2017年6月25日

6/25(日) ドライブソングリスト。

☆本日のドライブソングリスト☆

 

M1  スーバースティション  /  Stevie Wonder

M2  Sweet Memories  /  Jade Anderson

M3  Madly  /  Tristan Prettyman

M4  GOLDMINE  /  コルビーキャレイ

M5  少年時代  /  ROCKING TIME

投稿者 : als|2017年6月25日

2017年6月25日

6/25(日) 第147弾~無農薬ブルーベリー「エザワフルーツランド」

実は私がこの時期、毎年楽しみにしているのが、木更津の無農薬ブルーベリー♡

粒が大きくて甘くて、最高なんです(๑˃̵ᴗ˂̵)

ということで

『Aqualine Stories』ep147は

摘み取りが出来る観光農園、木更津の「エザワフルーツランド」にフォーカスします!

詳しいお話を、エザワフルーツランドの江澤さんに伺いました。

都心から車で90分。

エザワフルーツランドは、1.5ヘクタールくらいの敷地に約2500本のブルーベリーがあります。

もともとこのエリア、地元の農協で、当時の組合長とブルーベリーで農地化しようとしたのがスタート。

なんと開墾は、江澤さんご夫婦でコツコツと、お二人で育てた農園です。

ブルーベリーに魅せられ、50歳で農協を退社し、木更津全体にブルーベリー園を広げ地域の役に立ちたいと思ったからだそう。

 

でも、最初は7ヘクタールほど植え、そのほとんどが枯れたそう。

米国にいった時に「環境が違う」と気がつき、「雨があるから日本は大丈夫」と感じ、

結果的に、思った通りになったとか。

江澤さんが始めたのが、自身で産み出した「エザワ式栽培法(別名:ど根性裁判)」

(ど根性栽培についての本を持った江澤さん。)

これは、植えっぱなしのスパルタで、まさに「ど根性」な栽培法。

殺虫剤、殺菌剤、除草剤などはまったく使用せず、雨が降らなければ水に縁のない育て方。

これによって、地中深くに根を張り、土の養分をたっぷり吸い、本来の生命力の強さを引き出し美味しい実が^ ^

 

栽培しているのは、「ラビットアイ」。

品種は数え切れないほどあり、江澤さんのところでは30種類ほど育てています。

ちなみに木更津は、「ラビットアイ」だけでなく、「ハイブッシュ」というのが6月頃から収穫になっているそう。

 

エザワフルーツランドさんは、摘み取り園が7月22日からオープン!

入園料 大人1000円。

9:00〜17:00まで一日中時間内食べ放題♩

一度来たお客様は、毎年のようにいらっしゃり、1シーズン何回も訪れる方もいらっしゃるそう!

 

自然100%なので、虫かごと網を持って家族でいらっしゃることも。

お父様が童心に帰って熱中し、夕方までトンボを捕まえていることもあるそうです( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

「安心安全、美味しいブルーベリーなので、お腹一杯食べて欲しいと思います。」

と江澤さん。

 

ジャム作り体験もできます。(800円)

園内で新鮮なブルーベリーを摘み取り、300gほどをお鍋に入れ、間に砂糖を入れシャモジで混ぜます。

大体3〜5分で出来ちゃいます。

他にも、石窯でブルーベリーをたっぷり入れたピザを作って食べられます。(1000円)

 

最後に江澤さんにメッセージをいただきました。

「私たちの摘み取り園は、エザワフルーツランドだけでなく、仲間でやってます。

今年は9つの園で7月22日に一斉にオープン!

