blogトップ

2018年5月6日

5/6(日) 第192弾~金田海岸の海鮮レストラン「舫い船(もやいぶね)」

今回の《木更津インフォーメーション》のプレゼントご希望の方は、
ブログの最後をチェックしてくださいね♩

 

さて、 私の地元木更津!
そして、木更津と言えば潮干狩り!!
を思い浮かべる方も多いのでは!?
潮干狩りで有名な金田海岸に先月4/1にオープンしたてのレストランが(^○^)
しかも、ここ、金田漁協直営のレストランなんです!

『Aqualine Stories』ep192は、
金田海岸の海鮮レストラン「舫い船(もやいぶね)」に、フォーカスします!
詳しいお話を、「舫い船」の料理長・中村さんに伺いました。

まずは気になる、お店の名前の意味。
「船と船を結ぶ」という意味の、「舫い結び」から来ているそう。
「輪が広がれば」という想いが込められているとか☆
そして、入った瞬間に目を奪われるのが、その景色!
「来ていただかないと分からない景色の価値観があります。
木更津にこういう場所ができたという事を、是非一度足を運んで思っております。」
と中村さん。

アクアラインや神奈川方面が見渡せるのはもちろん、
漁船などもある、木更津ならではの景色が楽しめます。

使う海鮮も、もちろん鮮度抜群!
底引きから直接仕入れた魚を使って、その日の朝にシメて提供♩

底引き漁=網を海底に沿って引いてくる漁。
組合さんが頑張って漁に出たものが、美味しいお料理として提供されます!

日替わりや、その日とれた魚の種類により、お刺身や料理が変わったりするそうなので、
行くたびに新しい美味しさに出会えそうです!

新鮮な魚介の「浜焼き」も堪能出来ます☆
海を見ながら、底引きで入ってきた魚介や、アサリを使ったアサリ串、千葉県産のお魚の干物、
そしてお肉も数種類楽しめます( ´ ▽ ` )

目の前がアサリを掘る潮干狩り場なので、その景色を見ながら、アサリを使った料理、金田の土地柄を感じられる海苔を使った料理などを味わえるのは魅力的!

お話を伺っているとお腹が空いてきた!
ということで恒例の試食タイーム!!

先ずは「浜焼きセット」。
アサリの釜めし、底引き漁で獲れたホンビノスと、干物がのっかったセットです。


ハマグリに似た貝で、ジューシーで美味しい!
干物もお魚の味はもちろん、いい塩梅です♩
アサリは釜めしは、炊き上がるのを目の前で待つでワクワクがアップ!

もう一品は「あなご重」。
アナゴ天ぷら以外にも、地魚の白身の天ぷら、金田さんの海苔の天ぷら、
そしてご飯にばら干し海苔が乗っていて、金田を存分に味わえるお重になっています^ ^

営業時間は、朝11時〜。
夜は、季節によって変わるそうなので、事前にご確認くださいませ。
出来たばかりのお店なので、「要望など、改善点などは変えていこうと思ってる。」と中村さん。

お店の目印は、入口の恐竜です!
インパクト大の恐竜ですが、設置に特に意味はないそうです(笑)

海鮮レストラン舫い船(もやいぶね)がある「金田海岸」へは、
東京湾アクアライン経由、木更津金田インターチェンジからどうぞ!
東京、横浜方面の方も、東京湾アクアラインを使えばとても便利です。
ぜひ、お出かけください^_^

 

《舫い船(もやいぶね)》
住所: 千葉県木更津市中島4416
TEL: 0438-42-1418
URL: http://www.kaneda.or.jp/?page_id=1623

 

《木更津インフォーメーション、プレゼントコーナー!》
今回のプレゼントは、木更津魚市場さんより「佃煮セット」!
ご応募の方は、下記のアドレスへ、お名前、郵便番号、住所、電話番号を書いてく送ってください!

als@bayfm.co.jp

投稿者 : als|2018年5月6日