2017年10月22日

10/22(日) ドライブソングリスト。

☆本日のドライブソングリスト☆

 

M1  そばかす  /  JUDY AND MARY

M2  Knee Deep (feat. Jimmy Buffett)  /  ザック・ブラウン・バンド

M3  Soak Up The Sun  /  Sheryl Crow

M4  Every Morning  /  Sugar Ray

M5  Wordplay  /  Jason Mraz

投稿者 : als|2017年10月22日

2017年10月22日

10/22(日) 第164弾~山武市の「ソムリエファーム」

農業が盛んな千葉県!

その中に、土作りからこだわっている農園さんが♩

とにかく、野菜が元気!生命力を感じます!

さらに、摘んだ野菜を使って、ピザ作りの体験も出来るんです(^ ^)

ということで

『Aqualine Stories』ep164は、

山武市(さんむし)の「ソムリエファーム」に、フォーカスします!

詳しいお話を、ソムリエファームの渡邉和代さんに伺いました。

まず最初に堆肥場に案内してくださいました。

「土から元気を」ということでかなりのこだわりが詰まっている堆肥です。

秋に採れたお米のもみ殻、米ぬか、何年も置いてある堆肥を混ぜて発酵させてあるそう。

70-80の温度を保つと発酵が進み、1年に一回は46棟のハウス全体にふるようにしていらっしゃいます。

「元気な野菜を作るために入れる」と渡辺さん。

 

「無農薬ですか?有機ですか?という質問があるがどちらも違う。

だけども、この堆肥を入れることで元気な野菜ができる。

土づくりにこだわって生命力のある、がっちりとした野菜、それがウチの自慢です。」

と素敵な笑顔で語ってくださいました。

 

元気に育った野菜のおかげで、人と人が繋がっていってるそう☆

「道の駅で見かけて、穴があいてるかもしれないけど、生命力を感じて訪ねてきました」

というお客さんもいらっしゃるそう!

食べていて「野菜個々の味がすると」とレストランやお料理研究家からも注文が。

 

ソムリエファームのピザづくりでつく、生野菜のサラダを食べて

「体の中から健康になった気がする」と嬉しいコメントも多いそう♡

(野菜が水々しい!)

 

四季によって色々な野菜の摘み取りも出来ます。

その場所へ行って味見をしてもらいながら野菜の説明。

要望によって摘み取りをし、直に畑で召し上がってもらうことで、野菜嫌いな子も食べれるようになることも!

「食育の場として重宝しています。」とのこと。

実際、私自身、今回の取材を通じて感じることが多かったです( ´ ▽ ` )

 

1年通して、約60品目くらいの野菜を栽培しているそう。

今はゼブラ茄子が旬で、米ナスくらいの大きさで、中の果肉が緻密。

素揚げにして、肉みそやしょうがをのせて麺つゆで食べたりも美味しくてオススメだそう!

ソムリエファームさんで食べたお野菜があまりにも美味しくて、箱買いをしたのですが、

その中に入っていたお茄子で味噌煮を作ったらとても美味しかったです♡

 

ハウスには、スティックセニョールや非結球白菜、スイスチャード、パクチー、わさび菜、サラダ春菊など色々な野菜が!

試食をいくつかさせてもらいましたが、パクチーは、葉っぱがしっかりしていて香りがいい!

サラダ春菊は、芯のところに塩分が!

土自体に海の恵みが入っていて、

「潮風とミネラルが影響してるんじゃないかなと思います。」と渡辺さん。

その土地の土の成分によって野菜の味が変わってくる、というのを感じたのも新体験でした( ´∀`)

 

そして、お楽しみの元気な野菜を使った、ピザづくり体験!

トッピングの材料は、白いトウモロコシ、かぼちゃ、カラフルパプリカ、海っ子ねぎが有名なので長ネギ、アスパラ、じゃがいも、ゼブラ茄子の素揚げ、バジル。

そして、娘さんの手作りソーセージ♩

 

ピザ生地には、子供たちも伸ばしやすいように米粉が30%以上入ってるとか!

