2017年5月21日

5/21(日) ドライブソングリスト。

☆本日のドライブソングリスト☆

 

M1  フォーエバー  /  D.W.ニコルズ

M2  Our Day Will Come  /  Amy Winehouse

M3  Vorrei ma non posto  /  J-AX & Fedez

M4  Demise  /  Wouter Hamel

M5  Miss Chatelaine  /  k.d. lang

投稿者 : als|2017年5月21日

2017年5月21日

5/21(日) 第142弾~館山の海山レストラン Buono!

みなさま、先週の「そら豆」の回

覚えていらっしゃいますか?

その中でお話に出た、安西農園さんのそら豆が食べられるレストラン!

なんと、日本を代表するイタリアンシェフ、萩原雅彦さん監修の、海の幸 山の幸を味わえるレストランでもあるんです^ ^

ということで、

『Aqualine Stories』ep142は

館山の「海山レストラン Buono!」にフォーカスします!

 

館山のスポーツ&アクティビティホテル

「ファミリーオ館山」の中にあるということで

GO!

 

海が目の前!の、素晴らしいロケーション♩

詳しいお話を、料理長の安藤さんに伺いました。

コンセプトは、名前にあるように、海と山、海産物と野菜やお肉。

そういった素材を活かした、地産地消、地元のものを使ってイタリアンを提供されているとか。

館山というと「海の幸」なイメージですが、

「野菜も美味しい」と安藤さん。

イタリア野菜の栽培も盛んで、美味しい野菜が作られているそう(^○^)

先週フォーカスした「安西農園」さんもその1つです。

 

メニューを見せていただきましたが、海と山がバランス良く揃っています。

お店のオススメは、金目鯛のアクアパッツァ!

金目鯛を贅沢に一匹使って料理してあり豪華☆

パスタも色々種類が。

伊勢海老のトマトソーススパゲッティは、数量限定で、伊勢海老をまるまる一本使ってあるとか♩

スープパスタも!魚介のエキスをとってパスタを作っていて、こちらもオススメだそう!

 

今回は、安西農園さんのそら豆を使ったパスタをいただきました(o^^o)

そら豆、ミニトマト、ペコリーノ、そしてロマーノというチーズを使ったパスタ!

生でも食べられるそら豆「ファーベ」。

この時期だけしか収穫できないものなので、まさに今が旬!

運ばれてくると同時に、すっごく美味しそうな香りが♡

ペペロンチーノをベースに、チーズで濃厚さがプラスされていて、ブラックペッパーが味のいいアクセントに^ ^

火が通ったファーベは、甘みが増して、トマトと相性抜群!

 

もう一品、おつまみにも最適な

ペコリーノ・ロマーネという、イタリア・ローマにあるチーズをそら豆にかけて、軽く焼いてこんがりとチーズを焦がし、ブラックペッパーと一緒に食べる一品。

新鮮だから出来る半生焼きで、そら豆のみずみずしさとチーズがバッチリ合います♩

「ファーベには様々な面白さがあるんだなと知って試している最中」だそう。

自信を持って提供されています。

 

6月から外のテラススペースで、イタリアンBBQも!

目の前の海を眺めながら、海のものと山のもの、野菜を焼きながらのBBQなんて気持ち良さそう♩

締めにはパスタやカレーも!

事前予約があった方がいいそうですが、とりあえず一旦ご連絡いただけたら、とのことです(^ ^)

 

「“海山レストラン Buono!”、海をとてもよく感じられる、良い場所だと思ってます。

息抜きというところで、海を眺めながら美味しい御飯を、パスタ、イタリアンを食べにきてください。」

とのメッセージを安藤さんから、いただきました☆

 

ホテルファミリーオ館山内にある

「海山レストラン Buono!」さんへは、

富津館山道路、富浦インターチェンジからどうぞ!

