blogトップ

2017年6月11日

6/11(日) 第145弾~蛍が見られる「ロマンの森共和国」

千葉の方ならご存知の方が多いと思われる

この時期人気の「蛍」が見られるスポット!

『Aqualine Stories』ep145は、

君津市の「ロマンの森共和国」にフォーカスします^ ^

 

詳しいお話を、支配人の吉野さんに伺いました。

都心から1時間ちょっとで着く、ロマンの森。

なんと広さが東京ドーム20個分!

 

下記の4つのエリアに分かれています。

・いちご園

・キャンプ場 キャンピングロッジ

・ホテル、露天風呂

・アスレチック

これにロマンの森と姉妹会社になっている、有料老人ホーム、サン・ラポールがあるそう。

 

蛍の時期は、5月の後半〜7月の前半まで。

最初の方はゲンジボタル、後半はヘイケボタルが出てくるとか(^○^)

ロマンの森にはそれ以外に、ヒメボタルがいて、合わせて3種類!

関東には3種の蛍が居て、千葉県には、ここから約10㎞先までゲンジボタルがいて、それより上にはいないそう。

 

いま、蛍の全滅が危惧されていますが、その条件の中に「農薬散布がある」と吉野さん。

ロマンの森は東京ドーム20個分の広さで、個人の敷地だから農薬散布がないそう。

だから、農薬による蛍の絶滅はある程度おさえられているとか。

蛍が住むには弱アルカリ性の水が必要。

ロマンの森では石炭岩の水で洗ってアクを取り、天日干しをして投げ入れるなど、水作りからやられているそう!

素晴らしい取り組みです♩

 

沢山のお客さんが来てくれるのは嬉しい一方、

蛍の時期の一番の天敵が人間になることも。

つい飛んできた蛍を触ってしまうと、蛍にとっては人間の体温は大変高く、次の日には死んでしまうとか・・・

なので、案内人をつけないお3年くらいで生息地がなくなってしまうそう。

蛍の一生は一年。

「今年交尾した蛍の卵が幼虫になり、5〜6回の脱皮を繰り返し、365日のうち約350日前後を水の中で暮らします。」

成虫になって活動出来るのは一週間〜10日。

交尾をしてしまうと、その蛍は次の日に死んでしまうそう。

メスは2〜3日のうちに500〜1000の卵を産む途中で体力が終わると死んでしまうとか。

蛍は自分の周りの一番光の強いものと交尾をするそう。

力の強いものじゃないと次の世代に残っていけないからだとか。

 

ちなみにゲンジボタルは、黒巻貝やカワニナなどを食べ、

ヘイケボタルはカワニナやタニシを食べ、一日100〜150個を食べるそう。

そして500〜1000個の卵のうち、成虫になれるのは5〜10匹。

だからこそ、一匹の大切さを感じてもらい

「蛍をみなさんが大事に思ってもらって、また来年再来年と、

小さな子供が大人になって、次の子供達に蛍綺麗だよ、

という話をしていただければ」

と吉野さんは言います。

蛍鑑賞は、平日だと7時半前後から蛍が光ってくるので、

それぐらいに行くと一斉に案内していただけるそう。

土日は、6時〜7時まで、1時間のコンサートがあり、

その後に一斉に案内くださるそう。

ジョン・海山・ネプチューンさんの尺八のコンサートで、

ジャズをセッションしながら行われるとのこと♩

 

蛍は日中は光っておらず、葉っぱの後ろでじーっとしていて、7時半前後に光り始めます。

遅くても7時20分頃に伺うと、案内スタートの前に蛍を見るための説明を受けられます。

 

注意事項として、先ずフラッシュは禁止だそう。

蛍は自分より強い光に反応して、光らなくなってしまうから。

他に、虫除けスプレーも禁止です。

蛍も虫なので、周りに寄ってくると死んでしまうそう。

他にも蛍を捕まえないなど、大切な蛍を守るために、

キチンと説明を受けてからご案内いただくのがベストです(^_−)−☆

 

吉野さんにとって蛍とはなんでしょうか?

「自然そのものであって、次の世代を伝える為だけに生きている、大変儚いです。

ちょっと環境が違っただけで全滅しちゃうし、私達が守らなければいけないものの1つだと思います。」

毎年どんどん減っているので、お孫さんやひ孫さんの世代に見てもらう為に、吉野さんは頑張っていらっしゃるそう。

 

蛍鑑賞は、その美しさを楽しむのはもちろん、自然環境を考えるキッカケにもなりそうですね☆

君津市の「ロマンの森共和国」へは、東京湾アクアライン経由、館山自動車道 君津インターチェンジからどうぞ!

東京、横浜方面の方も、東京湾アクアラインを使えばとても便利です。

ぜひお出かけください(o^^o)

 

 

《ロマンの森共和国》

住所: 千葉県君津市豊英659-1

tel: 0439-38-2211

HP: http://www.yume-sma.com/romannomori/

投稿者 : als|2017年6月11日