2020年1月29日

第173回 グローリー株式会社 越智康雄さん

A-LABO INDEXは、3か月おきにテーマに沿ってお届けしておりますが、
今年2020年1月から3月のテーマは『2020の技術』

今週は、先週に引き続き、グローリー株式会社 国内事業本部 販売企画統括部 生体・画像認識販売企画一部 部長 越智康雄さんをお迎えしました。

写真は、松風さんと越智さん

私たちの生活に、広がりをみせている顔認証システム。先週は、顔認証システムがどのようなものかということについて、お伺いしました。そして、今週は、私たちの身近にある顔認証システムについてのお話。

☆現在、どのような所で使われているか。

空港、商業施設、企業、学校、病院などのセキュリティや防犯。そして、一つの建物の中に、色々な用途で、使われていることもあります。例えば、空港では、入国、申請のセキュリティや、ロビーで不審な人を見つけるためのセキュリティなど。顔認証システムは、犯罪が起こるのを未然に防ぐためのシステム。つまり、捕まえるというよりかは、犯罪を起こさせないため、不審な人を見つけたら、関係者に連絡をし、準備をしてもらい、体制を整えてもらうというもの。

ちなみに、この顔認証システムは、斜め顔の認証も可能なのだとか。グローリー株式会社のHPでは、顔認証システムについての詳しい紹介や、動画を見ることができます。ぜひチェックしてみてください。

こちらのURLからどうぞ。 → https://www.glory.co.jp/product/detail/id=70

☆越智さんの考える今後の顔認証について。

マスク、サングラスなどの顔の付帯情報があっても認証できるような(つまり、素の顔だけではなくて他でも認証可能)、より細部の認証制度を高める方法や、服、帽子、歩き方など、顔以外のところで身体全体を捕らえるような方法などの技術が確立されていくのではないかとのこと。
さらに、単にそれぞれの『顔』だけではなく、笑顔や悲しみなど『表情』を認証することも。こうした顔の表情を認証する技術は、医学研究(認知症の進行具合など)にも活躍。また、医療現場でも健常者の表情と比べることにより、患者の表情から体調不良を判断するなど、医師のアシストをする役割も期待されているそうです。

そして、最後は、若き、エンジニアへ、越智さんからのアドバイス。

“エンジニアは、なかなか答えが出ない職業かなと思う。研究とか開発っていうのは、ものすごい長い時間をかけてやらなければいけなくってなかなか結果までたどり着くのに非常にしんどい。そう言ったところで挫折とかもあるんですけど継続するっていう心と、突き詰めすぎて気持ちが折れる前にどんどん新しいリフレッシュの仕方を、常に自分で考えてもらいながら凄く困難な高い壁にどんどんチャレンジしてもらうよなマインドを持って欲しい。”

越智さんのインタビュー。そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフルバージョンは、セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。
https://www.central-eng.co.jp/

https://www.central-eng.co.jp/legendengineers

(上記準備中です。まもなくアップ予定)

まだまだ進化を続ける顔認証システム。これからの更なる広がりに大注目です!

by vivi

投稿者 : alabo|2020年1月29日

2020年1月21日

第172回 グローリー株式会社 越智康雄さん

A-LABO INDEXは、3か月おきにテーマに沿ってお届けしておりますが、
今年2020年1月から3月のテーマは『2020の技術』

今週と来週は、グローリー株式会社 越智康雄さんをお迎えしました。

グローリー株式会社 国内事業本部 販売企画統括部
生体・画像認識販売企画一部 部長 越智康雄さん

【グローリー株式会社について】

グローリー株式会社の前身、「国栄機械製作所」が現在の兵庫県姫路市で創業されたのが、1918年のこと。ちょうど日本の一般家庭に電灯が普及し始めた頃で、国栄機械製作所は生産拡大が進む電球の製造装置を修理する工場として事業をスタートさせた。
日頃から自社製品の開発を目標に掲げてきた国栄機械製作所は、縁があって大阪造幣局から「アメリカ製の硬貨計数機を使っているが、価格が高いうえにメンテナンス性が悪いので、国産の機会を作ってくれないか?」という話を受けて1950年に国産初の硬貨計数機を開発。この計数機を大蔵省造幣局へ納めた事をきっかけに通貨処理機事業への歩み始めた。その後、硬貨自動包装機、千円紙幣両替機、たばこ販売など、次々と、国産第一号製品を開発し、グローリーは日本における通貨処理機のリーディングカンパニーとしての地位を確立した。
こうした事業を展開しながらグローリーが培ってきたのは、硬貨や紙幣などを正確に見分ける「認識・識別技術」と硬貨や紙幣を1枚ずつ正確かつ高速に処理する「メカトロ技術」。これらの技術を生かし、グローリーは今や世界27か国に現地法人を持ち、世界100か国以上で製品やサービスを販売するグローバル企業へと成長してきた。
そして、その他にも、病院で患者さん自身による診療費の支払いを可能にした「診療費支払機」。また、選挙の開票作業の人件費削減とスピードアップを実現する「自書式投票用紙分類機」、さらに、外食産業の業務効率化に貢献する「券売機」など、多岐にわたる製品を生み出している。