 

一生懸命、伸ばして、と。

(ピザ職人風、のつもりが失敗するの巻(笑))

 

そこに野菜をたっぷり♪( ´θ`)

って、欲張って乗せすぎ、お好み焼きみたいになってしまいました(笑)

チーズを乗せたら、いよいよ焼く時間!

渡辺さんのお父様が特製の釜で焼いてくださいます。

ワクワク☆

ピザについてるサラダも、全部ソムリエファームさんで採れた野菜。

娘さん手作りの、ピンクのビーツのドレッシング、そしてバルサミコ酢のドレッシングを出してくださいました♩

シャキッシャキのお野菜に良くあい、モリモリと食べられます(^ ^)

ピザも野菜の味をダイレクトに味わえ、モチモチの生地と野菜の甘さが良く合い美味しい!

ルバーブという美容にいい植物を使ったジャム作りにも挑戦!

「野菜が繋げる輪ということで、子供たちの食育にもつながりますし、うちの野菜たちに会いに来て頂けたら嬉しいと思います。」

と、最後に渡辺さんからメッセージをいただきました☆

 

山武市(さんむし)の「ソムリエファーム」さんへは、東京湾アクアライン経由、圏央道 山武成東インターチェンジからどうぞ!

東京、横浜方面の方も、東京湾アクアラインを使えばとても便利です。

ぜひ、お出かけください(o^^o)

 

 

《ソムリエファーム》

住所: 千葉県山武市小松4036

TEL:  080-9394-7053

HP: https://watanabeyasai.jimdo.com/

投稿者 : als|2017年10月22日

2017年10月15日

10/15(日) ドライブソングリスト。

☆本日のドライブソングリスト☆

 

M1  Love Never Felt So Good  /  Michael Jackson

M2  On My Way  /  Giovanca

M3  Don’t Know Why  /  Yeshemabeth

M4  Philosophize In It! Chemicalize With It!  /  Kishi Bashi

M5  青い車  /  スピッツ

投稿者 : als|2017年10月15日

2017年10月15日

10/15(日) 第163弾~道の駅 富楽里(ふらり) とみやま

道の駅って、美味しいもの&地元の新鮮なものがいっぱいで楽しいですよね♪

今回は、この番組のロケの途中によく立ち寄っている、スタッフさんもよく買い物をしている道の駅の取材に行ってきました^^

ということで、『Aqualine Storiesep163は、

南房総市にある「道の駅 富楽里(ふらり) とみやま」に、フォーカスします!

詳しいお話を、道の駅富楽里とみやまの、駅長をしている杉本さんに伺いました。

海産物から野菜、お花、地元の物をとりそろえているのが特徴。

名前は、公募で募集して決定。

旧・富山町が合併して南房総市になったので、富山の「富」と「楽」しい「里」~ふらりと立ち寄れる、という意味があるそう!

見晴らしがよく、「お客様からは生鮮物に関しては安いと、食事も美味しいよ」と感想をいただいているとか(^∀^)

オススメ品も教えていただきました。

 

まずは、エントランス入ってすぐの「近藤牧場」さん。

牧場の経営で、ホルスタイン、ジャージー、ブラウンスイス、ガンジー4種類の牛の牛乳をブレンドした、低温殺菌ノンホモ牛乳から作ったソフトクリームが人気!

牛乳のフレッシュ感が非常に強いそうなので、次回訪れた際はぜひ買いたいな♪

 

メインはブラウンスイスという可愛い牛で、乳脂肪分も高く、牛乳が加工に向いているので

チーズやお菓子を作るのにも向いてる牛乳とのこと。

南房総市は酪農発祥の地でもあります。

あと、手作りのフレッシュチーズが人気!

