2019年5月19日

5/19(日) ドライブソングリスト。

☆本日のドライブソングリスト☆

 

M1  ノックは夜中に  /  MEN AT WORK

M2  Steal Away  /  Robbie Dupree

M3  on the beach  /  Chris Rea

M4  Is It You?  /  Lee Ritenour

M5  Sailing  /  Christopher Cross

投稿者 : als|2019年5月19日

2019年5月19日

5/19(日) 第246弾~Sand CAFÉ -サンドカフェ-


どーもー!
最近、蓮見圭一さんの「水曜の朝、午前三時」が、改めていい本だなと思っている!
きえちゃん、こと鈴木希依子です(^○^)
みなさんはどんな本が好きですか?
私の父は、ヘミングウェイの「老人と海」が好きなのですが、
今回はヘミングウェイ好きのオーナーが、その「老人と海」の世界観をイメージして作ったカフェのご紹介ということで、とても楽しみに伺いました♩

ということで『Aqualine Stories』ep246は、
南房総 千倉の『Sand CAFÉ -サンドカフェ-』にフォーカスです☆

お話を伺ったマスターの込山さん、ヘミングウェイが若い時から好きだったそう。


中でも「老人と海」が、自分の住んでいる千倉の海のシンプルで男らしいところが重なったのだとか。

外国にあるようなボートハウスをイメージして作られたという店内には、
「老人と海」で老いた漁師がカジキマグロと格闘したシーンを彷彿とさせる、大きなカジキのオブジェが。

東京の雑貨屋さんで、たまたまディスカウントされていて買ったのだとか。


他にも、額に入っているヘミングウェイの写真と、「The Old Man and the Sea」(老人と海)が掲載されていた、1952年に発行の「LIFE」というアメリカの雑誌が飾ってあります。
知り合いの方が持っていて、プレゼントしてくださったそう。

メニューにもこだわりがあり、コーヒーはドリップで一杯づつ丁寧に淹れられます。

何より、込山さんは若い頃から、コーヒーのある音楽を聴いたり本を読んだり、ボーッとしたりする時間自体が好きだったそう。
なので、そういう空間を作って提供したいな、という想いが25年前の「サンドカフェ」のスタートに繋がりました☆

店内にはお客様の会話を邪魔しない、静かなジャズが流れ、ゆっくりとした心地いい時間が流れます。
込山さんはこれを「千倉時間」と呼んでいます。
そんな千倉時間の流れる中で、おじいさんが一人コーヒーを飲みながら新聞を読んだり、ドライブ途中のカップルが寄ったり、色々な方達がそれぞれの時間を楽しんでいます。

「サンドカフェ」という名前もとても素敵ですが、これはカフェを始める前に、写真家の浅井慎平さんの「海岸美術館」をお手伝いした時に、浅井さんがプレゼントしてくださったのだとか!
詩的な響きもあり、足に砂を付けたまま入ってくるようなカフェのイメージにピッタリで、粗野だけど洗練されているこの店名。
「目指しているものを読み取ってくれたんだな」と感じたそう☆

そして、お客様に人気なのが「サザエカレー」。
千倉で獲れるサザエを入れた「サザエカレー」を奥様と思いつき、開店当時から出しています。

試食をさせていただきましたが、肝を裏ごしして混ぜているというだけあり、コクが凄い!
出す前に炒めてルーに乗せてある玉ねぎも良く合います♩
スープは一日、スパイスを入れてもう一日、二日煮込んでいるというだけあり、海の香りが凝縮されています^_^

イラストレーターの安西水丸さんも、このカレーをとても気に入り、今度出る本で紹介する、と言ってくださったそう。

そしてもう一つの味付けは、その景色。
窓から差し込む日差しも含め、その時間その時間の味わいがあります。
込山さんが好きなのは、開店準備をしている時の、朝日の白い光。
その中でコーヒーを飲んでいる時が「最高に贅沢で好きな時間」と込山さん。
夕日もいい具合に入るように、木であつらえたブラインドで調整しています。
みなさんも、ゆったり流れる千倉時間を味わいに、ぜひ足をのばしてみてはいかがでしょうか♩

