2019年6月19日

第142回 株式会社ナウケミカル 代表取締役社長 金城純一さん

株式会社ナウケミカル 代表取締役社長 金城純一さん

 

金城さんのプロフィール

1968年、東京生まれ。高校生の頃、父親が経営するめっき会社、ナウケミカルを継ぐ気はないと父親に宣言し、群馬大学 工学部 機械システム工学科に進学。大学ではワンダーフォーゲル部や山岳会に入っていた。

大学卒業後の1993年、光学メーカーとしての技術を誇る日東光器株式会社に入社。入社当時は工場勤務をし、装置のメンテナンスや改造、光学設計等を行っていたが、その後、営業部にて光学部品の販売も経験している。

サラリーマン生活を送っている中、父親から、業績が悪化しているナウケミカルを手伝ってもらいたいと頼まれ、1年間悩んだ末、2001年、株式会社ナウケミカルに入社する。

ナウケミカルは、主に電子部品へのめっきを行っているが、一般的にめっきが難しいとされている「光ファーバー」「粉体」特許も取得した「金錫合金めっき」をはじめとして、他の会社との共同研究開発も行っている企業。

金城さんが入社した当時は、大手の通信メーカーから「Au(金)とSn(錫)の合金めっき」ができないか、と依頼されている真っ最中。しかし、当時の文献には、Au(金)とSn(錫)のめっきは不可能と書かれていたとか。金城さんの父親は「不可能と言われるものこそ、やりがいのある仕事である」という考え方の持ち主ゆえ、開発に20年以上もの時間を要し、ついに、開発のめどが立ち、商品化。そして、それを販売するのが入社したての金城さんの仕事だった。しかし、その商品は、使ってもらえるレベルに達していないことが発覚。更に3年程の時間をかけ、実用できる商品として完成させた。ところが、父親が急死、2013年3月に、金城さんが代表取締役に就任することになるが、その時には、莫大な借金があり、会社を継ぐべきか、廃業するべきか、悩むほどだったとのこと。

金城さんが大切にしている言葉は、「超えられない人に、試練は来ない。」

株式会社ナウケミカルのHP → http://www.now-chemical.co.jp/
(HPでは、会社の紹介をした漫画を見ることができます。ぜひチェックしてみてください!)

株式会社ナウケミカルは主に電子部品へのめっきをしている会社。具体的には、電気製品の中に入っている部品や光ファイバーへのめっき、粉にめっきをするなど、私たちが直接的に目にする機会はあまりない特殊なものにめっきをされているそうです。ちなみに、めっき加工とは、塗装の違い、電気を流しながら、化学変化でくっつけること。そのため、素材同士の相性も関係し、くっつけずらいと言われるものあるのだとか。(チタンへの金めっきなど)その中で、「金錫合金めっき」は、株式会社ナウケミカルにしかできない技術で、特許も取得されています。

身近にある「めっき製品」について
私たちが使っているスマートフォンなどの通信機器の中には、微細な金めっきが施されています。こうした機器は、年々、小型化が進んでいるため、金城さんたちがめっきする部品は、どんどんと小さくなり、現在では、「粉体」にめっきをすることも可能のなのだとか。さすが、特殊めっき加工のスペシャリストです!

自分で決めた道を進みたいという思いから、父親の会社を継がないと考えていた金城さんでしたが、2001年頃、バブル崩壊で経営難となった父親から、会社を手伝って欲しいと相談を受け、悩んだ末、入社を決意されたとのこと。また、大手の通信メーカーから、「金錫合金めっき」の依頼を受け、研究を重ねていたのも、同じ時期。(開発費がかさんでしまったことも業績悪化の要因の一つでもあったそうです。)そして、20年以上の時間を要して、この開発に目途が立ちます。(当時、この商品を販売するのが、入社したての金城さんのお仕事だったそうです。)しかし、その段階では、客先では使ってもらえるレベルには達しておらず、商品化するには、さらに、3年程の時間を要したのだとか。絶対にゴールをしてみせる、諦めずに、やり遂げてみせるという強い意志で、客先へ何度も足を運び、評価をしてもらって、持ち帰るを繰り返したそうです。

会社の経営が軌道に乗らず、苦しい中、お父様が亡くなられ、会社を継ぐことになった金城さん。社長業のイロハさえ分からない中、莫大な借金があり、銀行から融資ももらえないという辛い状況でのスタートだったそうです。ある金融機関の担当当社からは、「おたくは借金の垂れ流しだ」という言葉を掛けられたこともあったのだとか。その後、何とか会社を継続することができましたが、経営がうまくいかず、既存の仕事さえも減ってしまい、社員から詰め寄られ、責められることもあったそうです。

辛い状況の中、金城さんは、社長として奮闘していきます。このお話の続きはまた来週。

金城さんのインタビュー。そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフルバージョンは、セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。
https://www.central-eng.co.jp/
https://www.central-eng.co.jp/legendengineers

 

by vivi

投稿者 : alabo|2019年6月19日

« blogトップ »