2017年8月20日

8/20(日) ドライブソングリスト。

☆本日のドライブソングリスト☆

 

M1  Next To You  /  ASWAD

M2  You Belong With Me  /  Taylor Swif

M3  マウンテン・マウンテン  /  cero

M4  sunsets for somebody else  /  jack johnson

M5  夏の思い出  /  ケツメイシ

投稿者 : als|2017年8月20日

2017年8月20日

8/20(日) 第155弾~富津市金谷・鋸山ロープウェー

みなさん、「ダイヤモンド富士」ってご存知ですか^ ^?

富士山の頂上に、夕日が沈んで、ダイヤモンドみたいに輝く現象です♩

木更津っ子の私にとって、子供の頃に遠足で行ったりと、馴染み深い富津の「鋸山(のこぎりやま)」

そんな鋸山、今週、気象条件が揃えば、なんとダイヤモンド富士が見えるかもしれない!

とのこと。

ということで

『Aqualine Stories』ep155は

富津市金谷の『鋸山ロープウェー』に、フォーカスします!

詳しいお話を、鋸山ロープウェーの篠巻さんに伺いました。

そして、同じ鋸山ロープウェーの錦織さんも、色々ご案内くださいました。

(左 篠巻さん、右 錦織さん)

 

うわー

それにしても、ロープウェーを降りて階段を少し上がると、絶景ーーー!

先ずは、長い歴史のあるロープウェーについて教えていただきました。

昭和37年に開業し、来年で55周年。

半世紀以上の歴史を刻んできたそう。

子供の頃に見たゴンドラよりアップデートされてる気がしたら、50周年の記念イベントとして、新しいゴンドラになったのだとか♩

赤と黄色を使ったゴンドラ。

黄色は千葉県の菜の花で、赤は恋人の聖地・金谷港をイメージ。

 

以前と比較すると、窓がおおきくなり、開放的な景色が楽しめるようになっているそう!

片道秒速5m、4分で頂上につきます。

運転間隔は15分で、多いときは5分間隔で運行されます。

「鋸山」と呼ばれる由縁もお聞きしました。

鋸山は海抜329m、東京タワーより少し低いくらいの高さがあります。

江戸時代から石切場として、良質な石材が採石され、山の大部分は山肌の岩が露出。

とがった岩の様子が、「鋸の歯」のようだと、「鋸山」と呼ばれるようになったとか。

(展示してある房州石)

鋸山を訪れる際のオススメは、「日本寺」と「地獄覗き」だそう。

頂上の日本寺には、1553体の石仏、千五百羅漢、戦後供養として6年の歳月をかけた百尺観音。

全長31mの、石大仏など。

 

地獄覗きは、山頂駅から片道20分。

スリルを味わえる撮影スポットになっていて

「色んなアングルから、撮っていただければと思います。」と篠巻さん( ^∀^)

 

山頂駅から百尺観音に行って見上げると、地獄覗きが見えるようになっているそう。

(写真はHPよりお借りしました。)

長い階段を上がって地獄覗きへいくので、「そこまでの階段が地獄だ」と言う方もいるとか(笑)

地獄覗きを見た後、千五百羅漢や大仏を見て、山頂駅に戻り、1時間半くらいのコースです。

 

8月23日には、鋸山でイベントも。

その日が、冒頭触れた「ダイヤモンド富士」が見える日。

18:10に気象条件が揃えば、山頂駅から富士山と夕日が重なるダイヤモンド富士が見えるのだとか!!

 

当日は、営業時間が延長。

山麓最終便18:00。山頂駅最終便18:30で運行されます。

悪天候の場合は中止されますので、HPをご覧ください。

通常の営業時間は9:00〜17:00、今月20日までは18:00までの運行です。

 

大人片道500円、往復930円。

6歳以上12歳未満、片道250円、往復450円。

10キロ未満のペット(抱っこして)片道100円。

駐車場は無料で、200台分あります。

 

最後に篠巻さんよりメッセージをいただきました。

「この夏の思い出に、ぜひご家族、ご友人、カップル、一人旅として、鋸山ロープウェーをご利用いただき、気分爽快、視界全開の360度パノラマ絶景をお楽しみください!」

篠巻さん曰く、「空中散歩をしている気持ち」を味わえるのだとか♩

 

「鋸山ロープウェー」へは、東京湾アクアライン経由、富津館山道、富津金谷インターからどうぞ!

東京横浜方面の方も、東京湾アクアラインを使えば、とても便利です。

ぜひ、お出かけください(^O^)

 

(いまの時期、暑い日に売店でオススメなのが、凍らせたタオルだとか。

ナイスアイデアです。)

 

《鋸山ロープウェー》

住所: 千葉県富津市金谷4052-1

tel: 0439 – 69 – 2314

HP:http://www.mt-nokogiri.co.jp/pc/p010000.php

 

投稿者 : als|2017年8月20日