blogトップ

2015年11月8日

11/8(日) 第62弾~勝浦お茶の間ゲストハウス

1

(今週はチャイナな一枚(笑)♪)

 

勝浦特集!

な今月♩

 

『Aqualine Stories』ep62は、

房総半島一周の途中に、是非利用して欲しいゲストハウスをご紹介します(^ ^)

ゲストハウス、最近、安い料金で泊まれる宿ということで、増えてきてますよね☆

 

今回伺ってきたのは絶景の守谷海外の目の前にある、“勝浦お茶の間ゲストハウス”!

2

3

4

「都会で 疲れた方にゆっくり時間を過ごして欲しいです」

と語って下さったのは、“使用人”の肩書をもつ福岡さん。

5

確かに、目の前に広がる守谷海外の絶景はもちろん「お茶の間ゲストハウス」の持つ、

古民家風のほっと心を和ませてくれる風合いと、縁側がほっこりします^o^

6

そしてゲストハウスにはドミトリー(相部屋)もあり、宿泊者同士がコミュニケーションを取りながら過ごせる宿になってます。

 

元々勝浦のご出身ではない福岡さん、引っ越してきたキッカケはなんでしょうか?

「守谷の綺麗な海を知ってもらいたい。

と思い、勝浦市の空き家バンクを利用し移住しました。」

 

目立った観光地がないぶん、逆に綺麗な海を見てぼんやりしてみたり、浜辺を歩いたり・・・

「秋や冬、人のいない綺麗な海はオススメ!」

とのこと。

7

8

ほぼ手作りだという内装も、癒される空間になっています。

「壁は珪藻土、天井はすだれを使い、見よう見まねで作りました。」

古民家の内装のイメージです♩

 

そして、伺う前からHPの写真を見て気になっていたのが、ゲストハウスの「お茶の間カフェ」の美味しそうなお料理!

福岡さんの奥様の担当なのだとか。

 

「食事は基本、宿泊者への提供ですが、たまに縁側にお茶に来る方もいらっしゃいます」

予約すれば宿泊なしのお食事・お茶も可能とのことなので、ドライブがてら寄るのもいいですね♩

 

宿泊は、ゆっくり2泊ぐらいがオススメだそう( ´ ▽ ` )ノ

最近は、自転車で房総半島を巡って一泊する方もいるとか。

 

ドミトリーなら、一人2,800円から。

6畳間なら、一人4,000円で利用できてリーズナブル!

9

海の透明度が上がるのはこれからの季節、海を見ながら数日のんびり出来たら心身ともにデトックスされそうです☆

 

「お茶の間ゲストハウス&カフェ」がある勝浦へは、市原鶴舞インターチェンジからどうぞ!

ぜひ、アクアラインを使ってお出かけください*\(^o^)/*

 

 

《お茶の間ゲストハウス》

電話:0470-62-5290

住所:〒299-5244 千葉県勝浦市守谷804-1

HP:http://www.ochanomagh.com/#!home/mainPage

FB:https://m.facebook.com/tibakatuuraguesthouse/

投稿者 : als|2015年11月8日