2017年4月30日

4/30(日) ドライブソングリスト。

☆本日のドライブソングリスト☆

 

M1  Saturday In The Park  /  CHICAGO

M2  The Ballad Of Mr. Steak  /  Kishi Bashi

M3  Here and Now  /  Kan Sano Feat. Monday Michiru

M4  Piano Man  /  Billy Joel

M5  Why Not?  /  Fantastic Plastic Machine

投稿者 : als|2017年4月30日

2017年4月30日

4/30(日) 第139弾~ホキ美術館

みなさん、千葉県に、まるで写真と見間違えるような写実絵画が専門にコレクションされている、世界的にも珍しい美術館があるのをご存知ですか?

しかも、美術館に併設されているレストランは、あの料理の巨匠、片岡護シェフのプロデュース!

 

ということで、

『Aqualine Stories』ep139は

千葉市緑区にある「ホキ美術館」にフォーカスします♩

詳しいお話しを、ホキ美術館の高橋さんに伺いました!

 

非常に特色のあるホキ美術館、初めて訪れた方は写実絵画の凄さにビックリされるそう。

「写真と人間が書いたものを見極めていただれば」と高橋さん。

 

それぞれの作品が長い時間をかけて描かれているとか。

どれも目の前にした時の精巧さが素晴らしい!

2010年11月3日にオープンしたという、ホキ美術館。

日本全国からはもちろん、アジア、ヨーロッパの方も来られるそう。

今は日本全国で巡回展を行なっていますが、将来的には海外にも作品を貸し出す計画が進んでいるそうなので、その注目度の高さが伺えます(o^^o)

 

展示物と同時に、ついた時から気になっていたのが、そのこだわりのある建物自体。

(HPよりお写真お借りしました)

 

建築の賞もいくつか受賞。

建築を学んでいる学生さんも良く来るそう。

建築+美術館の作品を紹介する、建物セミナーというイベントも年に数回開催。

毎回満席の盛況だそう。

そして作品の展示は壁に直接取り付け、作品をスッキリ見せています。

天井の照明はLED照明で、美術館としては非常に珍しく、最初は画家の方の協力や理解が必要だったとか!

 

外からのデザインも特徴的で、一番最初のギャラリーの先端、約30メートルが宙に浮いている構造で床の下に柱がない構造。

みなさんビックリされるそう(^○^)

 

素材も従来は建築に使われないような素材を使用。

例えば床。とても柔らかい構造で、ゴルフ場で使われているゴムチップを使っているとか。

足腰の負担を軽減し、音の反響が抑えられます。

 

ホキ美術館の誕生のキッカケが気になります。

「ここのオーナーが保木将夫というもの。

元々は色々な絵が好きでジャンルを問わず集めて鑑賞していたが、ある時、この美術館を代表する画家、森本草介さんの作品に出会った。

感銘を受けて、写実絵画に傾倒していきました。」

自宅で絵画を見せていたところ評判となり、美術館を作って公開しようと、ホキ美術館が誕生したそう☆

 

私が素晴らしいと思ったのが、写実絵画を沢山の方に見ていただくと同時に、若手の画家の発掘、育成、啓蒙活動にも力を入れられているところ。

ちょうど「ホキ美術館大賞」が開かれていて、40歳以下のアマチュアの優秀作品を展示しています。

こちらは3年に一回開かれています。

 

従来、40歳以下という年齢制限を設けていたのを、40歳以上の方もエントリーいただき、次回は2つの一般公募展を企画されているそう!

「第1回ホキ美術館プラチナ大賞」という40歳以上の方のエントリーを受け付ける公募が始まるそうなので、ご興味ある方は、詳しくはHPをご覧ください♩

(URLをブログの最後に貼り付けておきます)

 

今開催されている「ホキ美術館大賞」は5月中旬まで、それ以降は、新しい企画を近々HPでアナウンスを予定しているとか(^ ^)

 

そして気になるお洒落なレストラン!

