2017年1月15日

1/15(日) ドライブソングリスト。

☆本日のドライブソングリスト☆

 

M1  Love Never Felt So Good  /  Michael Jackson

M2  Our Day Will Come  /  Amy Winehouse

M3  I’m Yours  /  Jason Mraz

M4  Red Red Wine   /  UB40

M5  Live A Little  /  Wouter Hamel

投稿者 : als|2017年1月15日

2017年1月15日

1/15(日) 第124弾~横芝光町の”齊藤ぶどう園”

1

みなさま、千葉に無添加ワインを作る農園があるってご存知ですか^ ^?

『Aqualine Stories』ep124は

昭和5年創業、横芝光町の「齊藤ぶどう園」にフォーカスします!

2

4代続くぶどう園で、2代目の81歳の齋藤貞夫さんも元気に働いていらっしゃいます♩

3

今回はお孫さんで、若い視点で農園に新しい風を吹き込んでいる、齋藤雅子さんにお話を伺いました( ´ ▽ ` )

4

雅子さんの曽祖父にあたる方が創業。

米農家の次男坊で、田んぼは向いてないから果樹をやろう、ということで、1930年に松林を開墾して、ブドウやイチゴを植えたのがスタート!

 

「今からやろうと思うと凄く難しくて、曽祖父には感謝している」という雅子さん。

創業86年目で雅子さんが4代目になります。

 

ブドウ作りからワイン製造まで行う齋藤ぶどう園さん、戦前に醸造免許をもらったそう。

そのころワインを作るのに酒石酸というものがあり、ワインを作ると酸が出てきて、それを潜水艦のソナーに使うことで、軍に出していたとか!

戦時中は軍事工場で稼働。

戦後は、横芝光町にも十数軒ぶどう農家があったので、みんなでブドウを持ってきて自分達が飲む分のお酒を作りたいということで楽しんでいたそう♩

 

「亜流酸が入ってないのが、ナチュラルな味わいでいい」と言われることが多いとか(^○^)

元々自分達で飲む分だったので添加物はいらないので入っていないそう☆

 

齊藤ぶどう園さんの、畑と醸造の作業の一年も教えていただきました。

 

・冬

ブドウの枝は一年で凄く伸びるので、そのまま伸びていくとウドウの木が広がるので、来年使う芽を数え、残して切る。

畑の髪の毛を切るようにスッキリさせる作業を、2代目でお祖父さんの貞夫さんと二人で。

 

・春

4月ぐらいから新しい芽が出て、新しい枝が伸びていく。

5月ぐらいに4月に咲いた花に実が出来て、房の数を調整し、かさがみをかぶせる作業が。

周りに親戚の方が多くいて、手伝ってくださるそう!

なんとも心強いですね(^。^)

 

・夏

夏の時期は食べるブドウも栽培。

ピオーネやデラウェアを販売。

 

全部でブドウはワイン用も含め7種類ぐらい作っていて、ブドウの種類によって成長の段階も違うそう。

なので、「逆に沢山の種類を作っている方が一気に作業しなくて済むので、多品種だと助かる」と雅子さん。

お祖父様や山梨の先生から教わりながら作業しているとか。

5

ブドウの販売が終わると、8月末からワイン造りスタート!

昔の木製の道具と煉瓦で作った地下室で作業。

見せていただきましたが、とっても味わいがあって素敵です☆

6

7

8

9

新種は11月の第4土曜日から発売。

発売日から3日間は畑と醸造所の横で直売も。

全て手作業なので本数は少なく、ラベルも手で貼っていて、5000本ほどの生産。

希少価値が高く、今の時期ですでにお店で完売!

そんな貴重なワインの試飲をさせていただきました♩

 

白黒のレトロなデザインが可愛いボトルは、曽祖父の初代が作ったそう。

ラベルの真ん中に「○千」と入っていますが、千葉の千、だとか!

10

ツタのデザインなど、いまだとないデザインを雅子さんも気に入っていて使用を続けています^ ^

11

もう一本出していただいたボトルのデザインも曽祖父にあたる初代が。

どれもセンスが素晴らしい( ^∀^)

 

先ずはスチューベン、というお酒を試飲。

渋みがあまりなく強いお酒ではないので、毎日の食卓にも合わせやすい!

山ブドウを使ったワインです。

力強いブドウの味わいが楽しめます。

12

もう一本も優しい味わい。

ベリーの香りが広がります!

 

雅子さん曰く「コップで沢山、飲んでいただくのにちょうどいいお酒だと思います。

アルコール度数も低めで作っております。」

とのこと。

 

今期の販売分は終わってしまいましたが、近くで飲めるレストランがあるとか!

松尾町にある「ウシマル」。千葉の食材を、使ったレストランで、今の時期だと、カモやヒラメが食べられるそう♩

 

最後に雅子さんから、メッセージをいただきました。

「一年間ブドウを千葉で作ってますので、一年の気候だったり、色んな気候を写したお酒になっていると思います。

ですので、今年は今年らしいお酒を造ってお待ちしております。是非千葉に飲みに来てください。」

 

「齊藤ぶどう園」さんの無添加ワインがいただける松尾町のレストラン「ウシマル」さんへは、東金有料道路松尾横芝インターチェンジから、およそ6キロです。

東京、横浜方面の方も、アクアラインを使えばとても便利です。

ぜひお出かけください(^∇^)

 

 

《齊藤ぶどう園》

HP: http://www.saito-winery.com/?m=0

 

《ウシマル》

住所: 千葉県山武市松尾町木刀1307-2

TEL: 0479-86-1222

ランチ(コース) 12:00 to 14:00 (L..O.)

ディナー 18:00 to 21:30 (L.O.)

定休日 毎週水曜日・第二火曜日(※ランチは木曜日も定休)

HP: http://ushimaru.biz/

投稿者 : als|2017年1月15日