2017年8月27日

8/27(日) ドライブソングリスト。

☆本日のドライブソングリスト☆

 

M1  イージュー☆ライダー  /  奥田民生

M2  Change  /  Monkey Majik + 吉田兄弟

M3  長く短い祭  /  椎名林檎

M4  道  /  宇多田ヒカル

M5  くちばしにチェリー  /  EGO-WRAPPIN’

投稿者 : als|2017年8月27日

2017年8月27日

8/27(日) 第156弾~菱川師宣記念館

(真似してみましたが、私の後ろ姿憂いがない(笑)(T_T))

 

江戸時代より有名な浮世絵

「見返り美人」!

実は作者の、浮世絵の祖と言われる菱川師宣さんは、千葉県 鋸南町、保田の生まれなんです^ ^

世界的にも人気のある「ukiyoe」が確立したのが、ここ千葉!なんて嬉しいな♡

 

というこで

『Aqualine Stories』ep156は

鋸南町にある「菱川師宣記念館」にフォーカスします!

詳しいお話を、菱川師宣記念館 館長の鈴木さんに伺いました。

 

菱川師宣さんは、江戸の初期に鋸南町の保田で生まれで、浮世絵という新しいジャンルを確立しました。

その功績をたたえた意味で、鋸南町に記念館が建設されたそう。

師宣さんのお父様が、こちらへ移り住み、縫箔業という職を持っていたので、師宣さんは幼少期にその下絵を描くのを手伝い、後に浮世絵を完成させたとか。

 

仮説ですが、下絵を描くことは非常に技量が必要なので、

「師宣は小さい時に京都へ修行へ行き、仕事を手伝い画力を養ったのでは」

と鈴木さん。

下絵を描いた実績が技量を高めたのではないか、との見方が。

「縫箔業」は、今でいう刺繍のようなもの。

派手なものをずっと縫っていき、金箔や銀箔を織り込んでいくとか。

合わせて染物もします。

 

「見返り美人」の着物の図柄は、非常に繊細なデザイン。

鈴木さん曰く「縫箔業のなす柄なんじゃないかな、と思っています。」

とのこと。

「見返り美人」の着物を再現したものが展示してありましたが、とても美しく、

小袖の特徴がよく出たお着物になっています。

 

師宣さんの一番の特徴は、版画、あるいは絵本は、庶民を題材にしたこと。

これが支持された理由の一つではないか、とみられています。

当時の絵画は武家社会とか、お金持ちの商人に愛されたもの、それを師宣さんが非常に安い値段で庶民に普及させたのが人気の一つ。

 

ほとんどが庶民の暮らし向きの内容。

花火、吉原遊郭、歌舞伎の様子など、非常に当時の庶民、興業の様子が分かるものになっています。

 

鈴木さんによると、そして素晴らしいのが、やはりデザイン。

「よくぞ絵画を木版を利用して作ったな」と感じたそう。

菱川師宣記念館に行くと、版画の工程が展示されていて、多色刷りがどうやって刷られたかが、よく分かり楽しいです♩

狭い色の濃いとこから刷って、最後に広いバックの色をつけていきます。

 

師宣さんは晩年、落款に「房陽」「房国」「友竹」などを使ったそう。

これは推測だそうですが、よく使われた「竹」の字。

房総は竹の産地。

そして「房」の字は「房総」を表しているのではないかと。

「房州出身という誇示かなと。

故郷を愛した絵師、偉大な芸術家が出たということは、誇りに思いますね。」と鈴木さん。

 

師宣さんのお墓も、郷土愛の強い師宣さんの為に、保田の別願院にあります。

20年ぐらい前に、没300年という形で、お墓を新しく作り変えられました。

 

そして記念館では、常設の展示物以外にも色々な企画が!