本格的なイタリアンレストランとカフェテリアが併設されています。

レストランはコース料理やランチ、ディナーを提供。

カフェは軽食喫茶。

簡単な食事や、千葉名産の食べ物やお茶などを提供しています。

(HPよりお写真お借りしました)

両方とも家具やイスに凝っていて、そういう観点からも楽しめます♩

 

「美術館というと「敷居が高くてどういう絵だったかよくわからない、楽しめなかった」という場合があるけど、ホキ美術館は全くそういう心配がありません。」と高橋さん。

観たら納得の、日本人ならではの感性で描かれた緻密な絵画を見て楽しんでいただきたいそう^ ^

 

「ギャラリーは9つ。常に150点前後を展示。

ぜひ2〜3時間かけてゆっくりしてください。」

とメッセージをいただきました☆

千葉市の昭和の森公園に隣接しているので、この時期お散歩がてら訪れるのも良さそうです!

 

千葉市緑区の「ホキ美術館」へは、

圏央道 茂原インターチェンジから、およそ8分。

東京、横浜方面の方も、東京湾アクアラインをご利用いただくと、とても便利です。

ぜひお出かけください( ´∀`)

 

 

《ホキ美術館》

住所: 千葉県千葉市緑区あすみが丘東3-15

tel: 043-205-1500

URL: https://www.hoki-museum.jp/

投稿者 : als|2017年4月30日

2017年4月23日

4/23(日) ドライブソングリスト。

☆本日のドライブソングリスト☆

 

M1  Volare  /  Captain Jack

M2  Soak Up The Sun  /  Sheryl Crow

M3  J’ai Pas Envie  /  Mika

M4  The Lazy Song  /  Bruno Mars

M5  wrapped Up Feat Travie Mccoy  /  OLLY MURS

投稿者 : als|2017年4月23日

2017年4月23日

4/23(日) 第138弾~昭和の森フォレストビレッジ

千葉は、アウトドアに絶好のお天気です♡

 

『Aqualine Stories』ep138は、

BBQ、キャンプ、フットサルが楽しめる

「昭和の森フォレストビレッジ」にフォーカスします!

千葉市の昭和の森にあった旧ユースホテルが、

2014年にリニューアルした施設。

緑に囲まれて、気持ちのいい環境の中にあります♩

 

詳しいお話を、昭和の森フォレストビレッジの奥田さんに伺いました。

「主に合宿、キャンプ場、日帰りのバーベキュー、ヨガのスタジオの運営、カフェの運営をしています。」

学生から大人まで、様々なお客様が利用しているのだとか。

 

入った時に、元気な子供達にも会いました!

「4月からフットサルコートが3面オープンし、ナイター設備も。

大人のお客様もいらっしゃいます。」

それにしても、内装も、とてもお洒落で、私が学生のころ行った施設と全然違います(笑)

デザインにはこだわっていて、「合宿なのにこのクオリティ」というのを目指しているそうです。

ご飯を食べるスペースも、食堂よりもカフェテリアという言葉がピッタリ。

 

入り口のスペースも、ヴィンテージのデザインで揃えていて、中は開放的な空間が。

入ってすぐのところにある大きな窓からは、緑の景色が楽しめるようになっています。

そのラウンドスペースでカフェの営業もしているそう☆

そして、とにかく敷地が広い!

 

オートサイドで言っても35サイト。

人数で言うと500〜600人は夏場通して入れるとか。

ロッジの宿泊も含めるとかなりの人数だそう。

 

ユースホテルの時と同じものをつかっている空間もまだあるけど、畳を気持ちよく使える部屋になっていて、修学旅行の部屋になっているとか。

楽しみながら仲間との距離が縮まる空間、いいですね!

 

気になるBBQスペースは、午前10:00〜夕方まで使え、レンタル品の取り揃えもあるとのこと!