そのほかに、モッツァレラやリコッタチーズ、あとはプリンなども。

「クレマカタラーナ」というフローズンデザートもあり、冷凍のフレームブリュレのような商品。

昨年、農林水産大臣賞を受賞し、夏は毎日完売してたとか☆

実際に頂きましたが、半ナマで食べた時の食感がナイスで、味も牛乳自体の濃厚さを感じるコクのある味で美味しかったです。

野菜を求めてくる方も多数。

直売所なので、地元のおじいちゃんおばあちゃんが作るものも並びます。

「大手スーパーと比べると、市場の価格が下がった時に高いと言われるが、

それをしてしまうと農家さん、富楽里で生活して下さっている方もたくさんいるので、価格を1年間通して平均して出していて、値段の上がり下がりはない」

と杉本さん。

14年たっているので、味を良くするためや数量を増やすために勉強していて、

どこにも負けないものを作ってる方が多いとか!

10月は、秋のトマトが出始めるそうなので、この時期立ち寄る方にオススメです。

そして、秋の旬の鮮魚も気になりますよね♪

内房の鯵は美味しく、直売所でも人気!

飲食コーナーのサンガ焼きもよく売れるそう。

そしてサンマのこの時期。

房総はタイミングに当たらないと道の駅でも販売することができないところ、

昨年は漁協の皆さんに対面販売していただくイベントを行ったとか。

「今年も出来ればいいな」と思っているそうなので、ご興味のある方は、ぜひHPでアンテナを張っていただければと思います♪

漁協さんが直売しているからこその面白エピソードがあり、なんと「量が入りすぎてて箱に入らなくて送れない」と言われたそう(笑)

その他に南房総市では、10月からみかん狩りがスタート!

順調に育っていて、今年はみかんはたくさんありそうなのだと。

連絡すれば農園さんの紹介もしていただけます。

今年は10月25日からスタート予定。

大人400円、子供300円、園内30分の食べ放題。

里見八犬伝にちなんで、「伏姫みかん」というブランドの温州ミカン。

「甘さと酸味で味が濃くて、むせることもあるくらい。」だそう。

みかん狩りの際、櫁柑山は斜面なので、ヒールではなく歩きやすいスイーカーなどがオススメだとか。

「道の駅からお客様のお車で移動なので、行く時は一般道で。

有料道路で行く際は、鋸南富山ICで降りて一般道で道の駅にいらしてください。」とのことです。

 

周辺散策のオススメも教えていただきました!

きんりんで富山地域に限定すると、岩井海岸という臨海学校とかで使われる海岸が砂浜が広く長いそう。

また、みかん狩りの山が富山の麓にあり、山登りも出来てこれから人気のスポットだとか。

南総里見八犬伝の舞台にもなったスポットもあるので、思いを巡らせながらまわるのも楽しそうです☆

 

最後に杉本さんにメッセージをいただきました。

「道の駅 富楽里 とみやまは、アクアラインを通って、館山方面に向かってもらえればすぐ寄れる場所となっています。

一般道から入ることもできますし、有料道路に乗ったままハイウェイオアシスに寄ることもできますので、非常にアクセスのよい道の駅となっています。

2階から一般道には降りれないのでご注意いただければ。」

 

「道の駅 富楽里(ふらり) とみやま」へは、東京湾アクアライン経由、富津館山道路、鋸南富山インターチェンジからどうぞ。

東京、横浜方面の方も、東京湾アクアラインを使えばとても便利です。

ぜひ、お出かけください!

(違うタイプのツバメの巣が!こういうのが発見できるのも楽しみの一つです☆)

 

 

《道の駅 富楽里(ふらり) とみやま》

住所:千葉県南房総市二部1900

TEL:0470-57-2601

HP:http://furari.awa.or.jp/

投稿者 : als|2017年10月15日

2017年10月8日

10/8(日) ドライブソングリスト。

☆本日のドライブソングリスト☆

 

M1  Rosanna  /  TOTO

M2  Right Here [Human Nature Remix]  /  SWV

M3  Goldmine  /  Colbie Caillat

M4  ONE DAY with jake shimabukuro  /  Def Tech

M5  Wrapped Up  /  Olly Murs Feat. Travie McCoy

投稿者 : als|2017年10月8日

2017年10月8日

10/8(日) 第162弾~鴨川食フェスタ2017

鴨川では、10月から金目鯛が解禁になったばかり!