全部で11の園があるが、多くの方々が応援してくれていて、日本一の応援団がついて応援してくれていると思っている。

木更津と聞くとブルーベリーをイメージしてもらえるようになりたい。」

素敵な想いが溢れています☆

 

「エザワフルーツランド」へは、

東京湾アクアライン経由、木更津東インターチェンジからどうぞ。

東京、横浜方面の方も、東京湾アクアラインを使えばとても便利です。

ぜひお出かけください(^。^)

 

 

《エザワフルーツランド》

住所:千葉県木更津市真里谷3832

tel:0438-53-5160

HP:http://www.ezawafl.com/

 

投稿者 : als|2017年6月25日

2017年6月18日

6/18(日) ドライブソングリスト。

☆本日のドライブソングリスト☆

 

M1  Englishman In New York  /   Sting

M2  smoke on the water  /   Deep Purple

M3  Put Your Records On  /   Corinne Bailey Rae

M4  Kiss Of Life  /   Sade

M5  If It’s Magic  /   Stevie Wonder

投稿者 : als|2017年6月18日

2017年6月18日

6/18(日) 第146弾~燻製調味料の「kazusa-smoke」

みなさん、お醤油のスモークに、マヨネーズのスモーク、オリーブオイルのスモークって聞いたことありますか?

実は木更津市には、今、スモークの新しい可能性にチャレンジしている面白いお店があるんです♩

ということで

『Aqualine Stories』ep146は、

木更津市長須賀ある、「kazusa-smoke(かずさスモーク)」さんにフォーカスします!

詳しいお話を、「かずさスモーク」というブランドで、燻製調味を販売している株式会社LIO(リオ)、代表取締役・市川正秀さんに伺ってきました。

(左 市川さんの奥様、右 市川さん)

 

元々、地元の木更津で飲食店をやっていた市川さん。

そこでメインを燻製料理としていたところ、だんだんと調味料の方に目を向けるようになり、燻製調味料を作ってみようと思ったのだとか。

 

実は、きえちゃんこと、私・鈴木希依子も、かずさスモークさんの燻製調味料が好きでよく使っています。

最初に液体自体が燻製された商品を見たときは衝撃的でした^ ^

そして、市川さんの奥様、なんと偶然、私の同級生のお姉さま、ご縁を感じます♪

 

ところで、燻製調味料を作ろうと思ったキッカケはなんだったのでしょうか?

「地方に食べ歩きに行った時に、燻製醤油らしきものがあって、食べた瞬間に液体が燻製してあると勘違いして、自分も出来るんじゃないかと。」

実はそれは、燻製した鰹節をお醤油に漬け込んであっただけらしいのですが、ポジティブな勘違いから作ってみようと思いたったのだとか!

 

なので、開発までには、なんと5年も月日が。

ただ、元来、研究が好きで、1つのものに1〜2年、研究に没頭したりするところがあるそう(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

「かずさスモーク」という商品名にも思い入れが。

地元が木更津のある上総(かずさ)だからだけでなく、井戸掘りの技術で「上総掘り」というのがあり、発展途上の国でも使える技術で、人を救う技術なのだとか。

「自分も、世界に通じるような誰でも味わえる料理の味の革命でありたいし、誰かを救えるような技術になっていきたい。

それで、かずさスモークという名前になりました。」

実際に、一滴でその食べ物の風味がとっても変わります♩

 

「生きる原点が食。食の喜びを伝えるような調味料になれたら。」

と市川さん。

現在、燻製醤油、燻製オリーブオイル、燻製マヨネーズが。

そして来月には新商品の燻製のバルサミコを出す予定!

 

先日、工場が有機JAS・オーガニック工場の認証も取れたとか(^○^)

「オーガニックをテーマにした燻製醤油、オリーブオイルを製造販売していきたい」

業界初、日本初、木更津でしか手に入らないものを作りたいと目を輝かせます☆

 

そんな市川さんのオススメの食べ方は、豆腐に岩塩をかけて、燻製オリーブオイル、そこにトマトとバジルを乗せたカプレーゼ!

そして一番好きなのは、生牡蠣にスモークオリーブオイルをかけることだとか♩

聞いているだけで美味しそうです(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

最後に、かずさスモークさんとしての、これからの夢をお伺いしました。

「まだ燻製調味料は珍しい調味料でしかない。

みなさんの食卓に密着するような、無添加のものでアクセントが加えられる、家庭に一般的な調味料になっていきたい。」

 

「かずさスモーク」さんへは、

東京湾アクアライン経由、袖ヶ浦インターチェンジからどうぞ!