事前の予約で食材の用意もあり、アルコール類の持ち込みも出来て、楽チンで大人同士でも十分に楽しめます。

日帰りも可能なので気軽に出かけることができます。

そして、都心からのアクセスも1時間と便利なんです♩

 

野鳥の観察倶楽部も活動しているぐらい自然の動物も多く、森の中でキャンプファイヤーも楽しめるそう(^○^)

 

BBQ以外にも、オートサイトキャンプの用意もあり、

車でそのまま入って、宿泊型のキャンプが楽しめ、

泊まりたい方も、日帰りしたい方も、どちらものニーズにもナイスです!

 

そして伺う前からHPをチェックして気になっていたのが、カフェ!

日替わりで、五組のカフェのオーナーさんが、それぞれのコンセプトを持って、自然食にこだわった食事を提供してくれます。

「地元の方に楽しんでいただきたい、との想いから、地元のオーナーを中心に、マクロビ料理を森の中で楽しんでいただけるようにチャレンジしています。」とのこと♩

中には地元の農家さんで、ご自身で作ったお野菜を使っているオーナーさんもいらっしゃるとか。

 

11:30〜ラストオーダーが15:00

入り口を入ってすぐのラウンジスペースで営業。

正面がガラス張りで吹き抜けになっている、光が見え差し込む緑が見える空間での健康的なランチ、いいですね(o^^o)

 

最後に奥田さんにメッセージをいただきました。

「暖かくなってくる季節に、沢山楽しめるコンテンツの詰まった昭和の森フォレストビレッジです。

カフェの運営スケジュールに関しましては、Facebookで毎月更新をしていますので、そちらをご確認ください。

様々な楽しみ方が出来るので、ぜひお問い合わせいただいて、皆様のご来場をお待ちしております。」

 

千葉市の昭和の森フォレストビレッジへは、圏央道、茂原インターチェンジから、およそ8分です。

東京・横浜方面の方も、東京湾アクアラインをご利用いただくと、とても便利です。

ぜひ、お出かけください(^ ^)

 

《昭和の森フォレストビレッジ》

住所:千葉県千葉市緑区小食土町955

tel: 043-226-5801(合宿のお客様/9:00〜17:30受付)

043-294-1850(キャンプ場・BBQについて/9:00〜17:30受付)

HP: http://forestvillage.jp/

 

投稿者 : als|2017年4月23日

2017年4月16日

4/16(日) ドライブソングリスト。

☆本日のドライブソングリスト☆

 

M1  ダンシングシスター  /  ノーランズ

M2  Let’s Hear It For The Boy  /  Deniece Williams

M3  Am I The Same Girl  /  Swing Out Sister

M4  I Should Be So Lucky  /  Kylie Minogue

投稿者 : als|2017年4月16日

2017年4月16日

4/16(日) 第137弾~富津市「金谷ステーション」

ドライブで人気の南房総!

でも、行きたい場所が多くて困りますよね?

 

そんな時にぜひ立ち寄りたい、新しい観光情報センターが、先月富津市の金谷にオープンしました^ ^

南房総を熟知した観光コンシェルジュが、自分だけの旅のプランを提案してくれたり、綺麗なカフェ、さらに温泉施設まである素敵な施設なんです♩

ということで、

『Aqualine Stories』ep137は

富津市の「金谷ステーション」に、フォーカスします!

 

詳しいお話を、NPO法事 オール富津情報交流センター 理事長の鈴木さんに伺いました。

南房総と言えば、海が有名!

金谷は房総の玄関口と言われています。

 

今回オープンした「金谷ステーション」は、南房総や富津市の観光情報をゲットしてもらい、ここから観光に旅立って貰うための、観光情報を提供するステーションなのだとか。

「金谷は小さい中に、色んな魅力的なお店がある場所だと思っています。」

と鈴木さん。

 

新たなインフォメーションスタンドの金谷ステーション。

インターネットなどのIT、プロモ動画を館内で放送。

コワーキングスペースもあるので、滞在型観光を考えて居る方にもオススメ!