東京、横浜方面の方も、東京湾アクアラインを使えば、とても便利です。

ぜひお出かけください( ◠‿◠ )

 

 

《海山レストラン Buono!》

住所:千葉県館山市大賀81-17

tel: 0470-22-8861

HP: http://www.familio-tateyama.com/restaurant/

 

 

 

投稿者 : als|2017年5月21日

2017年5月14日

5/14(日) ドライブソングリスト。

☆本日のドライブソングリスト☆

 

M1  Mamma Mia  /  ABBA

M2  Have You Never Been Mellow  /  Olivia Newton-John

M3  Am I The Same Girl  /  Barbara Acklin

M4  イタリアンレストランで  /  BILLY JOEL

M5  Wannabe  /  Spice Girls

投稿者 : als|2017年5月14日

2017年5月14日

5/14(日) 第141弾~館山の安西農園

(私事ですが、披露宴をしたので今週はその写真など)

 

今が旬のそら豆!

なんと生で食べられるそら豆など、

美味しい野菜の収穫体験が出来る場所が

館山にあるんです(o^^o)

ということで、

『Aqualine Stories』ep141は

「館山の安西農園」さんにフォーカスします!

詳しいお話を、館山市の藤原で、観光・通常出荷の農業を営んでいる、安西農園の安西淳さんに伺ってきました。

直売、通販、収穫体験をしている安西農園では、年間30種類以上の野菜を育てています。

メインは、そら豆、とうもろこし、冬はレタス、春の食用菜花の収穫体験などが出来ます。

 

5〜6代目になるという安西さん。

元々は他業種を行なっていたそう。

食べてもらって、収穫の喜びを知ってもらった方がお客様と近づけ、自分のやりたい方面だと思ったとか!

今が旬のそら豆。

この辺りは「房州そら豆」が有名だそう。

市場で出回っているものより少し小ぶりたけど、品種改良されたものが館山で収穫されています。

砂地で栽培され、余計な水分が入らないので、コクのある甘いそら豆が出来ます。

「房ごと炭火焼きをすると中がホクホクして美味しい」そう!

 

安西農園では、二種類のそら豆を作ってらっしゃいます。

通常が「打越緑」という一寸そら豆で、こちらは緑色の濃いそら豆で甘さが強いもの。

もう一種類は、日本でとっても珍しいイタリア産のそら豆「ファーベ」。

長さがなんと30センチくらいで、小ぶりのお豆が7粒ぐらい入っています!

イタリアの方はこれを生で食べるそう(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

自分でサヤを剥いて、青臭さを消すために濃厚なチーズに挟んで食べ、赤ワインで流し込みとか!

何もつけないで、試食させていただきました♩

 

おーっ

皮が柔らかい!

 

そして、想像していた青臭さは感じず、

通常のそら豆よりあっさり。

最後にそら豆の香りが鼻をフワリと抜けていきます☆

生で食べるということは、凄い栄養だそうなので、美味しい+健康にも嬉しい♡

こちらの「ファーベ」は、「打越緑」より、少し早めの時期の収穫です。

 

安西の「ファーベ」を美味しく食べられるオススメのお店を、こっそり当番組『Aqualine Stories』のリスナーのみなさんに教えていただきました^ ^

それは美味しいパスタを提供している「海山レストラン ボーノ!」

美味しいそら豆のパスタが評判だとか!

 

むむむ

そら豆の時期は短いので

これは近日中に行かねば( ´ ▽ ` )

 

そら豆の時期が終わると、次は、生で食べられる糖度の高いトウモロコシの収穫体験の時期に!

こちらも2種類あります。

1つは「味来」。

平均糖度が17度。

なんと、メロンよりちょっと甘いぐらいだそう♩

もう1つは「ピュアホワイト」。

糖度が更に高く19度と言うから驚きです(^○^)

畑でもいで、そのまま食べられるそう!

