2018年4月25日

第82回 「リーマン・サット・プロジェクト」 嶋村圭史さん 加藤学さん

写真は、松風さん(左)と加藤さん(中央)と嶋村さん(右)

 

技術部長/開発プロダクトマネージャー
嶋村圭史さんのプロフィール

1979年、岡山県出身。倉敷芸術大学 産業科学技術学部ソフトウェア学科卒業後、同大学院 産業科学技術研究科 計算機科学を専攻し、卒業。新卒で、ソフトウェア開発の企業に入社するが、1年ほどで転職。その後、楽器販売店にて10年、管楽器販売に携わるという異色の経歴を経て、現在は、電車の車内、ドアの上についている車内表示機のソフトウェア開発を行っている。

転職を機に、時間ができたことから、「今まで、できなかったことをしよう」と思い立ち、未開の地・宇宙に、いつか行けるようなことがしたいと、プロジェクトに参加。プロジェクト内では、高校で取得した電気工事士の免許、大学で学んだインターネットの基礎技術、そして、楽器販売など、業種に関わらず行ってきた調整能力を発揮し、技術面の統括責任者として活躍している。

 

プロジェクトマネジメント/システム設計
加藤学さんのプロフィール

1972年、静岡県生まれ。1997年、京都大学大学院 工学研究科精密工学専攻修士課程修了。学生時代は、機械学習の手法を使ってロボットに行動を学習させる研究をしていた。そして、卒業後は、株式会社日立製作所に入社。高速道路の自動料金収受システムにおける電波伝搬特性の解析や、カーナビゲーションでの渋滞予測機能などの研究開発業務に従事した後、現在は、都市や駅、ビルにおける人の流れを予測・シミュレーションすることによって、列車やエレベーターの運行をコントロールする研究開発の業務に携わっている。

2011年、東日本大震災が起こったことで、仕事とは別に、「エンジニアとして何か社会に貢献できることはないか」と考えるようになり、各分野の専門家が、職業上持っている知識・スキルや経験を活かして社会貢献するプロボノと呼ばれるボランティア活動に参加。
そこで知り合った方を通して、リーマン・サット・プロジェクトの存在を知り、子供の頃、天文学者になりたいと思っていた想いを託すべく、昨年秋から参加する。

 

リーマン・サット・プロジェクトは、「誰にでもできる宇宙開発を実現するプロジェクト」がコンセプトの団体。現在、サポートを含めて参加人数は230人ほどで、宇宙開発に関わったことがない方が、たくさん参加されています。様々な業種の人が集まり、それぞれの技術を持ち寄ることで、いろいろな方面から宇宙開発を進めていくことができるそうです。
専門知識がなくても、宇宙に興味あるという気持ちとやる気があれば、誰でも参加ができます。(月1回行われているミーティングについてなど、HPには、活動内容や、場所、プロジェクトへの参加方法などが記載されています。興味ある方はぜひチェックしてみてください。)

リーマン・サット・プロジェクトのHP → http://www.rymansat.com/

リーマン・サット・プロジェクトの名前の意味は、「サラリーマン+サテライト(衛星)」。この名前の通り、活動は衛星を作ることからスタートしています。開発は、たくさんいるメンバーをそれぞれの得意な分野に分けて行っているとのこと。そして、2018年には、開発した超小型人工衛星「RSP-00」の打ち上げを予定しているそうです。

そして、この超小型人工衛星「RSP-00」には、宇宙に願い事を届ける「宇宙ポスト」というミッションがあります。これは、全国で募集した「願いごと」の手紙を、写真として記録した衛星が、大気圏に突入する際に、流れ星になる、というもの。夢のあるロマンティックなお話です。

宇宙ポストのHP → http://rymansat.com/post/

 

番組の後半は、資金について。
「RSP-00」の原価はなんと200万円。ちなみにこの中に人件費は入っていないのだとか。
そして、衛星を打ち上げるのにかかる資金は、総額500万円。そのうち、280万円はクラウドファンディングで資金を募り、残りはメンバーで集めたとのこと。

本当に好きだからこそ、時間もお金もかけて、全力で取り組むリーマン・サット・プロジェクト。「趣味に命かけてる」という嶋村さんのお言葉には、情熱を感じました。

 

嶋村さんと加藤さんのインタビュー。
そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフルバージョンは、セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。
https://www.central-eng.co.jp/
https://www.central-eng.co.jp/legendengineers

 

 

by vivi

投稿者 : alabo|2018年4月25日

« blogトップ »