東京、横浜方面の方も、東京湾アクアラインを使えばとても便利です、

ぜひお出かけください(o^^o)

 

 

《かずさスモーク》

〒292-0054千葉県木更津市長須賀2038-4

(株式会社LIO(リオ))
TEL : 
0438-71-1700

URL: http://kazusa-smoke.com/

 

投稿者 : als|2017年6月18日

2017年6月11日

6/11(日) ドライブソングリスト。

☆本日のドライブソングリスト☆

 

M1  How Will I Know  /  Whitney Houston

M2  Fireflies  /  Owl City

M3  ホタル  /  スピッツ

M4  蛍  /  山根万理奈

M5  螢  /  RADWIMPS

投稿者 : als|2017年6月11日

2017年6月11日

6/11(日) 第145弾~蛍が見られる「ロマンの森共和国」

千葉の方ならご存知の方が多いと思われる

この時期人気の「蛍」が見られるスポット!

『Aqualine Stories』ep145は、

君津市の「ロマンの森共和国」にフォーカスします^ ^

 

詳しいお話を、支配人の吉野さんに伺いました。

都心から1時間ちょっとで着く、ロマンの森。

なんと広さが東京ドーム20個分!

 

下記の4つのエリアに分かれています。

・いちご園

・キャンプ場 キャンピングロッジ

・ホテル、露天風呂

・アスレチック

これにロマンの森と姉妹会社になっている、有料老人ホーム、サン・ラポールがあるそう。

 

蛍の時期は、5月の後半〜7月の前半まで。

最初の方はゲンジボタル、後半はヘイケボタルが出てくるとか(^○^)

ロマンの森にはそれ以外に、ヒメボタルがいて、合わせて3種類!

関東には3種の蛍が居て、千葉県には、ここから約10㎞先までゲンジボタルがいて、それより上にはいないそう。

 

いま、蛍の全滅が危惧されていますが、その条件の中に「農薬散布がある」と吉野さん。

ロマンの森は東京ドーム20個分の広さで、個人の敷地だから農薬散布がないそう。

だから、農薬による蛍の絶滅はある程度おさえられているとか。

蛍が住むには弱アルカリ性の水が必要。

ロマンの森では石炭岩の水で洗ってアクを取り、天日干しをして投げ入れるなど、水作りからやられているそう!

素晴らしい取り組みです♩

 

沢山のお客さんが来てくれるのは嬉しい一方、

蛍の時期の一番の天敵が人間になることも。

つい飛んできた蛍を触ってしまうと、蛍にとっては人間の体温は大変高く、次の日には死んでしまうとか・・・

なので、案内人をつけないお3年くらいで生息地がなくなってしまうそう。

蛍の一生は一年。

「今年交尾した蛍の卵が幼虫になり、5〜6回の脱皮を繰り返し、365日のうち約350日前後を水の中で暮らします。」

成虫になって活動出来るのは一週間〜10日。

交尾をしてしまうと、その蛍は次の日に死んでしまうそう。

メスは2〜3日のうちに500〜1000の卵を産む途中で体力が終わると死んでしまうとか。

蛍は自分の周りの一番光の強いものと交尾をするそう。

力の強いものじゃないと次の世代に残っていけないからだとか。

 

ちなみにゲンジボタルは、黒巻貝やカワニナなどを食べ、

ヘイケボタルはカワニナやタニシを食べ、一日100〜150個を食べるそう。

そして500〜1000個の卵のうち、成虫になれるのは5〜10匹。

だからこそ、一匹の大切さを感じてもらい

「蛍をみなさんが大事に思ってもらって、また来年再来年と、

小さな子供が大人になって、次の子供達に蛍綺麗だよ、

という話をしていただければ」

と吉野さんは言います。

蛍鑑賞は、平日だと7時半前後から蛍が光ってくるので、

それぐらいに行くと一斉に案内していただけるそう。

土日は、6時〜7時まで、1時間のコンサートがあり、

その後に一斉に案内くださるそう。

ジョン・海山・ネプチューンさんの尺八のコンサートで、

ジャズをセッションしながら行われるとのこと♩

 