カフェで寛ぎなぎら、旅の計画を立てることも出来ます(o^^o)

「気軽に立ち寄れる施設を目指して」

オープンしたそう♩

 

2階が宿泊施設で6室、ゲストハウスとして利用でき、時としてアートの展示スペースにも!

鋸山の歴史の分かる写真もありました。

鈴木さんの奥様が着ていらした、当時のものを再現したハッピも格好いい!

一階には温泉も。

 

情報を得てもよし、カフェで寛ぐのも良し、温泉・宿泊、そしてレンタサイクルも試験的に用意されているとか。

特にこの時期、気持ちよさそう(^○^)

 

旅の提案をするスタッフは、地元の観光を勉強して、要望に沿った案内が出来るように、

「ここでなければ得られないという情報を用意して提供したい」とのこと。

お客様に喜んでいただきたい、との想いが伝わってきます。

 

そして、日本のお客様だけでなく、海外のお客様にも喜んでいただけるようにされています。

鋸山の情報は2ヶ国語のHP、パンフレットを用意。

アメリカ人のスタッフの方もいらっしゃいます。

お話を伺ったカフェは、現在はオープン記念メニューを提供。

徐々に地域色を出したメニューを用意していくそう。

今は、ザ・フィッシュ見波亭さんのチーズバームが食べられます。

ザ・フィッシュ以外ではここだけでしか食べられないメニュー。

試食させていただきましたが、チーズバーム用の生地が使われていて、しっとり柔かい生地と、優しい甘さのチーズクリームが、相性抜群♡

同じくメニューにある、三芳村のミルクをその後ゴクリとすると、最高です!

ちなみに房総は酪農発祥の地です^_^

 

最後に、鈴木さんからメッセージをいただきました。

「南房総は、魅力たくさんの場所です。

ここ金谷、すごく魅力に溢れておりますし、地元の富津市、40キロに及ぶ海岸線にも恵まれ、多くの海産物、あるいはマザー牧場、鋸山はじめ、多くの観光スポットがございます。

これから気候が良くなります。ぜひ日常の喧騒を逃れて、この南房総で心のゆとりを取り戻せるような、そんな旅に、お出かけいただきたいと思います。」

 

南房総の玄関口、富津市 金谷ステーションへは、富津館山道路、富津金谷インターチェンジから、およそ2kmです。

東京、横浜方面の方も、東京湾アクアラインをご利用いただくと、とても便利です。

ぜひ、お出かけください(^。^)

 

《金谷ステーション》

住所:千葉県富津市金谷2175

tel:0439- 29-7755

HP: http://aficc.jp/

 

 

投稿者 : als|2017年4月16日

2017年4月9日

4/9(日) ドライブソングリスト。

☆本日のドライブソングリスト☆

 

M1  Everybody Wants To Rule The World  /  Tears For Fears

M2  Morning Train (9to5)  /  Sheena Easton

M3  Kiss Me  /  Sixpence None The Richer

M4  Dance With Me  /  Orleans

M5  Miss Chatelaine  /  k.d. lang

投稿者 : als|2017年4月9日

2017年4月9日

4/9(日) 第136弾~白子チューリップ祭り

チューリップが綺麗な季節!

『Aqualine Stories』ep136は、

「白子チューリップ祭り」にフォーカスします!

白子町のチューリップ祭りは、なんと15種類!

76000本のチューリップを自由に鑑賞できます^_^

しかも、自分のチューリップを植えることが出来るオーナー制度まであるとか♩

詳しいお話を、白子町役場 産業課 井桁さんに伺いました!

写真が苦手とのことで、

このポーズならとのことでオッケーいただき一緒にパチリ(^。^)

 

白子チューリップ祭りは、今回で24回目の開催。

個人オーナーの品種を植えてあったり、来年度以降販売予定の新品種を試験的に植えていて、その販売も。

今回は15種類のチューリップに加え、5種類の新品種、合わせて計20種類の花の販売があるそうです♩

 

開催場所は、白子花の広場で、白子町役場の裏手の畑が会場です。

役場の駐車場が、開催日は来場者の駐車場になるので、そこに停めて歩いて会場にいけるそう。

 

「お気軽に来ていただけたらと思います。」

と井桁さん。

 

オーナー制度についても教えていただきました!