営業時間: 10:30〜17:00
定休日: 月曜 火曜
(不定休もあるのでHPをご確認ください)

「Sand CAFÉ -サンドカフェ-」のある
南房総 千倉へは、東京湾アクアライン経由、富津館山道路、富浦インターチェンジからどうぞ!
東京、横浜方面の方も、東京湾アクアラインを使えばとても便利です!
ぜひお出かけください( ´∀`)

 

《Sand CAFÉ -サンドカフェ-》
住所:千葉県南房総市千倉町瀬戸2908-1
TEL: 0470-44-5255
HP: https://www.sandcafe.jp/sandcafe/

投稿者 : als|2019年5月19日

2019年5月12日

5/12(日) ドライブソングリスト。

☆本日のドライブソングリスト☆

 

M1  Let’s hear it for the boy  /  Dennis Williams

M2  Philosophize In It! Chemicalize With It!  /  Kishi Bashi

M3  Bubbly  /  Colbie Caillat

M4  Am I The Same Girl  /  Barbara Acklin

M5  Love Never Felt So Good  /  Michael Jackson

投稿者 : als|2019年5月12日

2019年5月12日

5/12(日) 第245弾~fato.


どーもー!
この時期になると、スパイスの効いたカレーが食べたくなる
キエちゃん、こと鈴木希依子です(^○^)

さて、みなさん、薬膳と言ったら、質素で地味なイメージありませんか?
そんな方にはぜひ、この写真を見ていただきたい♡

『Aqualine Stories』ep245でご紹介するのは、
色とりどりの野菜を使用した、色彩豊かなお料理を試してる薬膳ファームレストラン!
長生郡の薬膳ファームレストラン『fato.』です♩

料理を作っている、奥様の相原智子さんにお話を伺いました。
智子さん、艶々肌が印象的です^_^

以前は練馬でfatoさんを7年半をやられていましたが、1年半前に、移動したい気分になった時に、この場所に御縁が!
元々海に入っていたりしたことから、この辺りには馴染みがあり、新たな一歩を考えたタイミングで、友達の繋がりから、この築100年になる古民家に出会いました!

元々飲食をやっていた場所だったので、キッチンが広かったそう。
元の形を生かしつつリノベーション。


広い畳の部屋もレトロな雰囲気の中にモダンなエッセンスが効いています♩

スタイリストさんのお友達が「スワッグの配置のデザインなどをしてくれた」というだけあって、センスの光る店内!

定期的にスワッグなどを変えているそう。
昔の引き戸の板を使用したテーブルも素敵です♩

「身近な友達がカウンターに座って話すような時間が好き」ということで、入り口スペースにはカウンター席も。

こちらも色合いなどが、なんともオシャレ!

長生村の生活自体も、不自由なことは一切感じたことがなく、「自然の中の暮らしが人間らしくて心地よくてハマってしまいました。」
と智子さん。

練馬に居た頃は、プロが作るオーガニック野菜を購入していたそうですが、長生村に来てからは、畑で作って使う喜びを見出しました☆
旬のものは身体にいいので、より効果があるように薬膳で生薬のものをプラスしてお料理を作っています。

「食べてお腹が満足して貰うのも嬉しいけど、出て来たときの目の喜びもあったら嬉しいなと思います。」
と言うお料理は、身体にいいだけでなく、色鮮やか!
動物性の食材を一切使わないで作っていますが、それはあえて謳っていません。
「目で見て楽しんで帰っていただき、帰って次の日に体が軽かったり元気になったりを実感をしてもらって、良かったなと思ってもらったらいいな」
と智子さん。

提供しているメニューは、ご飯、オカズ、スープの「プレート」と「五季節の養生カレー」
今回は、緑の、春のカレーをいただきました^_^

くるみ、オリジナルスパイス、きのこ、大豆、自家製ほうれん草、ヨモギなどをココナッツミルクベースで豆乳で仕上げた、デトックス効果の高いカレーです!
その上に、畑で採れたものや、近くの農家さんが育てた野菜がたっぷり乗っています。

お子さんも楽しめるスパイスの調合ですが、辛いもの好きの方には激辛にも出来るそう。
季節ごとに、年5回ほど、その時期に合う効能にものものに、カレーの種類が変わります。

サラダも自家栽培の野菜などがたっぷり味わえ、自家製のマスタードドレッシングがよく合います。
美味しくて、帰りにドレッシングを買って帰りました♩
お米も淡雪小町の玄米100パーセントでモチモチで美味しい!