グローリー株式会社のHPはこちらから → https://www.glory.co.jp/

≪グローリー株式会社、2つのコアテクノロジー≫

☆「メカトロ技術」と「認識・識別技術」☆

グローリー株式会社はお金を数える(扱う)機械やシステムの製造メーカーの会社として知られています。私たちにとって身近なもので例えると、自動販売機やコインロッカー、ゲームセンターの両替機など。また、硬貨計数機や、硬貨包装機、千円紙幣両替機などの第1号を誕生させたのも、グローリー株式会社なのだとか。硬貨や紙幣などを正確に見分ける「認識・識別技術」と硬貨や紙幣を1枚ずつ正確かつ高速に処理する「メカトロ技術」。この2つがグローリー株式会社の2つのコアテクノロジーなんです。

そして、今回、詳しくお伺いするのは、「認識・識別技術」のお話。

☆顔認証について。どうやってしているのか。

最初に、画像で取り込む。画像の中にいくつ顔があるか、どんなサイズの顔か、マスクをしているのか、など、いろんな要素で、顔として認識できるものを拾い、顔を検出します。次に、どこを見てその人かというところを判断。ちなみに、判断するのは、顔を中心に、額の上の部分から、顎の下の部分で、ちょうど正方形ぐらいになる部分とのこと。ここを中心に、認識をかけるそうです。つまり、髪型や、髭は関係ないのだとか。もちろん、PCや、CPUなどの、機械の処理系のスペックが上がれば、体全体、背丈、顔のサイズなど、いろんな周辺の情報を入れることで、さらに制度を高めることはできますが、ある一定の与えられたスペックで動かないと商品にならないとのこと。そのため、顔を中心とした範囲を見ることが最も必要なエンジンなのだそうです。

☆顔の判断について

人間は、誰もが、ある一定の「平均顔」を自分の頭の中に持っているとのこと。その「平均顔」を基準にして、相手の顔を認識しているそうです。(例えば、「目が大きくて可愛い」、「鼻が高い」、「〇〇に似ている」など。)顔を判断するシステムも、人間と同じで、この「平均顔」を作り、基準にしているのだとか。「平均顔」と比べて、取り込んだ画像の顔のパーツ(目や、鼻の位置など)に差異があるかを見分けるそうです。

☆グローリーの顔認識システムは「変なホテル」にも。

グローリーの顔認識システムは「変なホテル」でも、取り入れられているとのこと。競合他社が強い中、人とのご縁で「変なホテル」の担当者さんからチャンスをもらったのだとか。相手側の要望や、譲れないポイントと自分たちの技術をうまくすり合わせながら、着地させていくことは、とても難しかったそうです。一般的には、事前に登録してある顔との差異から、認証するのシステム。しかし、「変なホテル」からは、その場でとった写真で認証することを要求されました。しかし、こうした難しい技術は会社の評判を落としかねないという大きなリスクを抱えています。それでも、その当時のチームは、「ぜひやってみたい」と意気込み、会社が一丸となり、大きなプロジェクトとなったそうです。

セルフレジなど、無人化が当たり前になってくる時代は、もうすぐそこ。認証システムについて、お伺いしたいことはまだまだたくさんありますが、このお話の続きは、また来週。お楽しみに!!

越智さんのインタビュー。そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフルバージョンは、セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。(準備中です)
https://www.central-eng.co.jp/
https://www.central-eng.co.jp/legendengineers

お聞き逃しの場合、radikoで、お聞きいただけます。

A-LABO INDEX | bayfm78 |
2020/01/21/火  24:00-24:30
http://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20200122000000

by vivi

 

 

投稿者 : alabo|2020年1月21日

2020年1月15日

第171回 日本シグマックス株式会社 商品企画開発部 五十嵐匡平さん

A-LABO INDEXは、3か月おきにテーマに沿ってお届けしておりますが、
今年2020年1月から3月のテーマは『2020の技術』

今週は、先週にひきつづき、身体活動支援のための会社、日本のサポーターのトップ企業、日本シグマックス株式会社、商品企画開発部の五十嵐匡平さんがゲスト。

日本シグマックス株式会社 商品企画開発部 五十嵐匡平さん

スポーツ向けのサポート・ケア製品のブランド「ザムスト」の研究開発をする部署に所属、あらゆる部位のサポーターの製作に関わり、「ザムスト フィルミスタアンクル」で世界最大級のスポーツ見本市、ISPO AWARD 2015に輝き、「ザムスト フットクラストスタンダード」では、2017年度グッドデザイン賞を受賞している。

