2019年9月25日

第156回 ソニー・ミュージックスタジオ 鈴木浩二さん 堀内寿哉さん

3か月おきにテーマに沿って、番組をお届けしているA-LABO INDEXですが、
今回のテーマは、「アーティスト/表現者たち」。

そして、初回となる今週のテーマは、「アートな音の匠」。
特に、アナログ盤、レコード盤にスポットを当ててお届けします。

レジェンド・エンジニアは、ソニー・ミュージックスタジオ 鈴木浩二さん 堀内寿哉さん

ソニー・ミュージックスタジオ

チーフプロデューサー レコーディング&マスタリングエンジニア 鈴木浩二さん(右)
マスタリング&カッティングエンジニア 堀内寿哉さん(中央)

鈴木さんのプロフィール
1962年、神奈川県生まれ。1985年、CBS・ソニー入社。ソニーミュージック信農町スタジオでレコーディングエンジニアとして、10年のキャリアを積んだ後、マスタリングエンジニアとしてのキャリアもスタートさせる。これまでにレコーディングエンジニアとしては、数々の名盤レコーディングを手掛け、特にジャズ、クラシックなど、アコースティックを中心とした作品で高い評価を得ている。新譜のマスタリングから旧譜のリマスタリングまで、数多くの作品を手掛け、近年では松田聖子や尾崎豊などのハイレゾリマスタリングでも注目を集めている。

現・ソニー・ミュージック ソリューションズ パッケージソリューションカンパニー  ソニー・ミュージックスタジオ チーフプロデューサー レコーディング&マスタリングエンジニア レコーディング・ルーム、マスタリング・ルーム課長を務め、現在は、クラシックのホール録音やジャズ、ミュージカル等のレコーディングから、マスタリングまで、マルチで行っており、「日本プロ音楽録音賞」では、多くの作品で受賞している。

堀内さんのプロフィール
1968年生まれ。幼少時代から音楽に触れ、大学在学中に「エンジニアになりたい」と漠然と思い、ソニーミュージック信濃町スタジオに飛び込みで押しかけ、採用されたとのこと。大学在学中に、飛び込みでアルバイトとしてキャリアをスタートさせ、その後、手腕を認められて、マスタリングエンジニアに。流行に流されない、解像度が高くダイナミクスに溢れるマスタリングに定評があり、ゲームミュージックからジャズ、ロック、ポップス、クラブミュージックまで、幅広いジャンルの作品を手掛けている。2000年代初頭に、ソニー・ミュージックグループが、過去のマスターテープのデジタルアーカイブを始めた際には、アーカイブ・ルームに異動。マスターアーカイブの基礎を固めることに尽力した。その後、マスタリング・ルームに復帰し、アーカイブで得たマスターに関する知識と技術で現在のマスタリングを支えてきた。そして、2017年のカッティング・ルーム新設に合わせて、カッティングエンジニアとしてのキャリアもスタートさせた。

お二人の共通のお仕事であるマスタリングエンジニアとは、どのようなお仕事なのか、鈴木さんのお話を踏まえて、少しご紹介。

☆マスタリングエンジニアとは。

発売される商品メディア(CDなど)に合わせた音作りをすること(レコーディングされた音源をCDに合わせたフォーマットに調整するということ)をマスタリングといい、その作業を行う人がマスタリングエンジニア。また、レコーディングされた音源は、録音した人や機材によって音圧・音量・音質が異なるため、それを一つのCDにまとめることもお仕事の一つ。マスタリングによって、そのCDで表現される物語の起承転結が決まっていくので、アーティストの想いを伝えるためは、大切な作業になります。そのため、アーティストからイメージを聞くそうですが、それは抽象的なオーダーが多く、例えば、鈴木さんは「地球が響くような、唸るような感じにしてほしい」と言われたこともあるそうです。こうした抽象的なオーダーを数字に変えて表現していくのがマスタリングエンジニアのお仕事とのこと。

今回、ご出演をお願いしたのは、「アナログ盤」の見直しがあげられます。実際、これまで、海外のある場所でしかアナログ盤は制作していなかったのですが、
アナログ盤人気に押される形で、ソニーミュージックグループは、昨年、自社一貫性アナログレコードを、29年ぶりにリリースしました。
そんな背景もあり、話は、アナログ盤、レコード盤に。

まずは、堀内さんのお仕事でもある『カッティングエンジニア』についてのお話から。

☆カッティングエンジニアとは。
カッティングとは、レコードの元になる『ラッカー盤』を制作する作業のことで、これを行うのがカッティングエンジニア。ちなみに、堀内さんが、カッティングエンジニアになったのは、ソニー・ミュージックスタジオに、カッティングレース(レコード原盤を切り込む装置)を導入するとき、やってみないかと声を掛けられたことがきっかけで、興味を持ち、やることを決めたからなのだとか。

次に、レコード盤ができるまでを、簡単にご紹介。

レコード盤は、このカッティングと言われる『ラッカー盤』(原盤)を作る作業がスタジオで行われた後、工場へ送られ、メッキ工程(その原盤にメッキをかけて、レコードを作るためのスタンパーを作る)を行い、プレス工程を経て、レコードが出来上がります。

ソニーミュージックグループが、昨年、29年ぶりにリリースした、自社一貫性アナログレコード第一弾は、ビリー・ジョエルの「ニューヨーク52番街」と、大瀧詠一作品集Vol.3の「夢で逢えたら」でした。実は、この2作が選ばれた理由は、1982年に初めてCDとしてリリースされた作品だったからとのこと。もちろん、当時大ヒットしたビックタイトルの2作なので周りの持っている印象を大切にし、さらに今できる技術と音質を提供するという面では苦労したことも多かったそうです。当時の初回のレコードを聴いたりリマスタリングされたCDを聴いたりし、変化を理解しながらどこに落とし込もうかということを鈴木さんと堀内さんは二人で試行錯誤しながら詰めていったのだとか。

今週のラストは、アナログ盤、レコード盤の魅力について。

アナログは、聴く段階で、まず、レコードを置いて、針を置く、そこから少し待って音が再生。A面が終わったらひっくり返してB面を再生。この一連の所作をすることで、より音楽に集中することができるということが、魅力であるとのこと。今の時代は、スイッチを押すだけで、気軽で簡単に音を出すことができます。これはメリットでもありますが、やはり、手間を掛けるからこそ、その空間や時間を作り出すことができるのだと、堀内さんは考えているそうです。

また、レコードには、レコードならではのこだわりがあります。例えば、レコードの内周は音圧に弱いため、歪み率が上がるとのこと。そのため、内周にいくほど、優しい静かな音源を入れるのが定番なのだとか。こうした、特徴も考えながら、レコードの中の物語は作られているそうです。

次回は、アナログ盤が出来上がっていくお話をお伺いします。お楽しみに!

鈴木さんと堀内さんのインタビュー。そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフルバージョンは、セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。
https://www.central-eng.co.jp/
https://www.central-eng.co.jp/legendengineers

by vivi

投稿者 : alabo|2019年9月25日

« blogトップ »