来週10/15(日)に、鴨川で開催されるのが、そんな金目鯛をはじめ、

地元の新鮮なもの、おいしいものが集まる「鴨川食フェスタ2017」なんです(^o^)

なんと、バーベキュー設備まで完備されていて、その場で焼いていただける!

という夢のようなお祭りなんですよ♩

ということで、

Aqualine Storiesep162は、

「鴨川食フェスタ2017」に、フォーカスします!

詳しいお話を、「鴨川食フェスタ2017」実行委員長 の渡辺タカヨシさんに伺いました。

鴨川の食をテーマにしたこのイベントでは、

ご当地の店自慢・グルメコーナーが40店舗くらい出店予定。

鴨川には、お米・魚、サザエなどが沢山あるので、「召し上がっていただければ」と渡辺さん。

 

金目鯛が10月から解禁になったばかりなので新鮮で美味しいく、新鮮な金目を使った様々なお料理が並ぶそう♩

人気で商品が売り切れるお店でも!

 

イベント1回目は、鴨川の新たなブランドをキンメで立ち上げようとキンメの無料配布をし、

2回目からは販売もスタートしたとか。

鮮魚の販売もあり、バーベキューセットも用意してあるので、新鮮な魚介類を、その場で自分で焼いて食べるのもいいですね( ^ω^ )

もちろん全て鴨川産です!

 

それ以外にも、秋に採れた枝豆「鴨川七里」や、落花生「おおまさり」なども並びます。

鴨川で採れる長狭米(なざさまい)の試食もあるそうなので、オカズをイベントで買って、ぜひ合わせて食べたいところです(ニヤリ)

 

ちなみに渡辺さんが絶対に食べようと思っているのは、鮮魚を扱っている方が作る「海鮮焼きそば」!

お店じゃ売っていないそう!食べたーい☆

 

食以外にも今年から子供向けに、本当の砂浜での宝探しを実施。

宝の中にクーポン券やら、お子様が喜ぶような宝石が埋まっているそうなので親子で楽しめそうです!

 

イベントでは2000円以上購入の方に、鴨川温泉旅館業共同組合の加盟店で使える、一万円の宿泊券が当たるとか!

福引で10名様にプレゼントしてされます( ^ω^ )

 

開催日:2017年10月15日(日曜日)

時間:10:00~15:00
※雨天決行

イベントに行けない方も、鴨川でやる「鴨川キンメ祭り」は

11月1日〜1月31日曜までやっていて、

今年は50店舗ほどキンメのお料理を提供しているそうなので、

そちらを巡るのも楽しそう☆

金目料理が堪能出来る市内飲食店や宿泊施設、

合計50店舗が掲載はれた“キンメマップが、

10月15日のイベント会場でも配布されるそう。

“キンメマップ”掲載店は、「鴨川キンメ祭り」を目印に!

キンメがはいった黒ののぼりだそうです♩

 

「鴨川食フェスタ2017」が行われる鴨川へは、

東京湾アクアライン経由、館山自動車道 君津インターチェンジで降りて、房総スカイライン、鴨川有料道路からどうぞ。

東京、横浜方面の方も、東京湾アクアラインを使えばとても便利です。

ぜひ、お出かけください( ´θ)

 

《鴨川食フェスタ2017》

メイン会場/鴨川市市民会館まえ (交通/外房線・安房鴨川駅から徒歩約3分 )

鴨川市市民会館 住所: 千葉県鴨川市横渚808-33

URL: http://www.kamotabi.jp/blog/syokufes2017/

《問い合わせ先》

主催: 鴨川食の祭典実行委員会

鴨川市観光課内事務局

電話:04-7093-7837

投稿者 : als|2017年10月8日

2017年10月1日

10/1(日) ドライブソングリスト。

☆本日のドライブソングリスト☆

 

M1  BLOW  /  山下達郎

M2  星のラブレター  /  THE BOOM

M3  Waiting For A Star To Fall  /  Boy Meets Girl

M4  Stars  /  Simply Red

M5  Starships  /  Pentatonix

投稿者 : als|2017年10月1日

2017年10月1日

10/1(日) 第161弾~七夕まち茂原 星のソース

もともと本納ネギが有名な茂原!

