2018年11月25日

11/25(日) ドライブソングリスト。

☆本日のドライブソングリスト☆

 

M1  I Won’t Let You Down  /  OK Go

M2  Call Me Maybe  /  Carly Rae Jepsen

M3  Escapade  /  Janet Jackson

M4  Bring Me Love  /  John Legend

M5  Kiss Me Babe, It’s Christmas Time  /  Owl City

投稿者 : als|2018年11月25日

2018年11月25日

11/25(日) 第221弾~三井アウトレットパーク 木更津

今回は、月一度の木更津市観光協会推奨の「木更津みやげ」のプレゼントコーナーも!
詳細はブログの最後をご覧ください(^○^)
_______________

こんにちは!
12月2日 14:00「三井アウトレットパーク 木更津」メインステージにて、
「1日木更津警察署長」をする‼︎
きえちゃん、こと鈴木希依子です(^○^)

さて、そんな私の故郷・木更津にある「三井アウトレットパーク木更津」が、店舗数日本一のアウトレットになりましたーーー♩パチパチ
先日グレードアップオープンし、店舗数が増えたんです☆
ということで、『Aqualine Stories』ep221では
「三井アウトレットパーク 木更津」グレードアップオープンの魅力に迫ります!

三井アウトレットパーク 木更津 オペレーションセンターの林辺さんに詳しいお話をお伺いしました♩
10月26日のグレードアップオープンを経て、
全308店舗になり、店舗数日本一のアウトレットへ進化!
その中には、アウトレット日本初出店店舗も多数(^○^)
そして店舗だけではなく、グレードアップオープンということでホスピタリティ溢れる新サービスもスタート!

先ずは、「バレーパーキングサービス(有料)」を国内アウトレットでは初提供。
スタッフの方がお客様の車を預かり、お帰りの際は車寄せまで届けていただけます。
駐車場探しや、荷物を運ぶ手間がなく、快適な買い物が楽しめていいですね♩

その他にも「手荷物預かり所」の他、子育てに優しいサービスも!
フードコートには、キッズスペースの他に「小上がり席」の設置、貸し出しベビーカーの増設、サービスラウンジ内には、「キッズ用のライブラリー」の設置も!
そして、授乳中のママに嬉しいサービスも。
「mamaro」という“完全個室の授乳室”を設置!スマートフォンアプリで空き状況が分かるので、便利です。

もちろん、お父さん達に嬉しいスペースも。
サービスラウンジ内で、キッズ用のライブラリーと並列して「大人用のライブラリー」設置も。
特にこれからの寒い時期、そして暑い時期も、表でポツンと待たずにくつろぎながら休憩でき、助かりますね。
サービスラウンジには、ブックライブラリーの他に「カフェスペース」もあります♩

新しいエリアには、「ウェルカムホール」や「ガーデンテラス」という施設も。


ゆっくり休みながらお買い物ができ、快適な時間を過ごせる作りになっています☆

さらに、クリスマスシーズン間際!
ということで、ただ今セール開催中!
12月9日までの間「ウィンターセール」にて、冬物アイテムをお得に先取り出来ます♩
また、12月10日〜12月25日までは、クリスマスプレゼントなどに最適なアイテムを取り揃えた「クリスマスフェア」が開催されます!

10月26日にグレードアップオープンした「三井アウトレットパーク 木更津」へは、東京湾アクアライン経由、木更津金田インターからどうぞ。
東京、横浜方面の方も、東京湾アクアラインを使えばとても便利です。
ぜひ、お出かけください(^ ^)

 

《三井アウトレットパーク木更津》
住所: 千葉県木更津市金田東3-1-1
TEL: 0438-38-6100
HP: https://mitsui-shopping-park.com/mop/kisarazu/

___________

木更津市観光協会推奨の「木更津みやげ」のコーナー!
第6回目となる今回は、落花生工房「かずさ屋」さんの落花生です♩
(写真: プレゼントの落花生)

かずさ屋さんは甘みが強い濃厚な味の「千葉半立種」を使用し、落花生のおいしさを最大限に引き出すため、機械工程を極力減らし、ほぼ手作業で商品を作り上げているんです(^○^)

「かずさ屋」さんのホームページで、地方発送も行っていますので、ぜひご覧ください
http://www.r-kazusaya.jp/

今回は、
「天日干しから付き」「素煎り」「バターピーナッツ」を1セットにして
5名様にプレゼント!