収穫する時間がない方も、直売所で買えます。

 

直売所のネーミングになんだかホッコリ。

百笑う農園で「百笑園(ひゃくしょうえん)」さんです☆

「ぜひ、美味しい野菜を食べて皆んな微笑んで笑ってください、という願いがこもっています。」

と安西さん( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

 

館山の安西農園さん、そして直売所「百笑園」さんへは、富津館山道、富浦インターチェンジからどうぞ!

東京横浜方面の方も、東京湾アクアラインを使えば、とても便利です。

ぜひお出かけください!

 

《安西農園》

住所: 千葉県館山市藤原864

tel: 09081197032

URL: http://www.x84.jp/producer/producer.php?id=035

 

《百笑園》

住所: 千葉県館山市藤原837

tel: 0470283200

URL: http://tateyamanoto.net/archives/163

投稿者 : als|2017年5月14日

2017年5月7日

5/7(日) ドライブソングリスト。

☆本日のドライブソングリスト☆

 

M1  JADED  /  Aerosmith

M2  Private Eyes  /  Farfesta

M3  スウィート・ソウル・レヴュー  /  Pizzicato Five

M4  Rainbow  /  Meja

投稿者 : als|2017年5月7日

2017年5月7日

5/7(日) 第140弾~せんねんの木 factory&cafe

私・鈴木希依子も大好きな

「バームクーヘン専門店のカフェ」が木更津に!

市原に本店を持つお店なんですが、

農林水産大臣賞を受賞したプレミアムエッグを使用した、

スペシャルなバームクーヘンを提供しています( ´∀`)

 

ということで

『Aqualine Stories』ep140は、

木更津の祇園駅の斜め前にある

「せんねんの木 factory&cafe」に

フォーカスします♩

詳しいお話を、「せんねんの木」オーナーの

曽根晃さんに伺ってきました。

 

バームクーヘン専門店を始めたキッカケはなんですか?

「初めてからちょうど6年経ちました。

キッカケは、もともと和菓子屋をやっていたんですが、小っちゃな頃からバームクーヘンが好きで、いつかお菓子の方に携わることが出来たらやりたいな、と思っていました。」

それが、たまたまバームクーヘンの機械を目にした時に衝撃を感じ、すぐに機械を購入し、お饅頭屋さんからバームクーヘン屋さんに転身したそう^ ^

皆さんがバームクーヘンを買い求めて来てくれることにやり甲斐を感じ、どんどん美味しいものを作ろうと、意欲も増していているとか!

 

今ではすっかり木更津の人気店の「せんねんの木」さん。

味の決め手は、卵!

農林水産大臣賞を受賞した、地元の有名な卵を使用。

濃厚でふっくら焼いているそう♩

「卵はバームクーヘンの命とも言えると思います。」

と曽根さん(^○^)

 

「せんねんの木」さんは3店舗ありますが、

「せんねんの木 factory&cafe祇園店」さんの特色は、バームクーヘンを実際に焼いているところを見られること!

そこに食べられるカフェを併設。

内装も、バームクーヘンが、木の年輪のお菓子という意味なので、木がいっぱい使用されています♩

「お客様と、せんねんの木が、いつまでも輪のように繋がっていられるように」

との意味を込めて「ワウムクーヘン」と名付けられています( ^ω^ )

 

そしてメニューも盛り沢山☆

開業当時は、卵をメインとしたバウムクーヘンのみだったのが、曽根さん自身が食いしん坊だそうで、

「バウムクーヘンとケーキが合体したら美味しそうだな」

とのイメージから、パティシエの方に無理を言って“バウムケーキ”を開発!!

独自のバウムケーキは、見た目も華やかで美味しそう( ^∀^)

 

祇園店カフェ、限定メニューも。

“フレンチバームクーヘン”というオリジナルの商品!

バームクーヘンを特製のシロップに漬け込み、フレンチトーストのように焼き上げてから、沢山の生クリームを乗せた特製のバームクーヘン♩

こっ

これは食べたい♡

ということで、来ましたー!!!

