2016年6月5日

6/5(日) ドライブソングリスト。

☆本日のドライブソングリスト☆

 

M1  Sir Duke  /  Stevie Wonder

M2  Take Me Home Country Roads  /  Olivia Newton-John

M3  Eternal Flame  /  The Bangles

M4  星の中の君  /  Uru

投稿者 : als|2016年6月5日

2016年6月5日

6/5(日) 第92弾~夏美のホタル

1

『Aqualine Stories』でも、色々な場所をご紹介している大多喜町。

取材を通じて、豊かな自然溢れる大多喜町の魅力に目覚めた鈴木希依子です♩

 

今回のep92では、今週末から劇場公開、大多喜町オールロケの話題の映画!

“夏美のホタル”にフォーカスします^ ^

 

大多喜町の良さがギュギュッと詰まった今作品、千葉県出身の原作者、森沢明夫さんが、試写をみて3回も泣いたとか☆

ちなみに私は2回泣きました。

2

そんな心温まる映画の詳しいお話を、千葉県出身のプロデューサー、田中さんに伺ってきました!

 

まずはストーリーについて。

「大学生の夏美、進路・恋に悩んでいる中、お父さんとの思い出の場所に、お父さんの形見のバイクで訪れる。

そこで出会った老親子を通じて“人が人を思うこと”を、ひと夏を通じて経験していく」

というお話。

悩みながらも人を大切に想う夏美の姿に、見終わった後、優しい気持ちになれました。

 

去年の夏、20日間かけて撮影した今作品、映画化するにあたっても熱い想いが。

実はプロデューサーの田中さん、自身が原作者の森沢さんが初めて出した小説に感動。

「いつか仕事をしてみたい」と思っていたとか。

 

“夏美のホタル”は5年前くらいに読んで、映像が頭に浮かんできたそう。

「映画化が決まり、絶対にその場所で撮影をしたいと強く思った」と田中さん。

 

実際に撮影をしてみて、大多喜町は童心に帰れる、ホッと出来る場所だと感じたとのこと。

3

「映画に出てくる「たけ屋」は、昔、作者が実際に立ち寄ったお店。

現在、営業はしていないが、そのまま、そのお店を借りて撮影した」

お店が作品に自然に溶け込み、大切な映画の一部になっていました。

 

撮影に際して、町の方達との心の触れ合いも♩

「みなさん、笑顔が素敵」で、大多喜町の町役場のみなさんには、とても協力していただいたとかo(^▽^)o

劇場のポイントともなる葉っぱがあるのですが、探すのも役場の方に相談したそうです。

 

タイトルにも入っている「ホタル」に隠された想いも教えていただきました。

「この映画を観て、優しくなれたり、温かい気持ちでいてくれたり。

人それぞれの“ホタル”を感じてくれれば!

大切な人と観てほしい映画。夏休みをご堪能ください。」

心のお掃除=ホタル、そんな風に私は感じました。

 

有村架純さん主演、映画「夏美のホタル」は、今週末、6月11日から公開です☆

詳しくは、ぜひ、「夏美のホタル」の公式ページをご覧下さい。

予告編の映像も素敵なのでリンクを下記に貼っておきます♪

 

そして、映画を観て、大多喜町のことが気になったら、街にもぜひお出かけ下さい!

アクアラインと圏央道が繋がって、東京横浜方面からのアクセスも便利になっています♩

 

 

《夏美のホタル》

HP:http://natsumi-hotaru.com/

予告編:https://www.youtube.com/watch?v=XG_0z_isQSA

投稿者 : als|2016年6月5日