2018年11月28日

第113回 一般財団法人 プロジェクションマッピング協会 代表理事 石多未知行さん

今週のA-LABO INDEXは、先週に引き続き、
一般財団法人 プロジェクションマッピング協会 代表理事 石多未知行さんをお迎えしました。

写真は、松風さんと石多さん

前回は、プロジェクションマッピングについての、基本的なお話をお伺いしましたが、
今週は、さらに踏み込んだ、”現代”のプロジェクションマッピングについて。

ミュージックビデオでの演出

石多さんは、アーティストの松室政哉さんのシングル『海月』という楽曲のミュージックビデオの監修をされています。このミュージックビデオはプロジェクションを使って、曲の幻想的な世界観を作ることをテーマに、海の中を漂っているようなイメージを演出しているとのこと。
美術品と、映像を融合させることによって、よりリアルな空間を作り上げているのだとか。(例えば、本物のシャボン玉と映像の泡をうまく混ぜたりなど)いかに、リアルと映像を溶け込ませるかが、重要なポイント。細かい部分までの、こだわりが、上質なものを生み出すためには、必要であるとのことです。

→ 松室政哉さんの「海月(くらげ)」MV(short ver)https://www.youtube.com/watch?v=gFT21W22ErY

海外でも活躍されている石多さん。最近ではロシアのモスクワのイベント『光の祭典』で行われているプロジェクションマッピングの国際大会に審査員として関わったり、ルーマニアのペンタゴンに次ぐ、世界で2番目の大きさの人工建造物にプロジェクションマッピングが行われている場所を訪れたりと、日本ではありないほどの規模の大会に携わったそうです。無限大の可能性をみせるプロジェクションマッピングですが、今後の広がりとして、最初からプロジェクションマッピングでの魅せ方を考慮したデザインの建物(時間によって纏う空気が変わったり見え方が変わってくるなど)が増えていったりと、私たちの身近なところに、もっと溶け込んでくると考えられています。
ちなみに、”プロジェクションマッピング”とは、日本でのポピュラーな呼び方であり、ヨーロッパでは、”ビデオマッピング”と言われているのだとか。プロジェクションマッピングは、プロジェクターを使うからそう呼ばれていますが、ビデオマッピングは、映像全般を指す呼び方のため、もっと広い意味合いを持つとのこと。この技術、まだまだ広がりをみせる予感がしますね。

最後は、若き、エンジニアへ、石多さんからのアドバイス。

“世の中、可能性しかないないなと思っているので、なるべくルーティンワークに、はまらないで欲しい。世の中のいろんなものを疑って、新しい目線で、ものだったりを見つめてくれると、アイディアは降ってくると思う。常に挑戦するマインド持っていただけるといいんじゃないかと思います。”

石多さんのインタビュー。そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフルバージョンは、セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。
https://www.central-eng.co.jp/
https://www.central-eng.co.jp/legendengineers

それから上記のサイトでは、音楽を楽しむことができません。
音楽を楽しみたい方は、radikoのタイムフリーでどうぞ。

A-LABO INDEX | bayfm78 | 2018/11/27/火 24:30-25:00
http://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20181128003000

by vivi

投稿者 : alabo|2018年11月28日

« blogトップ »