blogトップ

2016年4月3日

4/3(日) 第83弾~袖ヶ浦のうえんカフェ

1

地元のものを、その地元でいただく♩

地産地消が一番です(^ ^)

 

『Aqualine Stories』ep83は

地元千葉のお野菜を美味しくいただけるカフェ、その名も「袖ヶ浦のうえんカフェ」にフォーカスです!

2

3

シャキシャキの、採れたて野菜をたっぷり使って、しかも安くてボリュームたっぷりの定食がいただける!

ってことで、実はずっと気になってた場所なんです*\(^o^)/*

 

お話を、のうえんカフェの内山さんに伺ってきました♩

4

オープンして五年。

もともとはゴルフの受付と軽食スペースだったとか。

 

テーブル席、お座敷席、テラス席とあり、奥に広い作りになっています☆

5

人気の新鮮お野菜の秘密は、近所の農家さんたちと協力して、朝採れた野菜を提供してもらってるからだそうo(^▽^)o

7

8

いまのカフェにしたキッカケも、この地元の美味しいお野菜なのだそう。

お店の入口でも一部販売しています♪

「美味しい野菜があるのに、なんでお客様が来ないのだろうと思い、少しずつ変えて、今の形になりました。」

 

なんと、半年で行列の出来るお店に成長。

県外のお客様でいっぱいに!

 

「地元で朝採れた野菜にこだわって、ずっとお喋りしていられる空間づくりにもこだわりました。

採れたてのお野菜は水分量が多く、甘いんです。」

 

農家さんしか知らないレシピ、通常では使わないお野菜も提供、発信していきたいそう♩

朝仕入れたお野菜によって、その日のメニューを考えているのだとか( ´ ▽ ` )ノ

 

そして、のうえんカフェさんでは、味はもちろん、目でも旬や季節を味わえます。

前には、水仙、モクレン、山吹、樹齢100年以上のシンボルツリーであるケヤキの木が!

 

とても気持ちのいい景色が広がり、春の景色とともに旬のお料理が楽しめます♩

 

看板メニューはロールキャベツグラタン!

娘さんが学校の課題で考案したのだとか。

袖ヶ浦産のキャベツを使ったロールキャベツを煮込んで、さらにデミグラスソースで煮込み、それにホワイトソースをかけてグラタンに!

聞いてるだけでヨダレが(笑)

 

今回は、もう一つの人気商品、チキンカツ南蛮定食を試食させていただくことに♩

9

おーっ

大きい!

 

チキンが、タワラサイズです\(^o^)/

飲み物までついて1,080円!

リーズナブル!!

 

サラダもボリューミーで、嬉しいな♩

10

シャキシャキで、みずみずしくて

美味しいーーー

 

チキンも甘辛のタレが、揚げたチキンとよくあいます!

このロールキャベツと、チキンカツ南蛮は、テイクアウトも可、だそう☆

 

すでに人気店ですが、これからの夢はなんですか?

「のうえんカフェらしさを活かして、新たに地域をあげて農産物を作りたいです。

袖ヶ浦のコミニュティの中心になれるようにしたい。」

 

みなさんも、地産地消の美味しさを味わいに、お出かけください♩

 

袖ヶ浦のうえんカフェは、

アクアライン経由 館山自動車道 姉ケ崎インターからおよそ5分です。

東京、横浜方面の方も、ぜひ東京湾アクアラインを利用して、おでかけください*\(^o^)/*

 

《袖ヶ浦のうえんカフェ》

所在地:〒299-0201

千葉県袖ケ浦市川原井1838

tel: 0438-75-7335

HP: http://www.nouen-cafe.com/

 

 

投稿者 : als|2016年4月3日