蛍は日中は光っておらず、葉っぱの後ろでじーっとしていて、7時半前後に光り始めます。

遅くても7時20分頃に伺うと、案内スタートの前に蛍を見るための説明を受けられます。

 

注意事項として、先ずフラッシュは禁止だそう。

蛍は自分より強い光に反応して、光らなくなってしまうから。

他に、虫除けスプレーも禁止です。

蛍も虫なので、周りに寄ってくると死んでしまうそう。

他にも蛍を捕まえないなど、大切な蛍を守るために、

キチンと説明を受けてからご案内いただくのがベストです(^_−)−☆

 

吉野さんにとって蛍とはなんでしょうか?

「自然そのものであって、次の世代を伝える為だけに生きている、大変儚いです。

ちょっと環境が違っただけで全滅しちゃうし、私達が守らなければいけないものの1つだと思います。」

毎年どんどん減っているので、お孫さんやひ孫さんの世代に見てもらう為に、吉野さんは頑張っていらっしゃるそう。

 

蛍鑑賞は、その美しさを楽しむのはもちろん、自然環境を考えるキッカケにもなりそうですね☆

君津市の「ロマンの森共和国」へは、東京湾アクアライン経由、館山自動車道 君津インターチェンジからどうぞ!

東京、横浜方面の方も、東京湾アクアラインを使えばとても便利です。

ぜひお出かけください(o^^o)

 

 

《ロマンの森共和国》

住所: 千葉県君津市豊英659-1

tel: 0439-38-2211

HP: http://www.yume-sma.com/romannomori/

投稿者 : als|2017年6月11日

2017年6月4日

6/4(日) ドライブソングリスト。

☆本日のドライブソングリスト☆

 

M1  Start Me Up  /  The Rolling Stones

M2  Sweet Seasons  /  Carole King

M3  さよならを教えて  /  フランソワ アルディ

M4  Wasted  /  キャリー・アンダーウッド

投稿者 : als|2017年6月4日

2017年6月4日

6/4(日) 第144弾~君津市 ドリプレ・ローズガーデン

まもなくバラの最盛期に突入!

バラ350種類 2000本♩

そんなローズガーデンを、ご夫婦で一から開拓したという君津市のローズガーデンがあるとか(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

ということで

『Aqualine Stories』ep144は

君津市の「ドリプレ・ローズガーデン」にフォーカスします!

詳しいお話しを、奥様のセツさんと、ご主人の幸三さんに伺ってきました。

(お話をお聞きしている間に出してくださったローズソーダ、美味♪)

先ずはセツさんからお話しを。

それにしても素晴らしい場所です♩

コンセプトは「自然のままにガーデンを作り、バラを育てる」ということだそう。

 

ただの山をご夫婦でテントを張って開墾し、10年かけてガーデンにしたとか。

当時は川崎に住んでいて、金曜の夜にこちらに来て、テントに泊まって土日で開墾し、月曜早朝に会社に出勤するという生活だったそう!

 

セツさんがバラにハマり、「別天地」というキーワードで、育てられる場所を探すために、2年半かけて房総半島を回ったとか。

最後にここにたどり着き「素敵なところがあった」と思い、ここ君津に決めたようです^ ^

 

敷地は4000坪。

とっても広い!

 

一番広いガーデンと、セツさんの大好きなバラだけの秘密の花園が。

そちらは「北の森」に国道一号線というのを作り、森の中のガーデンという風に作っていらっしゃいます。

 

そしてキッチンガーデンも!