年明け、1月20日〜2月18日まで、大正の浮世絵師・竹下夢二さんの展覧会を予定。

夢二さんの作品は、大正ロマンが色濃くでた美人画が多く素敵ですよね^_^

今後も、浮世絵を中心に色んな展示会を考えているそう。

「特に江戸時代の後期にあたる著名な浮世絵師を中心に、色んな展示会を考えています。

浮世絵、日本画、色んな展示会を考えていきますので、ぜひともお越しください。」

と鈴木さんよりメッセージをいただきました。

菱川師宣記念館は、いままであまり浮世絵の世界に触れたことのない方でも楽しめる展示物も多いので、ぜひお出かけください♩

東京湾アクアライン経由、富津館山道路 鋸南保田インターより、およそ5分です。

東京、横浜方面の方も、東京湾アクアラインを使えばとても便利です♪( ´θ`)ノ

《菱川師宣記念館》

住所:千葉県安房郡鋸南町吉浜516

TEL 0470-55-4061

HP: http://kyonan-info.jp/hishikawa/

投稿者 : als|2017年8月27日

2017年8月20日

8/20(日) ドライブソングリスト。

☆本日のドライブソングリスト☆

 

M1  Next To You  /  ASWAD

M2  You Belong With Me  /  Taylor Swif

M3  マウンテン・マウンテン  /  cero

M4  sunsets for somebody else  /  jack johnson

M5  夏の思い出  /  ケツメイシ

投稿者 : als|2017年8月20日

2017年8月20日

8/20(日) 第155弾~富津市金谷・鋸山ロープウェー

みなさん、「ダイヤモンド富士」ってご存知ですか^ ^?

富士山の頂上に、夕日が沈んで、ダイヤモンドみたいに輝く現象です♩

木更津っ子の私にとって、子供の頃に遠足で行ったりと、馴染み深い富津の「鋸山(のこぎりやま)」

そんな鋸山、今週、気象条件が揃えば、なんとダイヤモンド富士が見えるかもしれない!

とのこと。

ということで

『Aqualine Stories』ep155は

富津市金谷の『鋸山ロープウェー』に、フォーカスします!

詳しいお話を、鋸山ロープウェーの篠巻さんに伺いました。

そして、同じ鋸山ロープウェーの錦織さんも、色々ご案内くださいました。

(左 篠巻さん、右 錦織さん)

 

うわー

それにしても、ロープウェーを降りて階段を少し上がると、絶景ーーー!

先ずは、長い歴史のあるロープウェーについて教えていただきました。

昭和37年に開業し、来年で55周年。

半世紀以上の歴史を刻んできたそう。

子供の頃に見たゴンドラよりアップデートされてる気がしたら、50周年の記念イベントとして、新しいゴンドラになったのだとか♩

赤と黄色を使ったゴンドラ。

黄色は千葉県の菜の花で、赤は恋人の聖地・金谷港をイメージ。

 

以前と比較すると、窓がおおきくなり、開放的な景色が楽しめるようになっているそう!

片道秒速5m、4分で頂上につきます。

運転間隔は15分で、多いときは5分間隔で運行されます。

「鋸山」と呼ばれる由縁もお聞きしました。

鋸山は海抜329m、東京タワーより少し低いくらいの高さがあります。

江戸時代から石切場として、良質な石材が採石され、山の大部分は山肌の岩が露出。

とがった岩の様子が、「鋸の歯」のようだと、「鋸山」と呼ばれるようになったとか。

(展示してある房州石)

鋸山を訪れる際のオススメは、「日本寺」と「地獄覗き」だそう。

頂上の日本寺には、1553体の石仏、千五百羅漢、戦後供養として6年の歳月をかけた百尺観音。

全長31mの、石大仏など。

 

地獄覗きは、山頂駅から片道20分。

スリルを味わえる撮影スポットになっていて

「色んなアングルから、撮っていただければと思います。」と篠巻さん( ^∀^)

 

山頂駅から百尺観音に行って見上げると、地獄覗きが見えるようになっているそう。

(写真はHPよりお借りしました。)

長い階段を上がって地獄覗きへいくので、「そこまでの階段が地獄だ」と言う方もいるとか(笑)

地獄覗きを見た後、千五百羅漢や大仏を見て、山頂駅に戻り、1時間半くらいのコースです。

 

8月23日には、鋸山でイベントも。

その日が、冒頭触れた「ダイヤモンド富士」が見える日。

18:10に気象条件が揃えば、山頂駅から富士山と夕日が重なるダイヤモンド富士が見えるのだとか!!