すっ

凄い!

生クリームの高さが15㎝ぐらいあります(笑)

そして中にはアイスクリームが(^ ^)

生クリームが、フワッフワで軽いので

ボリュームは凄いですが

ペロリと食べられます♩

 

続いては、今の時期限定の“とろなま宇治抹茶”

宇治抹茶をふんだんに、国産マスカルポーネを練り込んであります!

上に乗ったパリパリのチョコレートが

下のトロ生になっている抹茶の部分と相性バツグン(o^^o)

今月限定なので、いましか食べられません!

最後に曽根さんの夢を伺いました。

「地元木更津、千葉県をどんどん盛り上げていきたいです!

僕自身特別な力は持ってないので、スタッフと一緒に、千葉県を代表するようなスイーツを作って、

全国各地からこの木更津の町にたくさんの方が来ていただけるような、お店作りをしていきたいと考えています。」

 

素敵ですね(*^o^*)

 

「せんねんの木 factory&cafe祇園店」さんへは、

東京湾アクアライン経由、袖ヶ浦インターチェンジから、およそ12分です。

東京、横浜方面の方も、東京湾アクアラインを使って、ぜひお出かけください!

 

 

《せんねんの木 factory&cafe祇園店》

住所:千葉県木更津市永井作1-11-11(JR久留里線 祇園駅前)

TEL:0438-38-6030

URL: http://www.sennennoki.com/shops/cafe-menu/

 

 

 

投稿者 : als|2017年5月7日

2017年4月30日

4/30(日) ドライブソングリスト。

☆本日のドライブソングリスト☆

 

M1  Saturday In The Park  /  CHICAGO

M2  The Ballad Of Mr. Steak  /  Kishi Bashi

M3  Here and Now  /  Kan Sano Feat. Monday Michiru

M4  Piano Man  /  Billy Joel

M5  Why Not?  /  Fantastic Plastic Machine

投稿者 : als|2017年4月30日

2017年4月30日

4/30(日) 第139弾~ホキ美術館

みなさん、千葉県に、まるで写真と見間違えるような写実絵画が専門にコレクションされている、世界的にも珍しい美術館があるのをご存知ですか?

しかも、美術館に併設されているレストランは、あの料理の巨匠、片岡護シェフのプロデュース!

 

ということで、

『Aqualine Stories』ep139は

千葉市緑区にある「ホキ美術館」にフォーカスします♩

詳しいお話しを、ホキ美術館の高橋さんに伺いました!

 

非常に特色のあるホキ美術館、初めて訪れた方は写実絵画の凄さにビックリされるそう。

「写真と人間が書いたものを見極めていただれば」と高橋さん。

 

それぞれの作品が長い時間をかけて描かれているとか。

どれも目の前にした時の精巧さが素晴らしい!

2010年11月3日にオープンしたという、ホキ美術館。

日本全国からはもちろん、アジア、ヨーロッパの方も来られるそう。

今は日本全国で巡回展を行なっていますが、将来的には海外にも作品を貸し出す計画が進んでいるそうなので、その注目度の高さが伺えます(o^^o)

 

展示物と同時に、ついた時から気になっていたのが、そのこだわりのある建物自体。

(HPよりお写真お借りしました)

 

建築の賞もいくつか受賞。

建築を学んでいる学生さんも良く来るそう。

建築+美術館の作品を紹介する、建物セミナーというイベントも年に数回開催。

毎回満席の盛況だそう。

そして作品の展示は壁に直接取り付け、作品をスッキリ見せています。

天井の照明はLED照明で、美術館としては非常に珍しく、最初は画家の方の協力や理解が必要だったとか!

