blogトップ

2015年8月16日

8/16(日) 第50弾~九十九里の手作りガラス工房“菅原工芸ガラス”

1

残暑厳しいですが

みなさま体調は大丈夫ですか?

 

 

『Aqualine Stories』ep50は

清涼感のあるガラス食器作り体験が出来る

「九十九里の手作りガラス工房」を

訪ねてみました( ´ ▽ ` )ノ

 

 

伺ってきたのは“菅原工芸ガラス”さん!

 

 

ニューヨーク近代美術館にも製品を並べる

世界でも注目されている工芸さんです。

2

まずは、広報の菅原加代子さんに

カフェでインタビューをさせていただきました☆

 

 

インタビューの際に出していただいた

お水の入ったグラスが素敵でまず話題に!

3

「工房で作られているグラスやガラス食器を

使って提供しています。」

とのこと。

 

 

ファクトリーショップが併設されているので

お気に入りのものがあったら在庫があれば

すぐ購入できます♩

 

 

4000種類あるそうで、かなりの品揃えです(^ ^)

 

 

カフェのトアノブも可愛くて

惹かれるポイントが工房のいたるところに

あります!

4

ガラス食器なので清涼感がありつつも

手作りのぬくもりを感じる菅原さんのガラス。

 

 

特徴はなんでしょうか?

「特徴は全て職人の手作りであるということ。

暑い現場の中、

ガラスでいいものを作ろうという思いで

職人さんは生産しているので

皆さんの生活の中で楽しんで使って

いただきたいです。」

 

 

職人さんの手作りなので

息の吹き込具合や厚み

ガラの出方が少しずつ違うそう。

 

 

自分のお気に入りの一品を見つけたら

日々の生活を気持ちよく彩ってくれそうです。

 

 

工房自体も全体が白基調のオシャレ感があり

カフェもセンスがよく

尋ねるだけでもリフレッシュできる空間ですo(^▽^)o

10

菅原工芸ガラスさんでは

体験も出来るとのことなので

チャレンジしてきました!

 

 

色々な形と色から好みのものをセレクトし、

いざ( ̄^ ̄)ゞ

6

7

おーっ

工場内に入ると凄い熱気です!

 

 

ガラスは1400度の世界ということで

工房内はそれも体感できます☆

8

そして、職人さん達の真剣な面持ちが

かっこいい!

女性の職人さんも活躍されています!!

 

 

今回は、初心者でも比較的作りやすい

ヘラで伸ばす「伸ばしコース」(お皿など)

をセレクト。

 

 

もう一つ、息を吹き込んで

コップなどを作る「吹きコース」も。

こちらは上級者向けです。

11

上手く出来るかドキドキでしたが、

職人さんに教えていただきつつ手伝って

いただけるので、素敵に仕上がりました!

12

 

8

早速、お店でお馴染みさんへ出す

お刺身に使用♡

 

 

夏休みに親子でガラス体験オススメです!

 

 

ちなみに今回私が体験したのは

「のばしコース」は3,000円。

お皿もいただけるのでお得です!

 

 

 

お昼12時を除いて毎時15分に職人さんが

製作しているところを見学でき

ガラス製品ができるまでを

説明してくれるのでそちらも合わせて是非♩

 

 

《菅原工芸ガラス》

住所:〒283-0112
千葉県山武郡九十九里町藤下797

電話: tel:0475-76-3551

HP:http://www.sugahara.com

投稿者 : als|2015年8月16日