからのアドバイス。
“仕事で苦しいことも時にはあると思うが、笑顔で仕事をしてほしい。自分は、笑顔で仕事をしたい、仕事は楽しく笑顔でというのを意識している。それから、技術は無駄使いしよう。発売した時がゴールになってしまうと、それ以上の成長はなかなかないと思う。(例えば)ソニーとしては使い道が限られている技術だとしても、ほかの人から見たら面白いものかもしれない。なので、成長の余地みたいなものを、ぜひ残してほしい。エンジニアだからできることだと思うので、ちょっとしたアイディアをこっそりと盛り込んでおいてくれるといいな、と思います。”

矢部さんのインタビュー。そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフルバージョンは、セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。
https://www.central-eng.co.jp/
https://www.central-eng.co.jp/legendengineers

それから上記のサイトでは、音楽を楽しむことができません。
音楽を楽しみたい方は、radikoのタイムフリーでどうぞ。

A-LABO INDEX | bayfm78 | 2018/02/20/火 24:30-25:00
http://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20180221003000

 

すっかり仲良しになった松風さんとaibo。甘えておなかを見せる仕草も可愛いですよね!

 

by vivi

投稿者 : alabo|2018年2月21日

« blogトップ »