その本納ネギを100%使って開発して誕生したソースがある、

ということでインタビューしに茂原へGO!してきました(^ ^)

実は以前、この番組のみんなで取材途中に寄ったラーメン屋で見かけて試したところ、

私・鈴木キエコも気に入り、以前からお話を伺いに行きたい、と思ってたんです♩

甘酸っぱくて さっぱりとした味が、いろんなものに合うと、

今、評判になっているんです!

 

ということで

『Aqualine Stories』ep.161は、

「七夕まち茂原 星のソース」にフォーカスします!

この茂原発の調味料について、

茂原商工会議所 青年部 29年度幹事の向後さんにインタビューさせていただきました。

 

開発のキッカケは、4年ほど前。

地元の特産品の本納のネギを使用したグルメを開発し、PRを行ないたいと思ったこと。

行事やイベントの運営を毎回手伝い、イベントの中で試食販売をし、

改良や発想を変えて今に至るそう。

 

茂原の本納は、昔でいうとネギ御殿というくらい美味しいネギがたくさんあり、

関東各地におろしてきた歴史が。

本納のいたるところで農家さんがネギを作っています。

海の潮風など「茂原の気候がネギに適してるんじゃないか」と向後さん。

 

この2年間、ネギたっぷりスープ、餡にネギを使った肉まん、ネギ団子などなど、

ネギを使っていろんな商品を試作。

イベントで提供して意見をもらったとか。

 

茂原の七夕祭りでからあげを販売した時にネギのソースをかけたところ

「ソースだけ買えるか?」との声をもらい、これいけるかな、となったそう☆

せっかくなので、お話を伺いながらソースを楽しみたいと、

唐揚げ&星のソースを持ち込み、自主的に試食してみました(笑)

 

やっぱり、ネギの甘みとお醤油のかおりがたまりません!

大きなサイズの唐揚げも、星のソースをかけるとコクが増し

ペロリといけちゃいます( ´ ▽ ` )

他にアレンジも自在。

向後さんのオススメの食べ方は、豆腐やサラダにかけたり、炒め物にソースを入れたり。

「しょうゆベースでネギを絡めて、小さなお子様からお年寄りまで、

どなたでも美味しく味わってもらえるよう作った商品」なのだそう。

ちなみに私は、お肉を炒める際に、つけて焼いたら、バツグンでした♩

この可愛いネーミングは、商品の顔なので決めるのに苦労されたとか。

「地域をもっと活性化し、内外に茂原の良さを伝えたい」というコンセプト。

茂原と言えば七夕祭り。

何かそれにちなんだネーミングを、と女性会員の方の案で

「七夕と言えば天の川のイメージ」で「星のソース」になったとか!

市民の方には慣れ親しみやすく、市外の方には七夕祭りのPRができる。

七夕の街・茂原にピッタリの名前になりました。

 

1年前の茂原七夕祭りの初日に発売スタート!

現在は、千葉県の優良県産品の認定、茂原市のふるさと納税の返礼品にもなっています。

行政、企業の方にも応援をいただき、商品の開発のアドバイスやPRを行なってくださるなど、周りの方々の様々応援があるそう。

 

今後の目標は、市内のどの家庭の冷蔵庫の中にも常に置いてあるような、日常の中に当たり前にある商品。

「茂原市民の定番商品になってほしい」と向後さんはおっしゃいます。

宣伝も大切、と、いろんな角度から一人でも多くのお客様に知ってもらえるよう、

茂原商工会議所、道の駅・ながら、本納ネギ・ねぎぼうず、農園工房ふたば、

他はメンバーさんの中の飲食店で販売をしています。

 

中身を詳しく知りたい方は、茂原商工会議所のfacebookで確認できるようになっています。

(ブログの最後にリンクを貼っておきます!)

