blogトップ

2016年11月6日

11/6(日) 第114弾~金谷の古民家カフェ『カフェ エドモンズ』

寒い日が続くと思ったら小春日和もある今日この頃。

1

そんな時期は、古民家カフェで美味しいコーヒーを飲みながらまったり、なんていかがですか^ ^?

2

『Aqualine Stories』ep114は、なんと世界遺産でもある白川郷から移築した、235年前の古民家で営むカフェ!富津市の金谷にある“カフェ エドモンズ”さんにフォーカスです!!

3

4

コーヒーを淹れるマシンも年代物で、外観はもちろん、内装もまるで映画のセットの中にいるような空間です♩

5

6

詳しいお話を、マスターのアオヤマさんに伺いました。

7

素敵な空間の中にあるエスプレッソマシーンは、約60年前のもので、現在も使っているとか。

 

並んでいるマシンも2、30年経つもの。

それを丁寧に磨いてあり、ピカピカです!

8

エスプレッソマシーンというと、最近はボタン一つで出てくるイメージですが、70年前と変わらず、コーヒーを自分で詰めて自分の力で抽出するアナログ方式を採用しているとか。

なんとも風情が♡

 

建物自体も趣があります。

「ちょうど235年経っているが、60年前にダムで沈んでしまう村があって、勿体無いので、先代の方がこちらに移築した」

そう。

 

移築したけど40年近く空き家になっていたとか。

3.11によってシーンとしてしまった浜辺の町を、アオヤマさんが東京から何か応援出来ないか、ということで、地元の名士の方が、この古民家を紹介されたとか。

9

コーヒーを40年くらいやっていたので、「少しでも街の明かりの一つになれば、と5年前に始められたそう☆

 

毎日、東京からアクアラインを通っていて、朝6時に起きて、7時には着くとか!

「素晴らしいアクアラインをよくぞ作ってくれたと。本当にそう思います!」

とアオヤマさん(^○^)

 

お客様との出会いから感動が生まれたり、毎日ワクワク楽しいそう!

それはお客様も同じなようで、店内にリラックスした笑顔が溢れています♩

壁に、お客様からの達筆なお手紙も発見!

他にも沢山届いているとか☆

「Eメールの時代に手書きはいいです。元気をいただいています。」

優秀なスタッフがお手伝いしてくれるのにも感謝の日々だとか。

 

それにしても、店内が広い!

60畳の間が一階、二階にあり、囲炉裏の間だったり、コンセプトに基づいた部屋があり、とっても楽しい♩

10

11

12

イベントも色々やっていて、「カフェインカフェ」というイベントは4年やっているそう。

「お店の中にコーヒー屋さんを10店舗くらい呼んで、将来、コーヒー屋さんをやってみたい人の練習の場とか、趣味の方々、プロだけど認知度がないので宣伝してもらうとか。

こちらも勉強になりますね。日々」

 

店内には、色々な美術品も!

アオヤマさん曰く「生活様式を細かく書いてある絵がある。こういう文化は日本だけ。」とのこと。

13

色んな愛好家の方々が貸してくれ、なんと1000点くらいあるので、常時展示替えを行なっているそう( ´∀`)

 

コーヒーの品揃えも豊富!

14

人気が高いブルーマウンテンコーヒーも品質自体にこだわりが。

樽ごと仕入れて自分のところで開けて、店内で焙煎して、お客様の好みに合わせた抽出法で全部手作り、という徹底ぶりです。

「途中で業者が入らず、100%本物を扱っているという自負はある。」

コーヒー業界も有機栽培という努力をしている国も増え、本当に無農薬とされた豆を中心に仕入れているそう。

15

焙煎も店内でしているので、新鮮な味が味わえるとか。

焙煎してから何日かしてから美味しくなると言われていますが、実は何日か経つと香りが強くなっていくからなのだそう。

美味しさ自体は少しずつ下がっていくそうで、遊びでみんなで味の違いを比べる実験をしているとか( ´ ▽ ` )

 

他店ではなかなか出会えない珍しい商品もあります♩

コーヒー豆というのは、実はさくらんぼに似た赤い身の中にある種ですが、その種を取り出して果肉だけを乾燥させてお湯を注いだら、紅茶のような飲み物が!

16

(スタッフの方の笑顔も素敵です)

日本では販売される時に、有機栽培の認定がないと、出てこない商品だそう。

 

そんな貴重な品を飲ませていただきました♡

甘い果実の香りが優しく鼻を抜けていきます( ^ω^ )

更に近づくとお茶の香りが!

そして、複雑味のある深みが体に染み渡ります☆

 

既に色々なことを形にされているアオヤマさんですが、今後の夢を教えていただきました。

「今、コーヒーのお店をやって、お陰様でゆとりのある店内、そこには焙煎機とかコーヒーマシンとか、だいたいのものが揃っていて、コーヒー好きの人には大体のものは体験させてあげたいと思っています。

とにかく体験することが一番の近道だと思うんですね。」

 

全くの初心者の方もウェルカムだそうなので、興味があるけどキッカケがなかった方にもいいですね♩☆

17

18

こだわりのコーヒーを扱っているアオヤマさんですが、実はコーヒーは主役ではなくて、BGMだと思っているとか♩

お客様にも気軽に楽しんでいただきたい、という言葉通り、店内には柔らかい空気が溢れています\(^o^)/

 

富津市の金谷にある「カフェエドモンズ」さんへは、

東京湾アクアライン経由、富津館山自動車道 富津金谷インターチェンジから、およそ10分。

東京、横浜方面の方も、アクアラインを使えばとても便利です!

 

 

《カフェエドモンズ》

住所: 千葉県富津市金谷2185-2合掌館内

tel: 070-6478-7778

HP: http://www.edomons.net

FB: https://www.facebook.com/cafeedomons/

 

投稿者 : als|2016年11月6日