 

当日は、営業時間が延長。

山麓最終便18:00。山頂駅最終便18:30で運行されます。

悪天候の場合は中止されますので、HPをご覧ください。

通常の営業時間は9:00〜17:00、今月20日までは18:00までの運行です。

 

大人片道500円、往復930円。

6歳以上12歳未満、片道250円、往復450円。

10キロ未満のペット(抱っこして)片道100円。

駐車場は無料で、200台分あります。

 

最後に篠巻さんよりメッセージをいただきました。

「この夏の思い出に、ぜひご家族、ご友人、カップル、一人旅として、鋸山ロープウェーをご利用いただき、気分爽快、視界全開の360度パノラマ絶景をお楽しみください!」

篠巻さん曰く、「空中散歩をしている気持ち」を味わえるのだとか♩

 

「鋸山ロープウェー」へは、東京湾アクアライン経由、富津館山道、富津金谷インターからどうぞ!

東京横浜方面の方も、東京湾アクアラインを使えば、とても便利です。

ぜひ、お出かけください(^O^)

 

(いまの時期、暑い日に売店でオススメなのが、凍らせたタオルだとか。

ナイスアイデアです。)

 

《鋸山ロープウェー》

住所: 千葉県富津市金谷4052-1

tel: 0439 – 69 – 2314

HP:http://www.mt-nokogiri.co.jp/pc/p010000.php

 

投稿者 : als|2017年8月20日

2017年8月13日

8/13(日) ドライブソングリスト。

☆本日のドライブソングリスト☆

 

M1  Slow & Easy  /  平井大

M2  Local Boys  /  Na Leo Pilimehana

M3  Pearly Shells ~Pupu ‘O Ewa  /  Nathan Aweau

M4  Blue Hawai`i  /  Aloha Hawaiianより

M5  Ka Nohona Pili Kai  /  Keali’i Reichel

投稿者 : als|2017年8月13日

2017年8月13日

8/13(日) 第154弾~KISARAZU×HAWAII LIFESTYLE MARKET 2017 in オーガニックシティきさらづ

ハワイとオーガニック好きが集まるイベントが

8月19、20日に三井アウトレットモール木更津で開催されます♩

 

ハワイの楽しさを満喫しながら、オーガニックシティきさらづを、楽しく身近に体験することが出来ます^ ^

ということで

『Aqualine Stories』ep154は、

「KISARAZU×HAWAII LIFESTYLE MARKET 2017 in オーガニックシティきさらづ」にフォーカスします!

 

詳しいお話をしに、スタジオに、ハワイ応援キャラクターのホヌッピーと、イベント実行委員会の秋元さんがお越しくださいました。

ホヌッピー可愛い♡

そして、なんと喋れる(笑)

「アロハッピー」と挨拶してくれました( ^∀^)

 

今回、木更津で2回目の開催。

昨年は「オーガニックなまちづくり」を宣言し、オーガニックの先進地のハワイとのコラボレーションとして。

今年は、木更津市制施行75周年記念事業として、「オーガニックを生活に取り入れよう」というコンセプトとして行われます♩

「オーガニックライフスタイル」を中心として、「食」から日用品、住宅まで、様々なジャンルが集結!

気軽に「見て、聞いて、体験」出来るエリアがあります。

 

出店舗も充実。

地元・木更津産オーガニックブルーベリーのパフェやジャム、パッションフルーツの加工品、ハチミツ、などなど。

今回、ブルーベリーせんべいの試食も用意されてるとか!

ブルーベリーせんべい、私も試食させていただきましたが、優しい味で美味しかったです♩

 

他にも、大人気のポケット付きアロハスカートなどのハワイアングッズ、夏にぴったりの海をイメージしたファッション、貝殻やハワイ州の木の実「ククイ」を使ったハワイアンナチュラル雑貨やアクセサリーなど、計33店舗が並ぶそう(^_^)

 

今回は出店舗の中から、ホヌッピーも大好きなハワイのドーナツ「マラサダ」を売る、メグズキッチンのネモトさんもスタジオに遊びに来てくださいました!

マラサダも持って来てくださり、試食もさせていただきました♩

もちもちフワフワ♡

幸せな気分に!

当日は、トロピカルフレーバーもあるそう^ ^

他にも、スパムむすびや、珍しいカカオティーなども販売されるそうです!

他に、ハワイアンミュージックのライブやトークショー、ワークショップも楽しめます♩

特設ステージで、フラ・タヒチアン・ウクレレのパフォーマンス。

数々のアワードを受賞された「アネラ」さんの、ハワイアンミュージックライブ。

ハワイイベントで大人気のユニット、「かのぶん♩」さん、「LOVETRAVEREARS」さんによるゲストライフ。

渡辺木更津市長の「健康と食に関するトークショー」などなど盛り沢山(^◇^)

あと、今年はホヌッピーのお友達も沢山きてくれるそう!

