blogトップ

2017年9月3日

9/3(日) 第157弾~玉前神社 上総十二社祭り

千葉には、お神輿が砂浜を走る全国でも珍しいお祭りがあるんです!

お祭りが行われるのは、東京2020オリンピック パラリンピックのサーフィン会場となる一宮町の玉前神社♩

このお祭りは、房総最古の海にまつわるお祭りで、はじまりは、807年!

なんと、1200年以上の歴史があるんです(^^)

ということで『Aqualine Stories』ep157は

一宮町の「上総十二社祭り」にフォーカスします!

詳しいお話を、玉前神社青年会会長で、上総十二社祭保存会 青年部の部長、フクナベさんに伺いました。

お会いした瞬間、目を引かれたのは、フクナベさんが着ているカッコいいTシャツ!

十二社祭りのいわれや歴史を英訳してもらい背中にプリントし、写真は釣ケ崎の祭典上の秋分の日の朝日を入れて作ったそう♩

少しでも多くの人に、オリンピックもあるので海外の人にも分かりやすく知ってもらいたいとの想いが込められています^ ^

 

一宮町の名前の由来が、玉前神社が上総の国の一ノ宮と呼ばれてるところから「一宮町」とついたとか。

十二社祭りですが、玉前神社の神様、神武天皇のお母様・玉依姫命をまつっていて、玉依姫命のお姉さん、旦那さん、兄弟、親、一族の神様がこの地域12の神社にまつられていて1年に一度、釣ケ崎で再会するというお祭り。

この十二社祭は一族・親族の神様が1年に1度会うという神事なのだそう!

はじまったのは1200年以上前で、それだけ歴史があると、古い文献など残ってるものがないのだとか。

一説によると房総最古の浜降り神事で、「関東近県でも一番古い海に関する神様を祀って続いてるお祭りだと聞いている」とフクナベさん。

 

9月10日には稚児行列が行われます。

鵜羽神社から玉前神社にお神輿が来て、1年に1度夫婦で会うという神事。

玉依姫命は女の神様なので、子育て・子授け、そういったご利益がある、子供が健康に育つようにと言うことで稚児行列が毎年出るのだそう。

赤ちゃんにおっぱいの代わりに、甘酒を飲ませたという言い伝えがあり、この9月10日に、鵜羽神社では甘酒がふるまわれます。

鵜羽神社のお神輿が2基、夫婦なので本殿の中まで入ってきて神様同士が会います。

神楽殿の前にお神輿を持ってきて、神様に神楽を見てもらい、稚児行列の子供たちが健康に育つようにと鵜羽神社のお神輿の下をくぐるそう!

・稚児行列への参加は、玉前神社に電話すると、担当職員の方が説明してくださいます♩

(ブログの最後に番号を貼っておきます。)

今は50人くらい参加者がいて、町内に限らずどこからでも参加可能で、3~7歳くらいが中心。

いい思い出になりますね!

 

各地のお祭りは土日になるとこも多いが、稚児行列のある、お迎え祭は9月10日、例大祭・神幸祭は9月13日と決まっていて、今後も変える予定はないとのこと。

地元の方達が、このお祭りを大切に想っている気持ちが伺えます。

以前、一度だけ台風で神輿が出せなくて、14日にやったと記録にあるそうですが、その後に「やはり雨が降っても13日にやりましょう」と日誌に書いてあったそう。

「1200年続いたものを、これからも続いていくように守り伝えていきたいと思います。」とフクナベさん。

 

玉前神社から釣ケ崎まで約8キロ。

これを、神輿を担いで走り12の神社が釣ケ崎に集まります。

神様が再会する日ですが、担ぎ手の方達が小さい時から顔見知りの方達に再会出来る日でもあります。

歳と共に会える機会は減っていても、1年に1度のこの日にみんなと会える特別な日で、とても盛り上がり、楽しみにされているとか^o^

5市町村にまたがってるので、「久しぶりだな」と声かけあえるような、そういう場だそう!

海に向かって砂浜を担いで走る神輿は、とても珍しいですが、

「そういうところを見てもらえれば自分たちも励みになるし、頑張ろうという気に!

ぜひ見に来ていただきたい。」

とフクナベさんはおっしゃいます♩

 

一番の見所は、釣ケ崎で神輿が集まるシーンだそう。

現在は、釣ケ崎に9基の神輿が集まり、到着時間は、早いとこは2時半くらい。

最後は3時くらいに着くので、2時半から3時くらいに着くと、お神輿が到着するところから見られてオススメだそう☆

子供神輿が12時くらいから宮入りするので、その前にお参りするとちょうどいいとか。

 

アクセスですが、境内の裏からバスが出るので、そのバスで釣ケ崎までいけるので利用するとよさそうです。

各神社だいたい8時くらいに宮入をするので、

人も多くなるのを考えると、7時半くらいに境内に上がって待っているのがよいとのこと。

7時50分くらいに玉前神社の若宮、8時に大宮に宮入します。

 

最後にフクナベさんにメッセージをいただきました。

「玉前神社にお参りして、1年に1度なので、神輿も担ぎ手も見てもらいたいと思います。」

ちょうど社殿の大修繕が春に終わったそうで、漆の黒がとても美しかったです。

ぜひ1日かけて楽しんでいただきたいです!

 

玉前神社の上総十二社

日程は、9月10日が、お迎え祭り

9月13日が、例大祭・神幸祭です。

海に向かう裸神輿は、圧巻です!

 

上総十二社が行われる一宮町へは、東京湾アクアライン経由、圏央道 市原鶴舞インターからどうぞ。

東京、横浜方面の方も、東京湾アクアラインを使えばとても便利です(^O^)

 

 

《上総十二社祭り》

URL:http://www.tamasaki.org/photo/gyouji06.htm

URL:http://maruchiba.jp/sys/data/index/page/id/13222

 

《玉前神社》

住所: 千葉県長生郡一宮町一宮3048

TEL: 0475-42-2711

URL: http://tamasaki.org/home.htm

 

投稿者 : als|2017年9月3日