 

茂原と言えば、関東三大七夕まつりということで、年間80万人以上来場されるというイベントが。

「その中に参加していただいて、なおかつ、この星のソースを買っていただき、家庭で1度で良いので食べていただいて、これからも地域の発展のために、私たち茂原商工会議所青年部、頑張っていきます。

今後とも宜しくお願いいたします」

とのメッセージをいただきました。

 

「星のソース」が話題のまち、茂原へは、東京湾アクアライン経由、圏央道 茂原長南インターチェンジからどうぞ。

東京、横浜方面の方も、東京湾アクアラインを使えばとても便利です。

ぜひ、お出かけください(o^^o)

 

《星のソース》

facebook: https://m.facebook.com/hoshinosause/?locale2=ja_JP

 

投稿者 : als|2017年10月1日

2017年9月24日

9/24(日) ドライブソングリスト。

☆本日のドライブソングリスト☆

 

M1  HAVE A NICE DAY!  /  StereoPHONICS

M2  Always With Me  /  Meja

M3  Bing Bang  /  大橋トリオ

M4  So Much In Love  /  Timothy B. Schmit

M5  The Lazy Song  /  Bruno Mars

投稿者 : als|2017年9月24日

2017年9月24日

9/24(日) 第160弾~ブロワ珈琲焙煎所

最近、エアロプレスでコーヒーを淹れることにハマっている、きえちゃんこと鈴木希依子です!

そんなコーヒー好きの私、館山に美味しいコーヒー焙煎所があると聞きつけ、これまたコーヒー好きのAqualine Storiesのチームで取材に伺ってきました(^○^)

 

オーナーが、もともとサーフィンが好きで、都内から千葉に通っていて、そんなご縁で館山に移住して、大好きだったコーヒーの焙煎をはじめた!という場所なのです♩

ということで、ep160は

館山の「ブロワ珈琲焙煎所」にフォーカスします!

ってか、この番組160回も出来てるなんて、嬉しすぎる(o^^o)

という話は置いといて、入った瞬間、感動したことが☆

好みの豆が選べるように、コーヒー豆の入った大きな瓶が10個ぐらい並んでいるのですが、左から右に向かって淡い色から濃い色にグラデーションになっているのです!

色々興味津々で、オーナーの西村さんに詳しいお話を伺いました。

焙煎度合いによって、時間にすると微妙な違いで、煎り分けをしているそう。

これだけズラッと豆が並んでいるのを見る機会もなかなかないので、

「見て香って楽しんでもらうのもうちのお店の楽しみ方かなと思います。」と西村さん。

目で感じる焙煎の深み、というのを今回体験しました。

味も三種類試させていただきましたが、それぞれ特徴の違いを感じられ楽しい♪

そして、店内は味わいのある雰囲気が落ち着きます。

西村さんは古いものが好きで、時代を感じさせるものが置いてあり、オープンして2年ですが、時間が経っているような雰囲気が出ています。

店名にも使われている「ブロワ」という機械の古いタイプも、

インテリアとして置いてあります。

 

 

ブロワは焙煎機には必ず必要な装置で、焙煎でコーヒー豆を火で煎る際に、火力はもちろん煙や排気を排出してくれ、どれくらい空気の流れを作るかによって味が変わるのだとか。

空気の流れが大事なので、店名にしていて、

「館山の空気を吸い込んで、世の中に珈琲の風を送り出したい」

という思いも込めて店名にされました。

置いてあるブロワは、形が生き物みたいなのが気に入って、お店のロゴや看板代わりに飾ってあるとか。

 

館山へは、お店の準備含めて2年半くらい前に東京から移住。

都内で会社員として働いている時に、週末だけサーフィンで来て好きになり、移住したいと思うように。

昔から、カフェや珈琲の仕事をしたいという夢をもっていた西村さん。

東京と館山は、アクアラインを利用した際のアクセスの良さが、ビジネスをする上で良い立地だなと思い、「これほどいい人生ないんじゃないかな」と決意!

