2019年6月26日

第143回 株式会社ナウケミカル 代表取締役社長 金城純一さん

今週のA-LABO INDEXは、先週に引き続き、
株式会社ナウケミカル 代表取締役社長 金城純一さんをお迎えしました。

写真は、松風さんと金城さん

右も左もわからない中、社長として、奮闘する金城さん。莫大な借金を抱え、さらには、赤字体質だった会社を黒字体質にすべく、行動しますが、既存の仕事も減ってしまうという結果に。そんな中、金城さんは、辛い状況を跳ねのける策を思いつき、ピンチを乗り越えます。今週は、その続きのお話から。

きっかけは、知り合いの方のアドバイス。

当時知り合いの元銀行員の方に、アドバイスを頂こうと、決算書を見てもらったところ、言われた言葉は、「アドバイスしようがない程、ひどい」とのこと。しかし、その後、「ここで諦めたら会社は確実に潰れる。諦めなければ、何とかなるかもしれない。」と言われ、これ以上、苦しいことはない、後は上を目指すだけだ、と金城さんは、いい意味で開き直ることができたそうです。

こうして、金城さんは、気持ちを切り替え、新しい策を思いつき、行動します。

それは、付加価値を高めるため、あえて難しい仕事(他の会社が断るような仕事)を手掛けるというもの。つまり「他の会社よりも安くできる」といった価格競争をするのではなく、「他の会社ではできないこと」をして、仕事の付加価値を高くするいうこと。金城さんは、父親が残してくれた会社の技術力活かして、難しいことに挑戦していこうと考えたそうです。最初の頃は、社員に、「今度の社長は難しい仕事ばかり持ってくる」と言われ続け、なかなか受け入れてもらえなかったそうですが、根気よく説得を続け、少しずつ理解を得ていったそうです。

「最後の砦」

難しい仕事を手掛けていくうちに、更に字術力を高め、周りからは、「ナウケミカルは、最後の砦」として評価をしてもらえるようになっていたそうです。そして、その究極形が、10ミクロン径の粉体へのめっき。ちなみに、粉体へのめっきは、その美しさから、アイシャドウなどの化粧品にも使われていたりもするそうです。金城さんも予想していなかった展開だったそうです。

スタジオにも、めっきされた製品をお持ち頂きました。ちょっとだけご紹介。



ウイスキーの瓶や、粉体へのめっきなど。

高い技術力と、諦めずに挑戦するという気持ちで、ピンチを乗り越えた株式会社ナウケミカル。「苦しければ苦しいほど、乗り越えたとき、大きな喜びある。」それを伝えることによって、やりがいを感じてもらうことが自分の仕事だと、金城さんは考えているそうです。

最後は、若き、エンジニアへ、金城さんからのアドバイス。

“大学時代に、漠然とエンジニアになりたいと思っていた時期はあるんですけど、実際に社会人になって、希望通りの職種につけたとは思ってなかったんですね。社会人になると、やりたいことはどんどん変わっていくし、やりたい仕事に就いても、やってみたらあまりあわないな、と思うこともある。今、年を取って大切だなと思うことは、今の仕事がやりたい仕事とちょっと違うと思っても、与えられた仕事を精一杯こなすことが必要だということ。もしかしたら好きになるかもしれないし、だめかもしれなけど、やらずに決めてしまうのは良くないことだと思います。社会人になっても、自分探しをしながら、やりがいのある仕事を自分で見つけられるように頑張っていただきたいなと思います。”

金城さんのインタビュー。そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフルバージョンは、セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。
https://www.central-eng.co.jp/
https://www.central-eng.co.jp/legendengineers

by vivi

投稿者 : alabo|2019年6月26日

« blogトップ »