2018年2月28日

第74回 株式会社hapi-robo st 代表取締役社長 富田直美さん

株式会社hapi-robo st 代表取締役社長 富田直美さん

 

富田さんのプロフィール

1948年、静岡県生まれ。幼少期に育った東京都世田谷区の自宅の近くに読売新聞の飛行場があり、取材の為の最新の飛行機や黎明期のラジコンを操る大人を見たりするうちに、憧れを抱くようになった。 大学時代には、ラジコンの自動車、飛行機を本格的に始め、模型店の店主と、ラジコンカーのメーカーを起業。同時にラジコンカーの世界でトップレーサーとしても有名になる。(これが、メカトロニクスやロボット等の基礎となったそうです。)
東京国際大学に進学。商学部貿易コースを専攻し、貿易英語、貿易実務等の資格を取得する。
卒業後の1972年 株式会社田村電機製作所(現サクサホールディングス)に入社、計数機事業部海外営業を担当する。
1980年、ODS(オーディーエス)に転職。ニューメディアを調査研究するうちに、「これからはソフトウェアが社会を変える」と言う調査結果に影響を受け、1988年、パソコンソフトウェア BIG3の一つ、アシュトンテートの社長候補として転職。最初のIT企業の日本法人の社長となる。その後も、ピクチャーテルジャパン、エンゲージジャパン、レボテックパートナー、パラレルス株式会社ほか、多くのIT企業で社長を歴任。
そして、2016年12月に、ハウステンボス株式会社 取締役 CTO、2017年1月には、株式会社エイチ・アイ・エス取締役 CIO、同時に、株式会社hapi-robo st 代表取締役社長に就任し、兼務。現在は、ハウステンボスCTOと、ハピロボの代表取締役として、ハウステンボスとHISグループのロボットと先端技術事業を統括している。

世界初のロボットホテル「変なホテル」のロボットプロデュースで有名なhapi-robo st、ハピロボ。ロボットを導入することの最大のメリットは、少ない人数での運営を実現し、お客様からの満足を得られること。ちなみに、ハウステンボス内には、30名での運営から、2年後には、6名での運営になったところもあるとのこと。また「変なホテル」という変わった名前は、興味を示す人が多く、集客効果があったそうです。
※長崎の「変なホテル ハウステンボス」内にある、無人でお酒を提供する「変なバー」では、女性アバターのロボットがバーテンダーをしています。後ろに1人の人間がいて、その1人の人間の動きをもとに、ロボットを動かします。そして、それは5人分の役割を果たすことができるというもの。つまり、1人の力を5倍に増やすということ。
(インタビューのフルバージョンでは、開発で苦労したことなどのお話も聞くことができます。ぜひチェックしてみてください!)

富田さんがハウステンボスの経営顧問となったのは、エイチ・アイ・エスの会長でもある澤田秀雄さんとの繋がりから。富田さんのドローンの空撮に澤田さんが興味を持ったことがはじまりでした。そして、ドローンの空撮は、ハウステンボスのCM起用され、(花火を中から撮影) その後、ビジネスマンとしても手伝いを頼まれ、経営顧問をすることになりました。

ハピロボは、ロボットそのものを作る会社ではなく、開発のサポート、プロデュースをする会社。実際の現場のエンジニアの方たちとも、たくさん衝突することもありますが、そこから良い関係を築き上げ、より良い商品を作っていき、どちらかの意見を通すのではなく、両方の意見を足したアイディアを生み出すことを目指しているとのこと。
お客さんからの声を反映させ、これからも、進化を続けていく「変なホテル」。
このお話の続きは、来週のA-LABO INDEXで!

富田さんのインタビュー。
そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフルバージョンは、セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。
https://www.central-eng.co.jp/
https://www.central-eng.co.jp/legendengineers

それから上記のサイトでは、音楽を楽しむことができません。
音楽を楽しみたい方は、radikoのタイムフリーでどうぞ。

A-LABO INDEX | bayfm78 | 2018/02/27/火 24:30-25:00
http://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20180228003000

by vivi

投稿者 : alabo|2018年2月28日

« blogトップ »