ゆるキャラのみんなと一緒にフラダンスをするコーナーもあるので、お子さんもよろこぶと思います☆

 

そして、私・鈴木希依子、去年に引き続き、今年も司会を務めさせていただきます♪( ´θ`)

 

「KISARAZU×HAWAII LIFESTYLE MARKET 2017 in オーガニックシティきさらづ」は、

来週8月19日、20日の土・日に「三井アウトレットパーク木更津」イベント特設会場で開催です!

入場は無料です。

 

「夏休みの思い出づくりに、ぜひ皆様のお越しをお待ちしております。」

と秋元さんからメッセージをいただきました。

ホヌッピーからは

「みんなと会えるのを楽しみにしてるッピ。」

とのメッセージ!

 

「三井アウトレットパーク木更津」へは

東京湾アクアライン経由、木更津金田インターからどうぞ!

東京、横浜方面の方も、東京湾アクアラインを使えばとても便利です。

ぜひお出かけください!

 

 

《「KISARAZU×HAWAII LIFESTYLE MARKET 2017 in オーガニックシティきさらづ」》

HP: https://hawaii.jp/archives/event/kisarazu-hawaii2017

 

《三井アウトレットパーク木更津》

住所: 千葉県木更津市金田3-1-1

TEL: 0438386100

HP: http://www.31op.com/kisarazu/

投稿者 : als|2017年8月13日

2017年8月6日

8/6(日) ドライブソングリスト。

☆本日のドライブソングリスト☆

 

M1  Sunshine Girl  /  moumoon

M2  星に願いを(ピノキオ)  /  jizue

M3  My Mind Is For Sale  /  Jack Johnson

M4  Naked As Fools  /  Jonalee White

M5  Shake It Off  /  Taylor Swift

投稿者 : als|2017年8月6日

2017年8月6日

8/6(日) 第153弾~白子町 パン・カフェ Pensée(パンセ)

美味しいパンって、幸せを運んでくれますよね♡

今回ご紹介する場所は、パンはもちろん、手作りの飲み物も充実している「パン・カフェ」!

えっ「パン・カフェ」って!?

と思った方、実は私も今回初めて耳にしました(笑)

パン+カフェ=パンカフェ

なのだそうです( ´ ▽ ` )

しかも、建物自体も可愛くて、居心地がよいのです♩

ということで『Aqualine Stories』ep153は、

白子町の、 絵本とパンと薪ストーブのあるカフェ、

パン・カフェ「パン・カフェ Pensée(パンセ)」さんにフォーカスします!

詳しいお話を、パン・カフェ Penséeの店主、ユキタさんに伺いました。

(お手伝いしてる奥様、チャーミング♡)

入ってすぐ、可愛い絵本が目に入ります。

絵本を置くことによって、お子さんの気がそっちに行き、お母さんがゆっくり選べるようにしているとか!

都内で働いていた頃、パンを選んでいる時にお子さんが触ってしまい、

「触っちゃダメ」と怒られているのを可哀想に思ったのがキッカケでアイデアが浮かんだそう^ ^

そして、入り口側にはパンの販売コーナーも!

早速買って帰りたい美味しそうなパンを発見♩

置いてあるパンは、食事系のメニューに合わせやすいパンがメイン。

フルーツやナッツが入れてあったり、野菜を練りこんであったり、

「あくまで食事に合わせるパン」が基本のコンセプトです。

元々、レストランで働いていて、そこで合わせるパンをやっていたそう。

その流れでカフェをメインに、そのメニューに合わせるパンを自家製で焼かれています。

それプラス、中でちょっと食べたり、自宅で食べたりするパンを目指しているそうです(^ ^)

 

お店も、ユキタさんの優しい人柄が反映された温もりを感じる雰囲気。

オシャレで少しレトロ感もあるところが落ち着きます。

店内にある柱時計は、お祖父様から譲り受けたもので、

入り口の雰囲気のあるミシンはお祖母様から譲り受けたものだそう。

その2つに合うような雰囲気で、古い山の文庫のようなイメージを、

「ひだまり設計工房」の山本さんという建築家さんに依頼、後は彼女のセンスにお任せしたとか♩

お店のスタイルもアットホーム。

ユキタさんのお子さんも、生後2ヶ月から店内に顔を出していたので、

パンを買って帰ろうとされていたお子様連れのお客様もそれを見て、安心してお食事をされたり!

