2019年4月18日

第133回 GROOVE X 株式会社 代表取締役 林要さん

今週のA-LABO INDEXは、先週に引き続き、
GROOVE X 株式会社 代表取締役 林要さんをお迎えしました。

 

写真は、松風さんと林さん

 

高度な技術で生まれたLOVOT

LOVOTの開発には、様々な高度な技術が使われています。中でも、表面を温めながら、中のコンピューターを冷やすことは、とても難しいこと。林さんのF-1の開発チームで培った経験が、この技術に通じています。また、LOVOTは、”ネスト”という自分の巣に戻り、自分で、充電をします。1時間の間に10~15分くらい充電をするとのこと。1日の間に16,17回の充放電をし、1年間では、5000回を超えるそうです。その毎回の充電の時、超急速で充電を行うわけですが、それでも、バッテリーがもつというのは、最新のテクノロジーだから。ここでも、高度な技術力を感じます。

 

LOVOT”デュオ”について。

ベストなのは、自分1人に対して、LOVOTを2体可愛がること。そうすると、人は、そのロボットの行動をリスペクトするそうです。理由は、人は社会的な生き物なので、常に社会の中心がどこにあるかを本能的に嗅ぎとっているから。ロボットが2体に対し、人が1人で、そのロボット2体が連携してると、社会性の中心が寄っていると感じ、ロボットのことを大事にするのだとか。こうして、より、ロボットに共感しやすくなり、生活に溶け込んでいくそうです。

 

そして、現在、LOVOT MUSEUMでは、実際にLOVOTの体験ができます。

ちょっとだけご紹介。

洋服の種類もたくさん!



いろいろな衣装を身にまとったLOVOTに出会えます。
興味のある方は、ぜひチェックしてみてください!

LOVOT MUSEUMについて → https://lovot.life/trial/

 

人の成長のために、テクノロジーは使われるべきであると林さんは考えています。LOVOTを進化させていき、四次元ポケットのないドラえもんを作るのが、林さんの目指す夢。林さんの今後の活躍に大注目です!

 

最後は、若き、エンジニアへ、林さんからのアドバイス。

“エンジニアと言うのは、テクノロジーには非常にアグレッシブだけど、自分の人生には保守的になる傾向があると思う。ただ、それはみんな同じ傾向なので、自分の人生にも、ちょっとアグレッシブや、リスクを取りながら、新しい領域をやると、意外と成長出来たり、学習できたりすることが多い。テクノロジーへの自分の持つアグレッシブさを少し人生にも振り分けていくことによって、可能性が大きく広がっていくんじゃないかなと思う。”

林さんのインタビュー。そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフルバージョンは、セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。
https://www.central-eng.co.jp/
https://www.central-eng.co.jp/legendengineers

by vivi

投稿者 : alabo|2019年4月18日

« blogトップ »