 

外からのデザインも特徴的で、一番最初のギャラリーの先端、約30メートルが宙に浮いている構造で床の下に柱がない構造。

みなさんビックリされるそう(^○^)

 

素材も従来は建築に使われないような素材を使用。

例えば床。とても柔らかい構造で、ゴルフ場で使われているゴムチップを使っているとか。

足腰の負担を軽減し、音の反響が抑えられます。

 

ホキ美術館の誕生のキッカケが気になります。

「ここのオーナーが保木将夫というもの。

元々は色々な絵が好きでジャンルを問わず集めて鑑賞していたが、ある時、この美術館を代表する画家、森本草介さんの作品に出会った。

感銘を受けて、写実絵画に傾倒していきました。」

自宅で絵画を見せていたところ評判となり、美術館を作って公開しようと、ホキ美術館が誕生したそう☆

 

私が素晴らしいと思ったのが、写実絵画を沢山の方に見ていただくと同時に、若手の画家の発掘、育成、啓蒙活動にも力を入れられているところ。

ちょうど「ホキ美術館大賞」が開かれていて、40歳以下のアマチュアの優秀作品を展示しています。

こちらは3年に一回開かれています。

 

従来、40歳以下という年齢制限を設けていたのを、40歳以上の方もエントリーいただき、次回は2つの一般公募展を企画されているそう!

「第1回ホキ美術館プラチナ大賞」という40歳以上の方のエントリーを受け付ける公募が始まるそうなので、ご興味ある方は、詳しくはHPをご覧ください♩

(URLをブログの最後に貼り付けておきます)

 

今開催されている「ホキ美術館大賞」は5月中旬まで、それ以降は、新しい企画を近々HPでアナウンスを予定しているとか(^ ^)

 

そして気になるお洒落なレストラン!

本格的なイタリアンレストランとカフェテリアが併設されています。

レストランはコース料理やランチ、ディナーを提供。

カフェは軽食喫茶。

簡単な食事や、千葉名産の食べ物やお茶などを提供しています。

(HPよりお写真お借りしました)

両方とも家具やイスに凝っていて、そういう観点からも楽しめます♩

 

「美術館というと「敷居が高くてどういう絵だったかよくわからない、楽しめなかった」という場合があるけど、ホキ美術館は全くそういう心配がありません。」と高橋さん。

観たら納得の、日本人ならではの感性で描かれた緻密な絵画を見て楽しんでいただきたいそう^ ^

 

「ギャラリーは9つ。常に150点前後を展示。

ぜひ2〜3時間かけてゆっくりしてください。」

とメッセージをいただきました☆

千葉市の昭和の森公園に隣接しているので、この時期お散歩がてら訪れるのも良さそうです!

 

千葉市緑区の「ホキ美術館」へは、

圏央道 茂原インターチェンジから、およそ8分。

東京、横浜方面の方も、東京湾アクアラインをご利用いただくと、とても便利です。

ぜひお出かけください( ´∀`)

 

 

《ホキ美術館》

住所: 千葉県千葉市緑区あすみが丘東3-15

tel: 043-205-1500

URL: https://www.hoki-museum.jp/

投稿者 : als|2017年4月30日

2017年4月23日

4/23(日) ドライブソングリスト。

☆本日のドライブソングリスト☆

 

M1  Volare  /  Captain Jack

M2  Soak Up The Sun  /  Sheryl Crow

M3  J’ai Pas Envie  /  Mika

M4  The Lazy Song  /  Bruno Mars

M5  wrapped Up Feat Travie Mccoy  /  OLLY MURS

投稿者 : als|2017年4月23日

2017年4月23日

4/23(日) 第138弾~昭和の森フォレストビレッジ

千葉は、アウトドアに絶好のお天気です♡

 

『Aqualine Stories』ep138は、

BBQ、キャンプ、フットサルが楽しめる

「昭和の森フォレストビレッジ」にフォーカスします!