採れたてのハーブや野菜で、何か出せたらと思い作ったそう。

 

外国の雑誌でフランスの郊外の農家の納屋が素敵と思い、自分でデザインをして建てて貰った建物。

古いものがお好きで、建物を未塗装にし、ご自分達が生きている間に古くなる計画で、あと3年もしたら、いい感じになるとか。

 

バラはご主人の幸三さんが担当されています。

「手入れは大変だけど、好きだから朝起きるとガーデンに出てしまう」そう(^○^)

無農薬なので、小鳥やとんぼ、蝶々などがいっぱいいるのだとか♩

 

敷地をあと1000坪借りていて、実は全部で5000坪あるそう。

「元々セツさんが5000坪の土地に3000本のバラを植えたいというので始まった」

と幸三さん。

現在は2000本〜2500本くらいのバラが植えてあり、350種が。

オールドローズとイングリッシュローズを中心に、現代バラも多少植えてあります。

沢山の種類がありますが、育て方は基本的には同じですが、やはりそれぞれ多少性格が違うとか。

 

無農薬でやっているため教科書がなく手探りで、日々勉強だそう!

青森の「奇跡のリンゴ」の本を読んで、無農薬でリンゴが育てられるなら、無農薬でバラも育てられるのではないかと。

2000本以上のばらを無農薬で育てるという、なかなか前例のないことを始められました。

完全無農薬にしてから5年目。

2012年に始め、翌年に毛虫や病気が発生し大変だったりした期間を乗り越え、よくやく「こうすれば」というのが多少見えてき、

「恐らく今年から、だんだん良くなっていくかな」と手ごたえを感じられているとか( ^∀^)

 

60歳で会社を辞め、無農薬を始めた翌年に、ハワイで無農薬・無肥料で植物園を開いたご夫婦が訪ねて来られた際の言葉で、励まされたそう。

それは

「とにかく3年我慢して環境が変わってきたら、少しづつ良くなっていく」

という言葉。

そして、本当に3年やったら、何となく変わってきて、バラを育てるより、バラを無農薬で育てることにはまったそう!

 

そして、セツさんの夢の3000本まで、あと500株です☆

お話しを伺っていて、私までワクワクしてきます☆o(≧▽≦)o

 

実は、ドリプレ・ローズガーデンさん、元々は老後の楽しみの為の自分達の庭だったそう!

それが、ある日カーテンを開けたら、家族でピクニックをされている方がいたり、カップルが歩いていたり(笑)

それでご家族で相談し、「ガーデン」ということでスタート!

 

今ではカフェも併設されています。

スパゲティをメインにしたランチや、ご主人が得意なカレーライスなど。

無農薬で育てているので、食べられるお花が沢山あり、スイーツやアフタヌーンティーにもたっぷり入っています!

せっかくなので、一番最初からメニューにあったという、イングリッシュマフィンを試食させていただきました。

素敵なガーデンを眺めながらのスイーツタイムなんて、何とも贅沢♡

プレートに、手作りのブルーベリージャムとクリームが乗っていて、可愛いお花も添えられています。

味も程よい甘さと素朴な味が、ほっこりした気分に♩

一緒に出していただいたローズティーも、とってもいい香り( ^ω^ )

 

バラが一番見頃となるのは、5月20日〜6月11日、これがバラの最盛期だとか。

(写真はHPよりお借りしました。)

 

皆さんもぜひ「ドリプレ・ローズガーデン」さんに足をのばしてみてはいかがでしょうか♪( ´θ`)ノ?

 

詳細は下記です。

・入園料は大人840円、小学生420円、小学生以下と75歳以上は無料。

・6月12日からは600円、子供は300円。

7月1日〜9月4日は無料で開放。

・火曜と水曜は休館日。6月11日までは無休。

・開演は、朝9時〜夕方6時まで延長。

 

 

「ドリプレ・ローズガーデン」へは、

東京湾アクアライン経由、館山自動車道、君津インターチェンジからどうぞ!

東京、横浜方面の方も、東京湾アクアラインを使えばとても便利です♩

(素敵なバラグッズも!)

 

 

《ドリプレ・ローズガーデン》

住所: 千葉県君津市大野台815-85

tel: 050-5532-6402

URL:https://www.dreaming-place-garden.com/

 

 

投稿者 : als|2017年6月4日