一区画60球、1000円。

オーナーになると、好きな品種で11月の中旬ぐらいが例年植え付けになるそう(^○^)

その曜日に行き、自分で植えて管理するそう。

 

団体のオーナー制度もあり、5種類、赤 黄 紫 ピンク 白、を使って900球でデザインを!

デザインは流行っているキャラクターや、歴史を感じさせる風景画が多いそう。

(町役場のHPよりお写真お借りしました)

 

富士山が多く、五重塔を組み合わせたり、凝ったデザインも。

そこをチューリップでどんな風に表現出来るか、当日どんな風に咲くか見どころなのだとか♩

毎回、団体のオーナーさんは、少なくても5人以上で来て、植えるのに必死だそう。

一列違うとデザインが変わるので、デザイン画とにらめっこしながらの作業になるとか^ ^

 

団体オーナーに関しては、毎年27組募集。

地元企業などの同じ団体がリピートで応募することも多いそう。

色々な方々に愛されているのが伝わってきます♩

 

個人は700口用意。

一人一区画という限定はなく、好きな方は3〜5口応募されることも!

大体400人近くの方から県外合わせ応募があり、ありがたいそうです^o^

 

毎年9月から個人オーナーの募集を開始。

HP等を見て応募が出来るそう。

お祭りにも申し込み用紙とボックスが用意されているとか。

夏に役場から必要書類が郵送されます!

 

「白子チューリップ祭り」の開催は4月1日〜4月9日。

「15種類7万6千本のチューリップを、ぜひ見にきてください!」

と最後に井桁さんからメッセージをいただきました♩

 

白子町では、5月に「たまねぎ祭り」も開催。

たまねぎ掘り体験に、たまねぎ詰め放題のサービスなど楽しいこと満載です( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

 

白子町へは、圏央道、茂原北インターチェンジから、およそ20分です。

東京湾アクアラインをご利用いただくと、とても便利です。

ぜひお出かけください!

 

 

《白子チューリップ祭り》

https://www.town.shirako.lg.jp/0000001780.html

 

《白子たまねぎ祭り》

http://maruchiba.jp/sys/data/index/page/id/13697

投稿者 : als|2017年4月9日

2017年4月2日

4/2(日) ドライブソングリスト。

☆本日のドライブソングリスト☆

 

M1  My Ever Changing Moods  /  The Style Council

M2  Fun Day  /  Stevie Wonder

M3  Sunny Days  /  Wouter Hamel

M4  Lovin’ You  /  Minnie Riperton

M5  Those Good Old Dreams  /  The Carpenters

投稿者 : als|2017年4月2日

2017年4月2日

4/2(日) 第135弾~富津市 Cafe GROVE

富津の緑に囲まれた森の小道を進むと、可愛い建物が突然現れる!?

それは、映画の中に出て来そうな、おしゃれなカフェ♩

そこで、一杯一杯丁寧に入れてくれる、ハンドドリップのコーヒーと、美味しいスウィーツがいただける・・・

という噂を聞いたら、これはもう行くしかありません( ´∀`)

 

ということで、

『Aqualine Stories』ep135は、

富津市 亀田の森にある、“Cafe GROVE(カフェグローブ)”さんに、フォーカスです!

 

田んぼや民家が点在する、のどかな風景を抜けていくと・・・

ありましたーーー!!

かなり細い道を抜けていくのでドキドキしますが、その分、Cafe GROVEさんの看板を見つけた時はテンション♡

しかも、駐車場スペースを抜けると、可愛い建物が現れます( ◠‿◠ )

まさに「隠れ家」!

