2019年11月27日

第165回 サンドアート集団SILT代表 船本恵太さん

現在「アーティスト/表現者たち」をテーマにお届けしているA-LABO INDEX。
先週にひきつづき、サンドアート集団SILT代表の船本恵太さんをお迎えしました。

 

サンドアート集団SILT代表 船本恵太さん  (サンドアート集団SILTのHP → http://www.otomeru.com/silt/index.html )

今週はストレートに砂のお話を伺いながら、サンドアートを見せていただきました。

まずは、砂。

松風さんに触ってもらいました。
https://www.youtube.com/watch?v=_TnUwfB2vjk

めちゃくちゃ癒されていた松風さん。予想以上に、小麦粉以上にちょっと細かい・・・。粒子の均一感が伝わってきますね・・・と興奮。
どんな砂なのかについて。

雲母が含まれている砂なんだとか。船本さんは、世界中の砂を収集していて、現在は、オーストラリアの砂を使っているそう。
ケーナ奏者の田中健さんが、サハラ砂漠の砂をプレゼントしてくれたのは、最高でした。
でも、健さんがくださったのは、モロッコのサハラ砂漠でしたが、幼馴染がくれたのが、エジプト寄りのサハラ砂漠。エジプト寄りはダメな砂だったそうです。

さあ、その砂で、船本さんは、このとき、この瞬間にしか見ることができない、オリジナルの絵をかいてくださいました。
その様子は、こちらで。
https://www.youtube.com/watch?v=au46-nIsxro

1度完成した絵がこちら。

そして、この絵が・・・・泣くんです。泣く瞬間はこちらで。

https://www.youtube.com/watch?v=Kq_te77XVK4

船本さんが砂を動かすことで、物語が進む、サンドアート。
その絵の中を見ることで私達はいろいろな想いになります。
なぜ、泣いているの?どうしたの?あの2羽は、カモメ?なんで、2羽?
太陽なの?夕陽なの???など、そして、考えることで、物語はさらに広がっていきます。

でも、サンドアートの完成した絵は決して残しておくことができないんです。糊付けとかできないから。。。一瞬で儚く消えていきます。

諸行無常・・・。

最後に、船本さんからのメッセージ。
「エンジニアとかクリエイターとかじゃなくて、若者全員に伝えたいし、若者じゃなくても誰にも言えることだと思う。何も恐れることなく、飛び込んでいくことが大事。それが『諸行無常』。どうせ人は無に帰るから臆することは何もない。長くても短くても1つの人生ですからやりたいと思ったことは、今すぐにやる。その日のうちにやる。明日からやろうという人は、永遠に明日から明日からといいつづけて、結局、何もやらないんですね。これが、私の父から学んだことです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

興味をもってくださった方は、ぜひ、radikoタイムフリーで。
A-LABO INDEX | bayfm78 |
2019/11/26/火  24:00-24:30
http://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20191127000000
(関東以外の方は、radikoプレミアムに入らないとお聴きになれません)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

船本さんのインタビュー。そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフルバージョンは、セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。(ただいま、準備中)
https://www.central-eng.co.jp/
https://www.central-eng.co.jp/legendengineers

 

 

投稿者 : alabo|2019年11月27日

« blogトップ »