季節ごとに行きたいな(^○^)

ヘルシーだけどお腹がいっぱいになると、サーファーの方にも人気です!
これからオリンピックもあるので、ビーガンの方も食べられるカレーということで「どんどん広げて行きたい」そう!
デリバリーしたり、レトルトで販売していきたいということで、レトルトが出たら私も注文したいです☆

 

5月19日 10:00〜17:00に
『FATO BUS FES.』
という様々なジャンルが楽しめるイベントも開催されます!
http://kinoiglu.com/event/?p=4710

 

営業時間:11:00〜15:00
定休日: 木曜、金曜

東京から1時間半ぐらいにもかかわらず、「景色と空気が綺麗で、海が綺麗」というこの場所を楽しみつつ、薬膳野菜料理を楽しみに訪れてみてはいかがでしょうか♩

薬膳ファームレストラン「fato.」さんがある長生村へは、アクアライン経由、圏央道、茂原長南インターチェンジからどうぞ。
東京、横浜方面の方も、東京湾アクアラインを使えばとても便利です!
ぜひお出かけください^_^

 

《fato.》
住所:千葉県長生郡長生村一松丁174
FB:https://m.facebook.com/fatocafe/
Instagram:https://www.instagram.com/fato.cafe/?hl=ja

投稿者 : als|2019年5月12日

2019年5月5日

5/5(日) ドライブソングリスト。

☆本日のドライブソングリスト☆

 

M1  Let’s Groove  /  Earth, Wind & Fire

M2  When Will I See You Again  /  The Three Degrees

M3  You’re Only Lonely  /  J.D. Souther

M4  LIVE A LITTLE  /  Wouter Hamel

M5  Best Of My Love  /  Aswad

投稿者 : als|2019年5月5日

2019年5月5日

5/5(日) 第244弾~WADAPAN


どーもー!
クリームパンが子供の頃から好きな、キエちゃん、こと鈴木希依子です(^○^)
今回ご紹介するのは、南房総、和田町の小麦畑の奥にある可愛いパン屋さん!

店内にある石臼で挽いた小麦で作ったパンが食べられるお店♩
『Aqualine Stories』ep244では
和田町和田浦駅から徒歩5分のところにある『WADAPAN(ワダパン)』にフォーカス!

お話を、オーナーのオガタ ユカさんに伺いました☆

コテージのような建物は、前の方がカフェみたいのをしたいな、と作ったもの。
たまたま南房総に移住して1年くらい経った時に建物との出会いがあり、会った瞬間に決めたそう!
初めて訪れたとは思えないぐらい居心地のいい店内は、「コーヒー1杯3時間」と言われるぐらい、のんびりされる方も多いとか♩

店内に入った瞬間に目をひく石臼は、なんと石臼を見てた時に、ご縁あってお蕎麦屋さんから譲られたもの!
粉を挽いてからのふるいの細かさで調整して作ったパンを、香りに惹かれて購入して帰ったんですが、自然な甘みと芳醇な香りがとても美味しかったです☆


ベースとなる粉は、小麦を全部使うことが出来る、南房総市内の農家さんから分けていただいていて、それを直接お店で挽いているそう。
それによって鮮度の高い粉が出来ます!
石臼だと熱を加えないで挽けるので、「甘みと香りがそのまま残る」というユカさんの言葉も、パンを実際に食べるとその意味がよくわかります^_^
そんな小麦を使ったパンには、近所の方が持ってきてくださった柚子を入れたり、季節を感じられる種類もその時々によってあります。
そのほかにも、海も近いのでヒジキのパンなど、土地からインスピレーションを受けたものも!

