2019年12月25日

第169回 ドロッセルマイヤーズ 渡辺範明さん

2019年10月~12月は、
「アーティスト/表現者たち」をテーマにお届けしているA-LABO INDEX。
今週は、前回に引き続きボードゲームのゲームデザイナー、ゲームプロデューサーであるドロッセルマイヤーズの渡辺範明さんをお迎えしました。

写真は、松風さんと渡辺さん

今週は、ドロッセルマイヤーズが手掛けているオリジナルゲームをご紹介して頂きました。それがこちら。

『ドロッセルマイヤーさんの法廷気分』

こちらの商品は、ドロッセルマイヤーズの【ゆるゲー】シリーズの第1弾で、裁判をモチーフにした会話ゲーム。

ルールはとっても簡単。被告人が証言した内容について、裁判官、弁護士、検事が、ほんとか、ウソかを討論し、最終的に、裁判官がほんとか、ウソか判決をするというもの。(裁判官は判決をするとき、木製ハンマーでカンカン!と叩きます。)ちなみに、この『証言』は何でもいいとのこと。番組内では、実際に軽くゲームをしながら、ルールを説明して頂いています。

 

また、こちらのゲームには、おまけ特典として、『ドロッセルマイヤーさんのなぞなぞ気分(赤本)』もついてくるそうです。こちらは、【ゆるゲー】シリーズの第2弾で、ランダム生成なぞなぞゲーム。小さい分厚い本の形をしていて、前半の50ページに「上の句」、後半50ページに「下の句」の問題が書かれています。それを適当に開いて、できた文章がなぞなぞになるということ。

例えば、上の句『アメリカ生まれの』下の句『怪物ってな~んだ?』みたいな感じ。

ちなみに、このゲームのポイントは、『出題した人の気分で正解を決められる』ということ。答える側は、思いついた解答を自由に言って、出題者がその中から、いい答えだと思うものを好きに決めます。そして、正解した人が次のなぞなぞを出すというゲーム。難しいルールはまったくないので、普段、ゲームが苦手だと思う人も気軽に遊ぶことができます。また、テーブルなども必要ないので、車で渋滞にはまった時や、テーマパークやお店の待ち時間、飲み会の時にも、お手軽に遊ぶことができます。

この【ゆるゲー】シリーズは、シンプルで、誰でも遊べるということがテーマのゲームシリーズ。そして、このゆる~っとしたイラストも、とても可愛いですよね。ドロッセルマイヤーズさんのHP内のブログでは、詳しい作品紹介も。こちらからどうぞ!

『ドロッセルマイヤーさんの法廷気分』
→ https://note.com/drosselmeyers/n/ne0c46d7c579d

『ドロッセルマイヤーさんのなぞなぞ気分』
→ https://note.com/drosselmeyers/n/n3d8d51900e7a

 

次に、こちらのゲームもご紹介。

連作ボードゲーム「Kaiju on the Earth」シリーズ第一弾『ボルカルス』

このシリーズでは、共通して「怪獣」が登場するとのこと。ゆるゲーシリーズとは、まったく真逆のゲーム。こちらのゲームのお話は、インタビューのフルバージョンで聞くことができます。ぜひチェックしてみてください!また、ドロッセルマイヤーズさんの他のオリジナルゲームはHPで。こちらからどうぞ!

ドロッセルマイヤーズHP → http://drosselmeyers.com/

そして、最後は、若き、エンジニアへ、渡辺さんからのアドバイス。

“手段は自由。目的はブラさないほうがいいと思うが、手段は本当にいろんなルートがある。どんな方法でもいいから、要は、僕でいう面白いゲームを作るみたいな、そこが満たせれば何でもいい。”

渡辺さんのインタビュー。そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフルバージョンは、セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。
https://www.central-eng.co.jp/

https://www.central-eng.co.jp/legendengineers

 

【ゆるゲー】シリーズの最新作『ナンバーワンダフル』

実は、最新作も、スタジオにお持ちいただいていました!
大人数で盛り上がること間違いなし!年末年始、ぜひ、皆さんで遊んでみてはいかがですか?

by vivi

投稿者 : alabo|2019年12月25日

« blogトップ »