今回お話を伺った、店主の濱本さんも、

「そういうのも含めて“グローブ”に来ていただくというところで、単身で来て欲しいです」

と、おっしゃっていました。

それにしても、濱本さんの空気感が、グローブさんの雰囲気とぴったりマッチしていて、1つの空間を作り上げています。

そして扉を開けると、キッチンと客席を遮るものがなく、居心地のいい空間が広がります。

家具は、何種類か違う椅子がセットされているのですが、不思議としっくり♩

ところで、なぜ森の中にカフェを作ろうと思ったんですか?

「ここでカフェをやるぞと決めたのは、オープンする一年前です。

もともとカフェを、自分の空間を作りたいと思ってました。」

小学校にあがる前に、ここら辺に家族で移り住んできて、育った場所なのだとか。

 

「不便な場所だし、駐車場もなかった。森の中に建物もなかった。」

全部切り開いて作り上げたそう!

何かの縁で、駐車場が出来る、森の中に建物が建てられると、

それでイメージがググググ、と湧いたとか^ ^

 

「あえて不便な場所にものを作って、そこに来てもらうというスタンスで、

特別な空間になるのではないかと確信しました。」

と、濱本さん。

 

デザイン性の高い建物と空間は、濱本さんが考え、建築屋さんが形にしたそう。

色々な要素が凝縮されて出来上がったカフェグローブさん、センスの良さが光ります☆

 

カフェグローブさんの、コンセプトは何ですか?

「まず、この森の空間にエネルギーをいただいているんですが、

一緒に味わっていただきたい、ということ。」

森の息吹と亀田の四季を味わいながら楽しむコーヒー&スウィーツ、素敵です♡

テラス席は、朝はうるさいぐらいの鳥のさえずりが聴こえるとか。

これから5月などは、鳥達も元気なので、昼間でもさえずりを聴きながら、くつろげるそう!

コーヒーは、一ノ宮の「カフェ喫茶KUSA」さんの豆を使ったコーヒーが飲めます。

KUSAさんと言えば、この番組でも以前取材に伺ったので、ご縁を感じます♩

そして売りはマフィンで、焼き菓子がメイン。

クッキー、チーズケーキを含めて、12種類ほどを用意。

ディスプレイを見ているとワクワクし、どこか童心に返ります( ^ω^ )

マフィンは季節によって使う素材が違い、取材に伺った時は、イチゴ!

季節のフルーツを常に選び、季節とコラボしているそう。

実は、入って来た時から、素朴な雰囲気と、なんとも言えない甘酸っぱい香りがするマフィン、気になってましたー!

ということで、試食をさせていただきました(^○^)

おーっ

目の前にくると、食べる前から周りがサクサクなのがわかります♩

上にクッキー生地乗っていて、重量感があり、ぎっしり詰まってる感じが。

サクサクしたクッキー生地と、中のフンワリした生地、そしてイチゴの甘みと酸味が良く合います!

甘さがちょうど良く、朝ご飯にも、オヤツにも、どの時間帯にも合う味です。

最後に濱本さんからメッセージをいただきました。

「房総に住まれてる方達はですね、想い、夢を持ちながら頑張ってる色んな方達がいます。

南房総で頑張ってる人達で、今「房総コラボ」というものが発足しまして、スタンプラリーがメインなんですけど、

そこから色々発信していきますので、今後、夢も含めて共有していけたな、と思っています。」

 

大型スタンプラリー「房総コラボ」は、4月1日〜5月14日まで、112店舗で繰り広げられているそう!

富津市 亀田の森 「Cafe GROVE(カフェグローブ)」さんへは、館山自動車道 富津中央インターチェンジから、およそ8分です。

東京、横浜方面の方も、東京湾アクアライン経由でお越しいただくと、とても便利です!

 

ぜひ、お出かけください(o^^o)

 

《Cafe GROVE》

住所:千葉県富津市亀田1237

tel: 0439-66-0936

HP: http://cafe-grove.tumblr.com/

fb: https://m.facebook.com/cafeGROVEKameda/?locale2=ja_JP

 

《房総コラボ2017》

HP: https://bosokorabo.com/

投稿者 : als|2017年4月2日