2019年2月27日

第126回 株式会社アザイ・コミュニケーションズ代表取締役、世田谷ハツメイカー研究所 代表 久木田寛直さん

株式会社アザイ・コミュニケーションズ代表取締役
世田谷ハツメイカー研究所 代表 久木田寛直さん

 

久木田さんのプロフィール

株式会社アザイ・コミュニケーションズ代表取締役、一般社団法人STEM教育協会理事、駿台電子情報&ビジネス専門学校デジタルクリエイター科講師、世田谷ハツメイカー研究所代表ほか、多くの肩書を持つ。
小さい頃から絵を描くことが大好きで、東京造形大学美術学科に進み、絵画を専攻。大学では油絵を描いていたが、同時に「百怪ノ行列」という美大出身者10人で組んだバンドで、テイチクレコードからメジャーデビューを果たす。その後、脱退し、インディーズバンド「東京サンフィーゴ」を結成という経歴を持つ。

「自分のやっている表現を世界中の人に知ってもらえるWEBを自分で作れるなら」と、独学でプログラミングを勉強、大学卒業後は、WEBデザイナーとして社会人スタートを切る。そして、2005年、独立。WEBサイト・ホームページ製作、WEBコンサルティング、グラフィックデザインから美術制作、音楽制作までも手掛け、その後、2011年、株式会社アザイ・コミュニケーションズを設立する。

また、廃校となった旧池尻中学校の校舎を再生利用した複合施設・世田谷ものづくり学校で産学連携を軸とした、プログラマーやデザイナーの育成カリキュラムを実施。世田谷ハツメイカー研究所では、2015年から、ロボット、mBotを使った親子向けワークショップやプログラミング教室を展開している。

久木田さんは、「ものづくりを通して、デジタルやアナログの素材を使う環境を提供したい」と思い、世田谷ハツメイカー研究所を立ち上げたとのこと。そして、昨年12月には、中国・広州で開催された新時代のロボットコンテスト「MakeX世界大会」で、この研究所から、特別賞を受賞する子供たちのチームが現れている。

 

現在、久木田さんは、駿台電子情報&ビジネス専門学校デジタルクリエイター科で講師をされていたり、世田谷ハツメイカー研究所で、子供たちにプログラミングを教えていたりと、教育現場でも、多く活躍されています。

久木田さんがこの業界に入るきっかけとなったのは、駿台電子情報&ビジネス専門学校の講師の募集に申し込んだことから。当時、学校では、デッサンとWEBデザインを教えることが出来る講師を募集しており、この2つのスキルを持った人は、この世に自分しかいないだろうと久木田さんは思い、申し込んだそうです。そして、結果は、採用。それから15年経った、現在も、講師を続けてられています。その中で、久木田さんは、「教えることにより、人は変わっていく。それは、一番クリエイティブなことなのではないか」と感じ、”教育”というものに目覚めたのだとか。
そして、2020年には、小学校の教育で、プログラムが必修化されるというのもあり、小学生に教えていくということにチャレンジしてみようと考え、現在では、親子向けワークショップやプログラミング教室を開いているそうです。

 

番組内でも登場した、プログラミングを教える教材の一つとして、久木田さんが使っているロボットがこちら。

プログラミングロボット 「mbot」

正面からの写真

上から見た写真

最初は、専門学校の生徒向けの教材として、買ったそうですが、実際に使ってみて、本当に誰でも簡単に操作ができると思い、小学生の教室にも取り入れたとのこと。実際にロボットを動かすことで、より子供たちが楽しみながら、学ぶことができるため、いいプロダクトだな、と実感しているそうです。

 

そして、久木田さんの教え子の世田谷ハツメイカー研究所の子供たちは、新時代のロボットコンテストで、既に結果をだされています。その活躍については、次回の放送で。お楽しみに!

 

久木田さんのインタビュー。そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフルバージョンは、セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。
https://www.central-eng.co.jp/
https://www.central-eng.co.jp/legendengineers

 

by vivi

投稿者 : alabo|2019年2月27日

« blogトップ »