パン以外にも、看板には「鯨の竜田揚げ」などのメニューも。
和田町に捕鯨場があるので、場所の特権で、船から直接、新鮮なお肉を仕入れることが出来るとか!!︎

実はユカさんと、私の出身の木更津市とはご縁があり、毎月木更津市で開催されている「ナチュラルバル」にも出店されています。
なかなか和田町に行けないという方も、木更津のナチュラルバルで買えるのを楽しみにされている方も多いそう♩
私も今度、美味しいパンをゲットしに行きたいな( ´∀`)
美味しいパンはもちろん、太陽のようなユカさんの笑顔に元気を貰える気がします!

ワダパンさんの営業時間は、
水木金土:朝〜夕方

「WADAPAN」のある和田町へは東京湾アクアライン経由、君津インターチェンジ、圏央道君津鴨川線からどうぞ!
東京横浜方面の方も、東京湾アクアラインを使えばとても便利です。
ぜひお出かけください(^○^)

 

《WADAPAN》
住所: 千葉県南房総市和田町柴215
TEL: 080-3558-9308
HP: http://wadapan.com
fb: https://m.facebook.com/wadapan215/?locale2=ja_JP

投稿者 : als|2019年5月5日

2019年4月28日

4/28(日) ドライブソングリスト。

☆本日のドライブソングリスト☆

 

M1  kiss on my list  /  Daryl Hall&john oates

M2  Getcha Back  /  The Beach Boys

M3  Every Breath You Take  /  UB40

M4  The Tide Is High  /  Blondie

M5  What’s Going On  /  Iceman

投稿者 : als|2019年4月28日

2019年4月28日

4/28(日) 第243弾~カモガワバウム


どーもー!
バウムクーヘンは、切って角から食べるのが好きな、
キエちゃんこと、鈴木希依子です(^○^)

番組でも、千葉の美味しい卵や、美味しい牛乳の生産者さんをご紹介しましたが!
今回ご紹介するのは、そんなコダワリの素材がふんだんに使用されているバウムクーヘン屋さん!

ということで、
『Aqualine Stories』ep243は、
鴨川の潮騒市場の『カモガワバウム』さんをご紹介します!

お話を、カモガワバウムのカワシマさんに伺いました。

カモガワバウム、略して「カモバ」。
お店に入った瞬間、甘〜い香りに包まれ幸せな気分に☆

マリーナのような雰囲気の、白を基調にした店内は、バウムクーヘンを焼いているところもじっくり見られるレイアウト。
中からは勿論、表の小窓からも見られます!

素材も、千葉県産の卵、そして以前番組でご紹介した近藤牧場さんの牛乳を練りこんで焼き上げている、と聞いたら食べる前からヨダレが出そうです(笑)。

一番人気の、チーズの入ったバウム「カモバチーズ」は、kiriのクリームチーズのみで味付けしているような濃厚な味わい!
生地を少し甘さを控えめにしてあり、周りは少しハード系にしてあります。


そしてプレーンのバウムは、滑らかで程よい柔らかさ!
ミルク感を出し、しっとりした口どけの良いバウムになっています^_^
種類によって生地の配合や焼き方を変えてあるなんて、匠の技!!︎


小腹が空いた時にオカズになるバウムも♩
今はツナコーン!
取材に伺った時はキッシュで、甘くない生地に中の具材がマッチしてとても美味しかったです!

これ以外にも、季節ごとに味付けを変えたバウムクーヘンの販売も!
そして、バウムクーヘンは長い棒で焼くので、でる端っこの切り落としの販売もしています。
またその商品名が可愛いく「ぶちゃいくバウム」。
なんとも愛らしい♡
水曜日に販売で、相当お得な値段設定なのもあり、人気なのだそう!


