2017年11月5日

11/5(日) ドライブソングリスト。

☆本日のドライブソングリスト☆

 

M1  Don’t Talk  /  Larry Lee

M2  Upside Down  /  Jack Johnson

M3  All About That Bass  /  Meghan Trainor

M4  How Crazy Are You?  /  Meja

M5  ベイビー・アイラブユー  /  TEE with Che’Nelle

投稿者 : als|2017年11月5日

2017年11月5日

11/5(日) 第166弾~東金「豆厨ゆばせい」

みなさん、できたてのお豆腐って食べたことありますか?

実は創業70年のお豆腐の老舗が、それまでは豆腐職人しか味わえなかった、できたてのお豆腐やゆばの味を味わってほしい!

ということで、誕生したお店が東金にあるんです(^○^)

『Aqualine Stories』ep166は、

東金の「豆厨(まめくりや)ゆばせい」に、フォーカスします♩

「豆厨ゆばせい」店長の、岩柳さんにお話を伺いました。

元々は地元で豆腐屋をやっていて、社長のお父様が、

「もっとお豆腐湯葉を知ってもらいたい」と12年前に「豆厨ゆばせい」をスタート。

国産大豆を使った豆腐と湯葉をメインとした食事の提供や、湯葉やお豆腐などの販売をしているお店です。

 

お豆腐屋さん自体は創業約70年。

お祖父様の代にはじまり、お父様の代で大きくなり、「ゆばせい」のような直売店のようなお店を作ったのだとか。

「美味しものをお客様に安全に提供することを守りながら、美味しければ変えていきたい」と岩柳さん。

丁寧に作るということ、手間をかけても美味しいものを作りたい、という想いでやっていらっしゃいます。

湯葉はもちろん、豆腐のお惣菜が豊富な「豆厨ゆばせい」さん。

もとはスーパーの卸をやっていて、豆腐だけだとなかなか売れなかったため、

手軽に食べてもらえるような麻婆豆腐や肉豆腐など、そのまま温めれば食べれるような商品を、

お父様がお料理を作るのが好きなのもあり考案したそう。

麻婆豆腐以外にも、手軽に味の付いたお豆腐と肉が入ってる肉豆腐。

そして八街が近くなのでピーナッツ豆腐などの商品も。

人気の湯葉は、おつゆもついてご家庭ですぐ食べられるようになっています。

オススメの食べ方は、電子レンジで温めること。さらに美味しくなるとか。

「基本、湯葉やお豆腐は冷たいのより人肌程度で温めた方が美味しくいただけます」と、

豆知識を教えていただきました♩

インタビュー後に、たくさん商品を買って帰ったのですが、教えていただいたとおりに湯葉を少し温めたら、風味が増しました!

イートインコーナーもあり、お食事もできて、お店の商品を使った食べ方の提案も兼ねています。

温かい豆腐でお豆の香りや味を楽しめる御膳も。

小鉢は、生揚げの田楽と湯葉の田楽など、ご飯もすすみ人気なのだとか^ ^

店長の岩柳さんの力作の御膳も。

湯葉の天ぷらご膳で、湯葉の天ぷらがメインになっています。

湯葉の大きさなど試行錯誤して完成したそうで、生湯葉を揚げるので変わった食感が楽しめる御膳になっているそう♩

 

お店で販売している商品は発送もしていて、電話かFAXで注文をうけています。

時間は、平日は10時半~5時。

食事は11時~15時まで。

土日のみ夜も、5時~9時まで営業。

 

最後に岩柳さんからメッセージをいただきました。

「もっとみなさんに、お店の商品の美味しさを味わっていただきたいと思いますし、もうちょっとお店を大きくして、皆さんに食べていただきたいと思っています。

美味しいお豆腐、湯葉を持って待ってますので、是非お願い致します。」

 

東金の「豆厨(まめくりや)ゆばせい」さんへは、東京湾アクアライン経由、圏央道 市原鶴舞インターチェンジからどうぞ。

東京、横浜方面の方も、東京湾アクアラインを使えばとても便利です。

ぜひ、お出かけください(^○^)

 

《豆厨ゆばせい》

住所: 千葉県東金市道庭608

tel: 0475-54-2511

HP: http://yubasei.com/

投稿者 : als|2017年11月5日