番組の前半は、日本シグマックス株式会社についてのお話。
HPはこちら → https://www.sigmax.co.jp/

注目のフィルミスタシリーズ
https://www.zamst.jp/filmista/

その中から、今回は「フィルミスタアンクル」を松風さんも装着。

フィルミスタアンクルとは・・・

実際装着中。

サッカーでは、靴下の下に履かないといけないので、素足に装着。

松風さんの感想は・・・

「スゴイ。足首が守られている。これは、今までにない。本当に・・・」
かかとがちょびっとしか出てないことに感動。土ふまずは空いていて、サッカー選手が求めている場所をきっちりまもっているという感覚だそうです。
また、サッカーやってない人も一度つけてもらうと驚くと思うと。今までサポーターを使ったことない方の中には、こういうのをつけたくないというかたも多いかも。
スポーツ店などで見本を見つけたら、ぜひ、一度つけてみてほしいとのこと。

五十嵐さんの考える今後の夢・展望

サポーターはローテクな商品で身につけるものなので、お客様の評価もかなりシビアです。まだまだ装着感が良くないと言われることが多く、快適性には課題があります。怪我と戦っている人の期待背負っているということを忘れず、使う方にとって相棒になるような商品を開発し、スポーツ生活をサポートしていきたいと思います。

「ザムスト」のスポーツ用サポーターは誕生自体も代表選手に提供することから始まっていて、現在も多くの代表選手の求めに応じて製品を提供しています。個人的な思いとしてはこうした選手たちにさらに密着してケガの予防だけでなく、パフォーマンス向上につながるような製品を作っていきたいと考えています。

若きエンジニア、未来のエンジニア、ものづくりを目指す人へのアドバイス。

自分が強く想いを寄せられることがあるのであれば、多少の障壁があっても根気強く続けることが大切だと思います。多少の衝撃は毎回感じますが、そういうのがあった方が「他にまねできないいい商品ができる」と信じています。

ちなみに、五十嵐さんがこの仕事に喜びを感じる瞬間は、ユーザーの声を知ったとき。
「『ありがとう』と書かれていることがうれしくて。そういう商品なんだなと感じられる」とのこと。まさにユーザーの相棒といえる商品なんですね。

*前回のblogと合わせてご覧いただければ、技術的なすごさをより感じられます。

五十嵐さんのインタビュー。そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフルバージョンは、セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。(準備中です)
https://www.central-eng.co.jp/
https://www.central-eng.co.jp/legendengineers

 

 

投稿者 : alabo|2020年1月15日

2020年1月8日

第170回 日本シグマックス株式会社 商品企画開発部 五十嵐匡平さん

A-LABO INDEXは、3か月おきにテーマに沿ってお届けしておりますが、
今年2020年1月から3月のテーマは『2020の技術』でお送りしていきます。

そして、初回となる今週は、身体活動支援のための会社、日本のサポーターのトップ企業、日本シグマックス株式会社、商品企画開発部の五十嵐匡平さんをお迎えしました。

日本シグマックス株式会社 商品企画開発部 五十嵐匡平さん

五十嵐さんのプロフィール

1984年、新潟県出身。幼少期には、マンホールの模様を大きな画用紙にひたすら写すというデザインやプロダクトへの関心の強いお子さんだったとのこと。大学は千葉大学に進み、大学院では工学研究科デザイン科学を専攻し、日本シグマックス株式会社に入社。大学でデザインと人間工学を学んでいたこともあり、身体に関わるモノづくりができる企業を探していたところ、身体活動を支援する製品を作るシグマックスの社員の方に出会う。「シグマックスの製品はケガと戦っている人たちがお客様であり、高い期待と責任を背負っている」という話がとても印象的で、サポーターの開発者を志す。(また、五十嵐さん自身も学生時代からバレーボールに取り組んでいて、スポーツのケガに対して身近に感じていたことも影響しているとのこと。)

入社1年目は、営業を担当。商品紹介のため、地域のスポーツ店や学校の部活に足を運ぶ度、シビアな話を聞くことが多く、ユーザの困りごとを知るうえで貴重な経験だったとのこと。その後、現職の商品企画開発部でサポーターの開発に従事する。

スポーツ向けのサポート・ケア製品のブランド「ザムスト」の研究開発をする部署に所属、あらゆる部位のサポーターの製作に関わり、「ザムスト フィルミスタアンクル」で世界最大級のスポーツ見本市、ISPO AWARD 2015に輝き、「ザムスト フットクラストスタンダード」では、2017年度グッドデザイン賞を受賞している。

