2018年5月30日

第87回 たつみ工業株式会社 代表取締役 岩根弘幸さん

今週のA-LABO INDEXは、先週に引き続き、
たつみ工業株式会社 代表取締役 岩根弘幸さんをお迎えしました。

断熱パネルの性能を高める技術を探し、直接NASAへアプローチをした岩根さん。
何度も断られながらも、ついに、”ケネディスペースセンターに来てくれるんだったら会ってもいいよ”という回答を受けます。こうして、岩根さんは、日本を飛び出し、NASAの技術者と会うことに!今週は、このお話の続きから。

実際に岩根さんたちが、NASAの技術者の方々と待ち合わせたのは、ケネディースペースセンターの近くのホテル。そこには、お二人いらっしゃったそうなのですが、そのうちの一人は、なんと、殿堂入り技術者だったのだとか!(当時はそのことは知らず、後々分かったそうです。)  NASANの方々は、岩根さんたちが、自分たちの技術を売り込みに来たのではなく、逆に、技術を求めて会いに来たのだと知ると、「おまえら、面白いな!一緒にやろう!」と言ってくださったそうです。(今まで、そんな風にコンタクトをとってきた人たちはいなかったため、面白いと思ってくださったのだとか。ちなみに、一緒にやろう!というのは、その場にいらした殿堂入り技術者の方が持っている特許の中から、たつみ工業に合った技術を使って一緒にやろう、という意味とのこと。)
このお話は、最終的には、NASAとは別のところで、問題が起こり、方向性がずれていっていまったため、手を引くことになったとのこと。その後、NASAから連絡を頂いたそうなのですが、そのお話の内容は、今の会社の状況では、ハードルが高かったため、お断りしたのだとか。NASAに直接アプローチする情熱を持ちながらも、会社の状況を冷静に判断する岩根さんの采配に、レジェンドたる所以を感じました。
NASAの技術者の方から言われた「おまえら、面白いな、一緒にやろう!」と!いう言葉は、岩根さんにとって嬉しい言葉だったそうですが、他にも仕事仲間から言われて嬉しかった言葉もあったとのこと。このお話は、インタビューのフルバージョンで、聴くことができます。ぜひチェックしてみてください!

最後は、若き、エンジニアへ、岩根さんからのアドバイス。

“我々のような町工場でも、やる気と努力さえあれば、NASAの人にも会ったりできます。諦めずに、妥協せず、自分の夢に向かって邁進してください。若い時は、なんでもできますし、なんにでもなれると思います。失敗も全然OKだと思いますので、それこそ諦めてしまったらもう終わりです。最後です。ぜひ頑張って頂きたいと思います。”

岩根のインタビュー。そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフルバージョンは、セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。
https://www.central-eng.co.jp/
https://www.central-eng.co.jp/legendengineers

それから上記のサイトでは、音楽を楽しむことができません。
音楽を楽しみたい方は、radikoのタイムフリーでどうぞ。

A-LABO INDEX | bayfm78 | 2018/05/29/火 24:30-25:00
http://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20180530003000

by vivi

投稿者 : alabo|2018年5月30日

« blogトップ »