「完全に準備してたら、いつまでたっても出来ないと気付いて、ちょうど42歳の時、人生半分で思い切ってやるしかないな」と

その時にできることを、精いっぱいやってお店を形にされました。

「やりだしたら突き進むしかない」と少年のように語ってくださいました(^ ^)

 

昔から古いもの、特に車とかが好きで、それを直すのに溶接するのが趣味だったそう。

館山にサーフィンに来た時に、ちょっとしたきっかけでコーヒーの焙煎を始めた西村さん。

手網から始め、どんどんちゃんとした焙煎機を作りたいなと思い始めたとか。

改良し、自分のイメージする味に近づけるには苦労もあったそうですが、好きなので夜も寝られないぐらい、焙煎のことばかり考え、完成させたそう!

西村さんが考える焙煎とは、豆の元々持っている味はもちろん、同じ豆でも焙煎するやり方や人間によっても変わるので、どういう味にしたいかにより、それを狙って焙煎しています。

 

「この豆はこの焙煎具合がベストだ!みたいなのを設定して提供している」のだとか。

焙煎している人間の意志を豆に表現している、と言います。

「豆の個性をしっかり出しながら、日常的に飲んで疲れない。」

適度に尖って適度に飲みやすくリラックス出来るよう、どの豆に関してもマイルドな味わいを追求されています。

“焙煎に答えはない”と言われていて、

「これで満足したらだめだなと常に思いながら、お客さんの反応を見ながらよりよくしていく、それが焙煎だと思う」とおっしゃっていました。

 

最初は、インターネットとか書籍とか出ているものは出来るだけ研究し、一通り頭に入れた上で、実践あるのみだったとか。

子供のころから珈琲が好きで、自分の舌に焼きついた味があり、その味に近づけるためにどう焙煎するかを研究。

「私の場合は焙煎機をつくることができたので、理想の味に近づけるように焙煎機を改良して、いかに使いこなすか。」を考えているそう。

 

そして、美味しい珈琲は入れたてから温度変化とともに味も変わっていくので、冷めてくると甘みが出てきたりするとか。

それに寄り添う奥様も素敵で、美味しいパンメニューや、お店の中の工房で作るお菓子を提供されていて、珈琲との相性も抜群です!

西村さんにとって、これからの夢を教えていただきました。

「商売としてきっちり発展していくこと。

館山で珈琲をやろうと思ったきっかけの一つに、館山で飲む珈琲がこんなにおいしいのかと。

珈琲っていうのは雰囲気、飲む環境で味も美味しくなったりと変わってくるものだと思うので、

館山で飲んだ1杯の珈琲がすごくおいしかったんです。

館山でより多くの人に美味しい珈琲を毎日飲んでもらえるように広げていきたいなと思ってます」と。

できたらカフェとして、今の焙煎所以外にもう1店舗出したいのだそう。

ゆっくり館山の良さを味わいながら珈琲を味わっていただける空間を作りたいと思っているとか!

珈琲とは、「日常生活になくてはならないかけがえのない存在」と西村さん。

実は、デカフェでも香り高い珈琲豆を探していたのでインタビュー後に購入したのですが、西村さんの珈琲豆が、私の朝の日常にふっと寄り添ってくれています♩

「館山のブロワ珈琲焙煎所」へは、東京湾アクアライン経由、館山道路 富浦インターチェンジからどうぞ。

東京、横浜方面の方も、東京湾アクアラインを使えばとても便利です。

ぜひ、お出かけください☆

 

 

《ブロワ珈琲焙煎所》

住所:千葉県館山市宮城78-3

TEL: 0470-22-5300

HP: http://www.blowercoffee.com/pg123.html

FB: https://m.facebook.com/blowercoffee/?locale2=ja_JP

 

投稿者 : als|2017年9月24日

1 / 3412345...102030...最後 »