番組の前半は、日本シグマックス株式会社についてのお話。
HPはこちら → https://www.sigmax.co.jp/

☆どのようなものを制作しているのか。

身体を動かすための運動器に着目して、運動習慣の獲得、継続を後押しする製品を『メディカル』、『スポーツ』、『ウェルネス』の分野に提供している。整形外科治療が事業のルーツで、具体的には、サポーターや、包帯、ギブス、骨折治療器、超音波診断装置など。そして、五十嵐さんがいらっしゃる商品企画開発部、開発1課では、主に、ソフトグッズ(サポーターや、ソックス、インソールなど)を手掛けているとのこと。中でも、五十嵐さんは、『ザムスト』というスポーツ向けのサポートケア製品ブランドを担当されています。

☆ザムスト(スポーツ向けのサポートケア製品ブランド)について。

スポーツ用のサポーター。足首、膝、腰、肩、肘、手首、指など、多くの部位の製品がある。『スポーツ用』とは。
激しい動きによって関節にかかる負荷も大きくなります。それに対抗するため、スポーツ用では、サポーター本体やストラップの伸び縮みの強さや、性質も変えているとのこと。様々な動きをする中でも、しっかりとフィットして、なおかつ、動きの邪魔をしないような形状の構造を実現することが必要なのだとか。さらに、人と接触することのある競技では、、固いパーツなどで相手を傷つけないような素材選定も重要とのこと。また、床との摩擦が想定される箇所には、専用の資材を用いたりもしているのだとか。そのため、サポーターの種類は、とても多く、足首、アキレス腱用で、6種類。膝用で、11種類。腰用で、5種類。肩、肘、手首用で10種類。その他を合わせると全部で50種類ぐらい。そして、サポート機能付きのソックスやインソールを含めると、【60種類以上】になるのだとか!ちなみに、膝は特に症例別に種類があるそうです。

ザムストのHPはこちらから → https://www.zamst.jp/

そして、番組の後半は、五十嵐さんが、サポーターに情熱をそそぐきっかけになった人生の転機についてのお話を伺いました。

<その1>学生時代の足首の捻挫。
サポーターとの出会いとでもあり、今の仕事を選んだきっかけ。中学~大学までバレーボールをやっていて、サポーターは相棒であったのだとか。五十嵐さんは、就職活動の時、サポーターのことを思い出し、「辛い時の相棒。そういう商品っていいな」と思い、今の会社を選んだそうです。

<その2>フィルミスタ アンクルの開発。
サポーター製品の開発者としてやっていく自信がついた商品。
☆フィルミスタ アンクルとは。

フィルミスタ アンクルは、サッカー用の非常に薄い足首のサポーター。

サッカーは足首のけがが多い競技ですが、テーピングや、バンテージでのケアが中心で、サポーターが使ってもらえない状況だったとのこと。従来の足首サポーターは基本的にソックスの上に着ける構造になるので、ルール上公式戦で使用できなかったり、サポーターの生地の厚みでスパイクのフィット感やプレー感覚に影響することが課題としてあったのだとか。そこで、ソックスの下に装着できる薄手サポーターの開発がスタートし、誕生したのが、【フィルミスタ アンクル】。開発は、サッカー日本代表のチームドクターや、大学や高校のクラブチームの選手やトレーナーにヒアリングを行いながら進めていったとのこと。サッカー選手の足はとても繊細で、固定力があっても、かさばったり、動きにくかったりすると、その場で彼らは使ってくれないという状況だったそうです。

フィルミスタ アンクル、実物のお写真がこちら。

とても薄いですよね。そして、マネキンの足に着けてみるとこんな感じ。

この上からソックスをを履くと・・・。

こんな感じになります。

今、振り返って、特に難しかったポイント。

1つ目は、薄い素材で、足首の捻りを抑える力を持たせること。
2つ目は、捻り以外の足の動きを抑えないこと。

この2つは非常に難しかったそうです。

ちなみに、フィルミスタの名前は、film(フィルム)+stability(安定)から。
フィルミスタシリーズのHPはこちらから → https://www.zamst.jp/filmista/

こうして、選手やトレーナー、ドクターからのヒヤリングをもとに、五十嵐さんを始めとするチームのみなさんは、様々な難題をクリアして、ここに至るわけですが、どのような難題を、どのようにしてクリアしていったのか、このお話の続きは、また来週。お楽しみに!

五十嵐さんのインタビュー。そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフルバージョンは、セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。(準備中です)
https://www.central-eng.co.jp/
https://www.central-eng.co.jp/legendengineers

2020年は、東京オリンピックの年。『MADE IN JAPAN』の素晴らしい技術力を感じる熱い一年になりそうですね。A-LABO INDEX、本年も、よろしくお願いします!

by vivi

投稿者 : alabo|2020年1月8日