千葉市の昭和の森にあった旧ユースホテルが、

2014年にリニューアルした施設。

緑に囲まれて、気持ちのいい環境の中にあります♩

 

詳しいお話を、昭和の森フォレストビレッジの奥田さんに伺いました。

「主に合宿、キャンプ場、日帰りのバーベキュー、ヨガのスタジオの運営、カフェの運営をしています。」

学生から大人まで、様々なお客様が利用しているのだとか。

 

入った時に、元気な子供達にも会いました!

「4月からフットサルコートが3面オープンし、ナイター設備も。

大人のお客様もいらっしゃいます。」

それにしても、内装も、とてもお洒落で、私が学生のころ行った施設と全然違います(笑)

デザインにはこだわっていて、「合宿なのにこのクオリティ」というのを目指しているそうです。

ご飯を食べるスペースも、食堂よりもカフェテリアという言葉がピッタリ。

 

入り口のスペースも、ヴィンテージのデザインで揃えていて、中は開放的な空間が。

入ってすぐのところにある大きな窓からは、緑の景色が楽しめるようになっています。

そのラウンドスペースでカフェの営業もしているそう☆

そして、とにかく敷地が広い!

 

オートサイドで言っても35サイト。

人数で言うと500〜600人は夏場通して入れるとか。

ロッジの宿泊も含めるとかなりの人数だそう。

 

ユースホテルの時と同じものをつかっている空間もまだあるけど、畳を気持ちよく使える部屋になっていて、修学旅行の部屋になっているとか。

楽しみながら仲間との距離が縮まる空間、いいですね!

 

気になるBBQスペースは、午前10:00〜夕方まで使え、レンタル品の取り揃えもあるとのこと!

事前の予約で食材の用意もあり、アルコール類の持ち込みも出来て、楽チンで大人同士でも十分に楽しめます。

日帰りも可能なので気軽に出かけることができます。

そして、都心からのアクセスも1時間と便利なんです♩

 

野鳥の観察倶楽部も活動しているぐらい自然の動物も多く、森の中でキャンプファイヤーも楽しめるそう(^○^)

 

BBQ以外にも、オートサイトキャンプの用意もあり、

車でそのまま入って、宿泊型のキャンプが楽しめ、

泊まりたい方も、日帰りしたい方も、どちらものニーズにもナイスです!

 

そして伺う前からHPをチェックして気になっていたのが、カフェ!

日替わりで、五組のカフェのオーナーさんが、それぞれのコンセプトを持って、自然食にこだわった食事を提供してくれます。

「地元の方に楽しんでいただきたい、との想いから、地元のオーナーを中心に、マクロビ料理を森の中で楽しんでいただけるようにチャレンジしています。」とのこと♩

中には地元の農家さんで、ご自身で作ったお野菜を使っているオーナーさんもいらっしゃるとか。

 

11:30〜ラストオーダーが15:00

入り口を入ってすぐのラウンジスペースで営業。

正面がガラス張りで吹き抜けになっている、光が見え差し込む緑が見える空間での健康的なランチ、いいですね(o^^o)

 

最後に奥田さんにメッセージをいただきました。

「暖かくなってくる季節に、沢山楽しめるコンテンツの詰まった昭和の森フォレストビレッジです。

カフェの運営スケジュールに関しましては、Facebookで毎月更新をしていますので、そちらをご確認ください。

様々な楽しみ方が出来るので、ぜひお問い合わせいただいて、皆様のご来場をお待ちしております。」

 

千葉市の昭和の森フォレストビレッジへは、圏央道、茂原インターチェンジから、およそ8分です。

東京・横浜方面の方も、東京湾アクアラインをご利用いただくと、とても便利です。

ぜひ、お出かけください(^ ^)

 

《昭和の森フォレストビレッジ》

住所:千葉県千葉市緑区小食土町955

tel: 043-226-5801(合宿のお客様/9:00〜17:30受付)

043-294-1850(キャンプ場・BBQについて/9:00〜17:30受付)

HP: http://forestvillage.jp/

 

投稿者 : als|2017年4月23日

1 / 2912345...1020...最後 »