2019年7月31日

第148回 千葉工業大学 未来ロボット技術研究センター・fuRO 所長 古田貴之さん

7月~9月は、「未来の〇〇」をテーマにお届けしているA-LABO INDEX。
今週のテーマは、「未来の未来」。

レジェンド・エンジニアは、未来ロボット技術研究センター・fuRO 所長 古田貴之さんです。

未来ロボット技術研究センター・fuRO 所長 古田貴之さん

古田さんのプロフィール

1968年東京都生まれ。2歳から7歳までは、お父さんの仕事の都合もあり、インドで過ごした。3歳の頃、「鉄腕アトム」に惹かれて、アトムを作る天満博士に憧れ、将来、ロボット開発者になり、人を幸せにしたいという思いを持っていた。しかし、中学生の時、脊髄の病気から、車いすの生活に。この時、お医者様から、「一生、車いすだ」と宣告される。車いす生活をする中で、「車いすの車輪が足だったらいいのに」と考えていた。そうすれば、自分と同じ境遇にいる人たちはきっと喜ぶに違いないだろうと思っていた。古田さんの病気は、何千人に一人は歩けるようになる人がいて、古田さんは、奇跡的に歩けるようになった。この出来事が、古田さんの人生観を作り、本格的に、ロボット開発者への道を進むこととなった。

工学博士となり、2000年、(独)科学技術振興機構 ERATO 北野共生システムプロジェクトに、ロボット研究グループリーダーとして所属。研究に没頭する日々を過ごした。そして、2003年から、千葉工業大学 未来ロボット技術研究センター・fuRO 所長に就任。2014年からは、学校法人千葉大学常任理事を兼務している。福島第一原発では、唯一全フロア踏破可能な災害対応ロボットを開発・提供。政府の原発冷温停止ミッションを遂行・成功させた。

2018年7月、現代の最新ロボティクス、AI技術をプロダクトデザインで融合させることで生まれた未来の機械生命体「CanguRo」を発表するなど、次々と新しく、人を幸せにする未来を創りだしている。

『今から5,6,7年くらいで、世の中の衣食住は、ロボット技術で大きく変わります。』
今週のA-LABO INDEXは、古田さんの宣言から、番組スタートです。

私たちは、ロボットというと、人型の手足があるものを想像しがちですが、『ロボット技術』とは、それだけではないとのこと。家、家電、乗り物、都市から宇宙まで、いろいろなものが、大きく変わっていくことが運命・宿命であると古田さんは考えていらっしゃいます。

☆未来の乗り物について

ロボット技術が進むにつれて、乗り物は形から大きく変わっていくとのこと。今の乗用車のような形ではない乗り物が、どんどん町を走り出すだろうと古田さんは考えています。古田さんが開発された未来の乗り物を少しご紹介。

「ILY-A」
4つの形に変形するとのこと。座り乗りや、立ち乗り、荷台の役割をこなすことが出来るのだとか。

「CanguRo」
人工知能ロボット+乗り物。人を認識して後ろをついてきたり、人が乗ろうとすると、自動で電動変形し、乗り物のようになるとのこと(人の表情で認識しているそうです)。また、CanguRoは、乗っていなくても、自動操縦でスマホに表示された地図で指定した場所へ向かわせることもできるのだとか。つまり、迎えに呼ぶことも、帰らせることもできるということ。

「科学者なので、真実しか言うつもりはありません。希望的観測じゃないからリアルです。」
古田さんのお言葉通り、既に形となっている『未来の乗り物』に、驚きとわくわくが止まりません。

「ILY-A」、「CanguRo」の写真は、fuROのHP内の紹介ページから引用させていただきました。HPでは、番組内でも話題にでていた実際の動画も見ることもできます。ぜひチェックしてみてください!
fuROのHP内ロボットの紹介ページ → https://www.furo.org/ja/works/index.html

古田さんが大切にされているキーワードは『convivial(コンビビアル)』
いろんな人と、手を取り合いながら社会を盛り上げていきたい、ワクワクな未来を創るお手伝いをしたいという思いが、古田さんのロボット作りの原動力。古田さんの優しさや情熱を感じる素敵なお話です。

古田さんのインタビュー。そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフルバージョンは、セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。
https://www.central-eng.co.jp/
https://www.central-eng.co.jp/legendengineers

ワクワクが止まらない未来のお話。続きはまた来週。お楽しみに!

by vivi

投稿者 : alabo|2019年7月31日

« blogトップ »