2018年10月3日

第105回 運楽家 運動会協会 理事 犬飼博士さん

今週のA-LABO INDEXは、先週に引き続き、
運楽家 運動会協会 理事 犬飼博士さんをお迎えしました。

写真は、松風さんと犬飼さん

今週は、「運動会協会」が行っている「未来の運動会」について、詳しくお伺いしました。

「未来の運動会」とは。

これまで、東京、山口、京都、大阪など、6都市で、10回を超えて開催されており、各回、200人ほどが参加しています。3日間にわたって開催されるイベントで、最初の2日間は、3日目に何をするかを決めるのだそうです。
未来の運動会について、HPの動画で詳しく紹介されています。ぜひチェックしてみてください。

運動会協会のHP → http://undokai.or.jp/

「未来の運動会」から初めて生まれたゲーム

今回は、数あるゲームの中から、「快便ゲームで運気アップ」というゲームについてご紹介していただきました。
未来の運動会には、200インチくらいの大きなスクリーンがステージ上にあります。このゲームでは、まず、そのスクリーンの前に、4つ椅子を並べます。この椅子には、座った人の重心を感知する機能をもった特殊な座布団が置いてあります。(この座布団は、参加者のエンジニアの方が作ったものなのだとか。)

ゲームのルールは、スクリーンに映るマトに、センサーで表示されるポイントを一定時間合わせるというもの。
ちなみに、そのセンサーで表示されるポイントは、座布団に座った人の重心で動かすことができます。ただ、座面に座る本人は、そのスクリーンを背にしているため、直接見ることができないので、他の参加者の声援をヒントに、右へ左へ重心を傾けながら、操作を行うとのこと。つまり、スイカ割りのようなイメージ。大人数で声を出しながら行うので、参加者が一体となって遊べるのがこのゲームの魅力の一つです。

楽しいと思ったことを理屈で整理しない、身体全体で記憶する、ということが犬飼さんのポリシー。
“楽しいこと”を取りこぼさないためには、”楽しいと感じたその瞬間”を、”身体”で記憶し、その感覚を大切にするべきであると犬飼さんは考えています。

運動会協会の”楽しい遊び”は、まだまだこれから。今後の広がりに注目です!

* ちなみに、影響を受けた人・・・。18歳から19歳頃、当時インディーズ映画を作っていた「山本正志監督」。
この方は、80年代から90年代に、インディーズ映画を1本作って、その映画を公開するためだけの映画館を作ったという逸話の持ち主。
監督には「俺は、楽しかった~と死にたいんだよ。だから、犬飼、頼むから、邪魔すんな」と。
その頃、正確に20枚コピーをしていったら、違ったというのが今ならわかる。
大きい紙にコピーするとか、めちゃくちゃ縮小してコピーすれば、喜ばれたのではないか?というのは、今わかる・・・。

そして、音楽家「ヤン富田」さん。
ヤンさんは「オーディオサイエンスラボラトリーというプライベートなスタジオを作り、日々、音楽に孤独に向かっていらっしゃる」
「音楽による意識の拡大」を行いたいという方、音に対する姿勢に影響されている。

最後は、若き、エンジニアへ、犬飼さんからのアドバイス。

“エンジニアリングとは、ありとあらゆるものを使って、何かを発明しようとするような行為だと思う。何も考えずに手を動かせというような行動だと思うが、なぜ作るのだろうかということを考えてほしい。自分がいまやっていることに対して、なぜなんだろうかという問いをもってもらいたい。そして、そういう問いを誰かと一緒に対話してもらいたい。問いをもって、対話して、エンジニアリングするすべてをやって、ぐるぐるそのサイクルを回して行くと、満足する人生になると思う。まず自分がなぜやっているんだろう、なぜ作るんだろう、どうやって作るんだろうというような問いをちゃんと明確にもってもらえるとイケてる感じになるのではないかと思います。”

犬飼さんのインタビュー。そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフルバージョンは、セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。
https://www.central-eng.co.jp/
https://www.central-eng.co.jp/legendengineers

それから上記のサイトでは、音楽を楽しむことができません。
音楽を楽しみたい方は、radikoのタイムフリーでどうぞ。

A-LABO INDEX | bayfm78 | 2018/10/02/火 24:30-25:00
http://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20181003003000

by vivi

投稿者 : alabo|2018年10月3日

« blogトップ »