2018年7月11日

第93回 glafit株式会社 代表取締役 CEO 鳴海禎造さん

今週のA-LABO INDEXは、先週に引き続き、
glafit株式会社 代表取締役 CEO 鳴海禎造さんをお迎えしました

写真は、松風さんと鳴海さんとglafitバイク

今週は、鳴海さんご自身をクローズアップして、お話をお伺いしました。

和歌山県出身で、昔からバイクや車が大好きだった鳴海さん。15才の時から、お小遣いを手に入れるために、商売を始めます。その後、大学時代に、パソコンを売ったりなど、さらに商売の経験を経て、2003年には、個人事業主として、自動車販売、修理ショップ「RMガレージ」を創業します。しかし、リーマンショックの影響で、かなり苦労をされたのだか。そこで、鳴海さんは、発想の転換をし、このピンチを乗り切ります。輸出がだめなら、輸入で勝負!このお話は、インタビューのフルバージョンで、聞くことができます。ぜひチェックしてみてください!

行動力のある鳴海さんですが、その考え方は、大久保英夫さんの本との出会いが影響しているとのこと。出会いのきっかけは、行き詰っていた時に、知り合いに勧められたことから。

”本当に大切なのは、やり方じゃなく、在り方である。”
時代が変わっても、変わらない軸が大事であることや、そのために100年ビジョンを持つべきであることなど、こうした大久保さん考え方に感銘を受けたことが、今の鳴海さんの考え方に影響を与えているそうです。

どんなに大きな会社にだって、最初があるということ。今の日本を作った人たちの言葉や、考え方を大切にしたいという鳴海さんの強い想いを感じました。

最後は、若き、エンジニアへ、鳴海さんからのアドバイス。

“人と機械と物の気持ちがわかるエンジニアになってほしい。人の気持ちがわかるということは使い手の気持ちを忘れないということ。常に自分もユーザーで在ってほしい。機械と物の気持ちが分かるというのは、機械を擬人化して捉えられ、機械とか物の気持ちになって察知できるということ。その感覚を持ち合わせているエンジニアが必要だと思っています。(最終的にエンジニアが生み出すものが、人のためになるものである以上)最後に人は感情で判断するもの。もちろん合理的なものも求められますが、最後は感情なんです。”

鳴海さんのインタビュー。そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフルバージョンは、セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。
https://www.central-eng.co.jp/
https://www.central-eng.co.jp/legendengineers

それから上記のサイトでは、音楽を楽しむことができません。
音楽を楽しみたい方は、radikoのタイムフリーでどうぞ。

A-LABO INDEX | bayfm78 | 2018/07/10/火 24:30-25:00 http://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20180711003000

by vivi

投稿者 : alabo|2018年7月11日

« blogトップ »