土日は家族づれも多いとか( ^∀^)

 

元々ユキタさんも、子供が出来た時に外食しようとしたら子連れで行ける場所があまりなく、

子連れで安心して食べられる場所がないかと思い、そういうものも目指したのだそう♩

 

その気持ちはメニューにも反映されています。

アレルギーがある方でも、家族みんなが安心して食べられるようにという考えが根底に。

仕込みには卵とか乳を使わないパンをメインに。

ごく一部チョコレートやチーズを使うものには入れているそう。

 

「誰でも気兼ねなく、食べたいものを食べられるように作っている」とか。

なので、わざわざ遠くからいらっしゃるお客様がいるのも納得です。

足を運んでいただき「ありがたいと思います」とユキタさん♩

 

パンとよく合うメニューも、体への優しさが溢れています。

基本ワンプレートになっていて、メインとパンに加え、サラダや副菜がついていてお腹も満足!

一番人気の「牛すじ肉の赤ワイン煮込み」は、なんと玉ねぎだけで煮込んでいるのでトロッとしてます♡

味見をさせていただきましたが、白子玉ねぎが溶け込み、自然の甘さとコクがある、

何ともいえない旨味のある一品でした!

あーーーまた食べたい( ◠‿◠ )

 

野菜は、出来るものは自分で育てたり、奥様の実家の畑や近隣の農家さんからいただいたもの、

町内の産直で旬のものを扱うなど、そこにも素材に対するこだわりがいきています♩

ハーブも育てていて、野草茶の8割はお庭で採れるそう。

今年3月から、手作りコーラもスタート。

元々コーラは、薬を飲む補助剤として、スパイスを調合して苦い薬を飲みやすいようにしたものをメインにして作られたのだとか。

それをヒントに改良しながら、スパイスをギューっと絞り込んで、コーラ風の飲み物を作ったそう。

スパイスひとつひとつを見ると、温熱効果や消化促進なども!

ちょっと甘いシュワっとする飲み物に仕上がっています。

飲ませていただきましたが、後味も、スッキリ美味しい。

生の柑橘系の果実の果汁を絞ってキューブ状にしたものが入っていて、

酸味が心地よく、うまくスパイスの香りを逃すようにしているそう!

春夏限定の、野菜のミルフィーユのプレートも試食させていただきました!

旬の野菜を層状にして、上のジェノベーゼペースト(グリーンソース)も、

畑で採れたルッコラとわさび菜をベースに作っていて、スーッとした感じが夏っぽく仕上がっています(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

ワンプレートで野菜が250g〜260g、1日に必要な350gの約7割が摂れます。

旬の野菜を使うと甘みが出るので、味付けはあえてしていないとか。

同時に食感は意識していて、生のまま重ねるものと、軽く火を通すものと

全体的な食感がケンカしないように作られています!

パンは小麦から酵母をおこし、純粋な小麦の味だけなので、素材の香りが心地いいです♩

 

ユキタさんより、最後にメッセージをいただきました。

「この夏休み、せっかくなのでアクアラインを通って、もうちょっと先の圏央道まで通って、白子町まで来たら、ぜひ「パン・カフェ パンセ」においでください。

自家製コーラもシュワっとご用意しております。」

 

「パン・カフェ パンセ」さんへは、東京湾アクアライン経由、圏央道、茂原北インターからどうぞ!

東京、横浜方面の方も、東京湾アクアラインを使えばとても便利です。

ぜひお出かけください。

 

ちなみに、パンセさんへ行かれた際は、欲しいパンがあったら早めに買うのがオススメです!

私がインビュー前から「買おう」と目をつけていたパンが人気で、帰りに買おうと思ったらすでに完売でした(笑)(TT)

でも、インビューの時間に滑り込みであった、白子町の新玉ねぎを使ったパンも最高でした!

 

 

《パン・カフェ Pensée(パンセ)》

住所:千葉県長生郡白子町中里5396

tel: 0475-47-2962

Facebook: https://m.facebook.com/paincafepensee/?locale2=ja_JP

 

 

投稿者 : als|2017年8月6日