カフェスペースもあり、イートインでしかやっていないフレンチトースト風、ブリュレ、パフェ風、クリームデコレーションされているバウムなど、色々なメニューが。

今回は、カフェメニューの中から「潜水バウム」を試食させていただいたのですが、カモのお尻がバウムから出ている様なデコレーションでとっても可愛い♩

アイスクリームと生クリームを、しっとり柔らかいバウムに絡めて食べると、口の中に幸せが広がります^ ^

これから、季節の商品も順次作っていくそうなので、季節ごとに色んな味に出会いに行くのも楽しそうです!

営業時間:平日9:30〜18:00
土日祝日 9:30〜19:00

「カモガワバウム」がある、鴨川潮騒市場へは、東京湾アクアライン経由、君津インターチェンジ、県道 君津鴨川線からどうぞ!
東京、横浜方面の方も、東京湾アクアラインを使えばとても便利です。
ぜひお出かけください(^ ^)

 

《カモガワバウム》
住所: 千葉県鴨川市広場777(潮騒市場内)
Tel: 04-7099-2203
HP: http://kamogawabaum.com

投稿者 : als|2019年4月28日

2019年4月21日

4/21(日) ドライブソングリスト。

☆本日のドライブソングリスト☆

 

M1  I’m in The Mood For Dancing  /  Nolans

M2  Follow Me  /  Uncle Kracker

M3  I’M Yours  /  Jason Mraz

M4  さよなら人類  /  たま

M5  雨上がりの夜空に  /  RCサクセション

投稿者 : als|2019年4月21日

2019年4月21日

4/21(日) 第242弾~Art&Music マルシェ2019


どーもー!
頭の中で描いた世界を油絵で表現するのが好きな、
きえちゃんこと、鈴木希依子です(^○^)

周りからは不気味だ、とよく言われるのですか(笑)
さて、
『Aqualine Stories』ep242では
ゴールデンウィークに開催される
千倉『Art&Music マルシェ2019』をご紹介します!

イラストレーターで絵本作家の山口マオさんにお話を伺いました♩

マオさんが描かれる、「マオ猫」や、「わにわに」を目にされたことがある方も多いのではないでしょうか?
二足歩行の猫の絵や、人間味を感じるワニの絵など、とてもキャラクターを感じる長年愛されているイラストは、見ると私もホッコリします( ´∀`)

元々、南房総ご出身のマオさん。
高校を卒業後に一度地元を離れ、大学やイラストのお仕事で東京へ住んでいたことが。
それを経て、改めて南房総の魅力を感じたそう!
海、山、緑、生き物、などが共存し、創作活動のインスピレーションが湧くこの街。
「ストレスのなさ」もそこにはあるとマオさんは言います。
実は南房総には沢山のアーティストの方が住んでいらっしゃるんですが、そういう環境も大きいのかもしれません。
地元出身でリターンされた方もいれば、移住されてきたアーティストの方も!

そんな南房総で毎年開催され人気のイベントがリニューアルされ、今年も行われます♩
アートと音楽にフォーカスし、主催者より依頼した、今までのよりすぐりのアーティストさんや作り手さん、新たにオススメの方が集結!

今回の見どころは、なんと元「たま」の石川浩司さん、滝本晃司さん、そして知久寿焼さんによるライブや、元「RCサクセション」にも参加されていたの梅津和時さん、多田葉子さんのサックス共演なども楽しめます^ ^

「Art&Music マルシェ2019」
2019年4月28日 (日)
10:00〜16:00
会場: 道の駅ちくら潮風王国
(※雨天時などについてはHPをご覧ください。)

開催される「道の駅ちくら潮風王国」へは、
東京湾アクアライン経由、富津館山道路、富浦インターチェンジからどうぞ!
東京湾アクアラインを使えばとても便利です。
ぜひお出かけください(^○^)

そして、7月に金谷美術館で、「南房総アートニューウィーブ」という、
南房総で活躍する12人のアーティストが参加する展覧会が開催される予定とのこと!
そちらもぜひお出かけください♩

 

《Art&Music マルシェ2019》
お問い合わせ先:海猫堂(道の駅ちくら潮風王国内)
住所:千葉県南房総市千倉街千田1051
TEL: 0470-43-1039
HP: https://uminekodo.exblog.jp

投稿者 : als|2019年4月21日