blogトップ

2015年12月27日

12/27(日) 第69弾~海の幸を味わえるお店“ばんや”

1

房総と聞くと、新鮮な魚介類を思い浮かべる方も多いのではないでしょう?

 

『Aqualine Stories』ep69は

房総沖で捕れた新鮮な海の幸を味わえるお店!にフォーカスします*\(^o^)/*

 

伺ってきたのは、鋸南保田の港の目の前にある、漁協直営!の県外からのお客様にも人気の“ばんや”さん♩

2

絶対知ってて損はないお店です(ニヤリ)

 

それにしても広い!

3

食のアミューズメントと言っても過言ではなく、ばんや本館だけでなく、

日本料理館、おそば館、そしてお風呂&お座敷などもあります☆

 

詳しいお話を、組合専務理事の藤島さんに伺いました!

4

人気の本館ですが、定置網をやっているので多い時は5、60種類も新鮮な魚介類があるとか(^ ^)

5

6

7

8

9

種類に合わせて、揚げ物、煮物、焼き物などあります♩

 

そしてボリュームも満点!

藤島さん曰く「少ないと面白くない!

自分がお腹いっぱいになるつもりで盛り付けている」のだとか。

 

週末には朝市も開催!

大漁だと非常にお得感を味わってもらえる価格で提供されているそう☆

 

さばの押し寿司、小鯛の押し寿司なども提供していて、なにげに平日もやっている時があるとかo(^▽^)o

が、いつやってるかわからないので、運次第みたいです(笑)

 

寒くなってくると、「漁師汁」の提供も♩

中身はその時によって秘密!

蟹の時もあったそうで、その時の新鮮な魚を使っているとか。

身体が温まりそうですね( ´ ▽ ` )ノ

 

お土産もあり、自家製の干物、いかめし、自家製の塩辛など人気商品が多数!

いかは、ワタで漬けておらず、ワタが苦手な人でも食べられる、秘密の部分が入った塩辛なのだとか☆

 

色々お話を伺っているうちに、お腹が空いてきました(笑)

っということで、恒例の試食ターイム!

 

まずは、朝あがった黄金アジをお刺身で♩

10

おーっ

脂が乗ってて、舌のうえでとろけます♡

 

つづいて、水産試験場と開発した、アニサキスを完全に退治したという、噂のサバをパクリ!

11

なっなんだー

フワッフワッ(^∇^)

 

初めての食感!

 

しめてないサバ、なかなか生で食べる機会がありませんが、美味♡

12

新鮮なアジをあげたアジフライも、サクサクの衣とふっくらした身が絶妙なハーモニー♩

この番組をやっていてつくづく思うのが、新鮮な材料でのお食事って、本当に美味しい♩

 

と、幸せに浸かっていると、スタッフさんがなにやらニヤニヤしている!

 

なっなんか嫌な予感・・・

 

 

ぎょぎょっ

さっきから視界に入っていたけど見えないふりしていた「激辛カレー」を、入れてるー(ー ー;)

13

これは・・・私に来るな・・・

 

という予感的中!

 

はい、レポーターとしていただきますm(__)m

 

 

かっ

 

。・゜・(ノД`)・゜・。

 

かっ

 

からーい!!!!!!

 

 

なんだこれは!?

人生で食べたカレーで一番辛い(; ̄ェ ̄)

 

ひー

 

この、名物の「激辛カレー」辛いもの好きな方は是非挑戦してみてください!!!

ホタテパウダーが入ってるので、辛いけどシーフードベースのうまみも!

 

私は、ロケ後、甘口を食べましたが(笑)

 

最後に藤島さんからメッセージをいただきました。

「東京からやたらと近い田舎!田舎料理、漁師料理を食べにきてください!

田舎に帰ってきたような感じで遊びにきてください」

 

鋸南町の「ばんや」さんへは、アクアライン経由、富津館山道、鋸南保田インターチェンジから、おそよ5分です。

 

 

それでは、皆さま、よいお年をお迎えください☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

『Aqualine Stories』2016年も引き続き、素敵なアクアラインエリアの情報をお届けしてまいります♩

 

 

 

《ばんや》

住所: 299-1908 千葉県安房郡鋸南町吉浜99-5

tel: 〈本 館〉0470-55-4844 〈日本料理館〉0470-50-1226〈ばんやの湯〉0470-50-1126

HP: http://www.banya-grp.jp/

 

投稿者 : als|2015年12月27日