2019年3月27日

第130回 株式会社オーエックスエンジニアリング 代表取締役副社長 技術開発部長 山口高司さん

株式会社オーエックスエンジニアリング 代表取締役副社長 技術開発部長 山口高司さん

 

山口さんのプロフィール

1968年、千葉県千葉市出身。幼少期から乗り物、特に車・オートバイが大好きだった。工業高校の電子科を卒業後、自動車整備士専門学校に入学。学生時代は、機械いじり好きが高じて、オートバイを改造し、レースに出たり、仲間のメカニックをしていた。

整備士免許を取得し、卒業後すぐに、千葉市に本社を置く株式会社オーエックスエンジニアリングに入社した。前身は、自動二輪車の販売を手掛けていたオーエックスエンジニアリングで山口さんが最初に配属されたのは、レース用オートバイのエンジン開発部門。2年後、一度、退社し、通信機器販売会社に入社、工事業務に従事。その2年後、通信機器取付工事業者として独立する。
そんな折、平成8年、1996年、オーエックスエンジニアリングの創業者である先代社長から「もう一度、うちで働いて、一緒にものづくりをしよう」と言われ、再入社。現在に至る。

1989年4月から、車いす事業部を設置し、1995年には、車いす・福祉機器の会社となり、現在では、世界に知られる車いすメーカーであるオーエックスエンジニアリングは、日本リハビリテーション工学協会主催「福祉機器コンテスト’95優秀賞」、通商産業省の「グッド・デザイン(医療・健康・福祉部門)中小企業庁長官特別賞」、「第41回千葉県発明考案展・千葉県知事賞」ほか、数多くの賞を受賞。経済産業省からは、「地域未来牽引企業」に選定された。

また、競技用車いすのトップメーカーでもあり、同社が手掛けた車いすで、これまでに、パラリンピックを始めとする障がい者スポーツの大会で獲得したメダルの数は100個以上。

 

株式会社オーエックスエンジニアリングは、千葉に本社を持つ会社で、現在は、車いす開発製造を中心する会社ですが、元々は、バイクショップでした。山口さんは、学生時代、仲間内でバイクレースに参加したり、仲間のバイクのメカニックをしたりと、大のバイク好き。自動車整備士専門学校で整備士の資格を取得した後、新卒で、株式会社オーエックスエンジニアリングへ入社をされたそうです。

 

バイクショップから、車いす事業へ

車いす業務を手掛けるようになったのは、先代社長から。先代の社長は、オートバイの選手であり、ジャーナリストでもあった方でしたが、大きな事故で、車いす生活を余儀なくされたそうです。実際に車いすを使った時、もっとかっこいい車いすに乗りたい、自信をもって外へ出たいと思い、車いすの開発製造を始めたのだとか。最初は、自分のために、車いす製造を始めたそうですが、オートバイの仕事でドイツへ行ったとき、そこのジャーナリストに、その車いすはどこ製か、と聞かれ、自分で作ったものだと答えたところ、そんなにかっこいいものを一人で乗っていてはもったいない、みんな欲しがるはず!と言われたそうです。そして、この言葉をきっかけに、事業化を決めたのだとか。最初は、福祉機器について、右も左もわからなく、個人レベルの知識だったそうですが、かっこいいのを出せば売れるだろう、自分が乗ってほしいと思うものを作り、それに賛同してくれるひとに売れればいいだろうという感じで進めていったのだとか。その後、各地の販売をしている人や、こういうものを待っていたという人たちに支えられながら、今に至るそうです。

 

オーダーメイドの車いす

株式会社オーエックスエンジニアリングの車いすの色やデザインの組み合わせは自由で、自分の好きなカスタマイズができるのが特徴の一つ。キャスターや、ホイールの大きさなどを好きにチョイスすることもできるため、組み合わせの種類は、億や兆を超えるとのこと。自分の身体に一番近い存在になるからこそ、細かくこだわることが出来るのは、とても嬉しいですよね。

現在では、年間4000台という数の製造・販売に加え、競技用の車いすの世界有数のメーカーの株式会社オーエックスエンジニアリング。この話の続きは、また来週。お楽しみに!

株式会社オーエックスエンジニアリングのHP → http://www.oxgroup.co.jp/

 

山口さんのインタビュー。そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフルバージョンは、セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。
https://www.central-eng.co.jp/
https://www.central-eng.co.jp/legendengineers

 

by vivi

投稿者 : alabo|2019年3月27日

« blogトップ »