2018年10月17日

第107回 一般社団法人五反田バレー 黒佐英司さん 森本数馬さん

今週のA-LABO INDEXは、先週に引き続き、
一般社団法人五反田バレー 黒佐英司さんと森本数馬さんをお迎えしました。

写真は、松風さん(左)、森本さん(中央)、黒佐さん(右)

設立から3か月近く経ち、様々なメディアで取り上げられたことにより、着々と知名度を上げている五反田バレー。実際に、多くの方から声を掛けられることが増えたりと、手ごたえを感じているそうです。また、ものづくりに力を入れている品川区ともイベント等を一緒にやる機会もでき、活動の幅も広がっているとのこと。こうした活動を含め、これからもっとたくさんの会社などと、連携、協力していきたいと考えていらっしゃいます。

黒佐さんにとっての、ものづくりについて。

ものづくりとは、”事業をする上で、本質的なもの”。世の中のどういう課題をどうやって解決していくのかというビジョンや想いは、プロダクト(商品)に現れていくと黒佐さんは思っているとのこと。だからこそ、プロダクトと常に向き合っていくということが、ものづくりにおいて大事なことではないか、おっしゃっていました。。

森本さんにとっての、ものづくりについて。

ものやサービスを作ると、どうしても自分の考えを押し付けがちになってしまいますが、そうではなく、ユーザーのことをきちんと考えて、ユーザーの必要としているものをしっかりと落とし込んだ品質、機能を持ったプロダクトを作っていくことが大切であるとのこと。

五反田バレーとしての、今後の夢や展望

“スタートアップといえば、五反田”といわれるようになることを目指すべく、五反田バレーという形で集まった企業間での連携をもっと強めていきたいと黒佐さんは考えています。
また、森本さんは、この取り組みをベースに、将来的には、日本中の様々な企業と協力していけるような展開を夢見ているそうです。

最後は、若き、エンジニアへ、黒佐さんと森本さんからのアドバイス。

“五反田に集結してください!ということを伝えたいですね。まだまだこれからですけど、スタートアップといえば五反田、最新の技術が集まって新しいサービスがどんどん生まれるという町にしていきたいので、エンジニアの皆さんにはぜひ、五反田に集結していただきたい。―黒佐さん”

“。やっぱり人間って好きなものには一番必死で取り組めるし、そこが一番成長するところかと思うので、自分の興味のあることは諦めず、遠慮せずに、どんどん突き詰めて挑戦していってほしい。その中で、我々の目指すものとか、目指す形にご興味のある方がいらっしゃいましたら、一緒に実現に向けて協力できればなと思っていますので、ぜひ声を掛けてください。―森本さん”

黒佐さんと森本さんのインタビュー。そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフルバージョンは、セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。
https://www.central-eng.co.jp/
https://www.central-eng.co.jp/legendengineers

それから上記のサイトでは、音楽を楽しむことができません。
音楽を楽しみたい方は、radikoのタイムフリーでどうぞ。

A-LABO INDEX | bayfm78 | 2018/10/16/火 24:30-25:00
http://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20181017003000

by vivi

投稿者 : alabo|2018年10月17日

« blogトップ »