2018年7月25日

第95回 槙野産業株式会社 代表取締役 槙野利光さん

今週のA-LABO INDEXは、先週に引き続き、
槙野産業株式会社 代表取締役 槙野利光さんをお迎えしました。

写真は、松風さんと槙野さん

 

食品から先端技術に関わるものまで、あらゆるものの粉砕・破砕などをする機器を製造されている槙野産業株式会社。ある日、奈良の有名なお寺からのオファーを受けます。今週はこのお話の続きから。

槙野さんたちが受けたオファーの内容は、ご遺族の気持ちや、ご遺骨を大切にできる様な粉骨機を作ってほしいというもの。近年、人々の気持ちの寺離れ、墓離れが進む時代になってしまい、お寺は、新しい在り方や、埋葬について考えることになります。そこで、ご遺骨を綺麗な粉にし、新しい埋葬の形を作りたいという思いから、このような粉骨機を作って欲しいというオファーに繋がったそうです。

また、粉骨機を作るにあたって、具体的な条件は、テーブルの上に置けるサイズであることや、飛散しないこと(細かい粉が舞ってしまうと魂が飛んでしまうイメージになってしまうのから)、音が静かであること、そして、仏教行事にある程度近いということ。

この条件を満たし、完成したものがこちら。

御遺骨粉砕機 るんびーな

このるんびーなは、東京の葛飾ブランド 葛飾町工場物語 2011年 平成23年度の認定品にもなっています。槙野産業のHPでは、ご遺骨粉砕機について、詳しく紹介されています。ぜひチェックしてみてください。

槙野産業株式会社のHP内のご遺骨粉砕機について
→ http://www.mkn.co.jp/mkn/machin/milb.html

 

様々なオファーを受けてきた槙野さんですが、中でも、一番大変だったことは、できるだけ細かくという依頼をされた時。どれだけの大きさにしたいのか具体的にわからなかったり、0.1マイクロという煙草の煙と同じくらいの大きさにしてほしいという驚きの依頼には、困らされたこともあったのだとか。

そして、番組後半は、槙野さんがモノづくりで大切にしていること、そして、今後の夢や展望についてのお話。

槙野さんがモノづくりで大切にしていることは、あくまで自分たちは、”機械”を売っているのではなく、”機能”を売っているのだ、ということ。つまり、粉砕できるという行為を売っているのであって、機械というハードを売っているわけではないということ。このことを考え違いしないように、会社の社員にもよくお話されているそうです。

そして、ラストは、槙野さんの今後の夢、展望について。槙野さんが考える会社とは、従業員、家族、お客様、仕入先など、関係するすべての方が幸せになる場所であるということ。経営者と従業員が、自分らしい仕事をして、高いところを狙って強くなろうとする小さな力を集めて、ちょっと便利でユニークな会社、下町のコンビニエンスのような会社になっていければいいな、と思っているそうです。

 

最後は、若き、エンジニアへ、槙野さんからのアドバイス。

“好奇心をもって、面白がっていろんなことにチャレンジする。ちょっとできるようになると、それ知っているとか、やったことがある、と言って、スキルを止めてしまい、できる人ができない人になってしまうから、それをしないように、好奇心をたくさん持っていただければと思います。”

槙野さんのインタビュー。そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフルバージョンは、セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。
https://www.central-eng.co.jp/
https://www.central-eng.co.jp/legendengineers

それから上記のサイトでは、音楽を楽しむことができません。
音楽を楽しみたい方は、radikoのタイムフリーでどうぞ。

A-LABO INDEX | bayfm78 | 2018/07/24/火 24:30-25:00
http://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20180725003000

by vivi

投稿者 : alabo|2018年7月25日

« blogトップ »