ご希望の方は、この下記URLからエントリーください♩

http://bayfm78.net/oubo/als_pre.htm

もしくは、お名前、郵便番号、住所、お電話番号を記載の上、「プレゼント希望」と書いて、番組メールアドレス(als@bayfm.co.jp)へ、明日11月26日月曜日までにお送りください!

当選者の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます☆

投稿者 : als|2018年11月25日

2018年11月18日

11/18(日) ドライブソングリスト。

☆本日のドライブソングリスト☆

 

M1  ゲーム・オブ・ラヴ feat.ミシェル・ブランチ  /  サンタナ

M2  ホロスコープ  /  ニック・カーター

M3  メイキング・イット・アップ  /  ジェイソン・ムラーズ

M4  イッツ・ソー・イージー  /  リンダ・ロンシュタット

M5  イッツ・ア・ビューティフル・デイ  /  マイケル・ブーブレ

投稿者 : als|2018年11月18日

2018年11月18日

11/18(日) 第220弾~袖ケ浦市農畜産物直売所 ゆりの里


こんにちは!
きえちゃん、こと鈴木希依子です♩

野菜を買うときに、生産者の顔が見えるっていいですよね( ´∀`)
『Aqualine Stories』ep220は
以前も一度取材に伺った、袖ケ浦市のファーマーズマーケット「袖ケ浦市農畜産物直売所 ゆりの里」をご紹介します☆

ゆりの里の、斉藤さんにお話を伺いました♩
先ず、ゆりの里に到着して気がついたのが、広さ!
前回伺った時よりも販売スペースが多く、更に見やすくなっていました。

今年の3月に店内の改装工事をしたそうです(^○^)
ゆりの里さんは、お客様目線に立った色々なことをしているのですが、
イベントも沢山開催されています。

なんと8月を除く、年11回、開催されているとのこと♩
今月24日は「秋の感謝祭」が予定されています。
自然薯の販売、花の苗の販売、つきたての杵つき餅の販売、などなどが行われます。

みなさま、自然薯(じねんじょ)って食べたことありますか?
地元のお友達は大体知っているのですが、県外のお友達に聞くと、意外と食べたことないという声を結構ききます。
ご存知の方も多いかもしれませんが、山などに自然にはえている山芋の一つ。
「山の王者」と呼ばれていると、斉藤さんが教えてくださいました☆
粘り気があって美味しく、滋養強壮剤にいいので、ぜひ山芋系が好きな方には食べて見ていただきたい♩

そして、つきたてのお餅の提供も嬉しい!
つきたてってとっても美味しいけど、普段なかなか手に入りにくいてすもんね^ ^

「秋の感謝祭」の次は、12月15日にイベントが。
こちらは「年末感謝祭」。
餅まき、お米のすくいどり、杵つき餅の販売、野菜の詰め放題など。
年末年始の準備にピッタリの内容です☆

そして、ゆりの里では、その時々の季節の野菜で作る、レシピの提案も行なっています。
女性従業員の方が考案していて、毎月第4水曜日に新しいレシピが出ます。

実際にレシピの紙を見せていただいのですが、温もりのあるデザインにもホッコリします。
サイズ感も、ファリングするのにちょうどいい。
レシピに使う食材のほとんどは、ゆりの里で手に入るのもあり、
「試しに作ってみようか」と食材とレシピを手に取ってくださる方が多いそうです♩

「年末のお買い物は「ゆりの里」で、新鮮な野菜、お米などをお買い上げいただければお思います。」
と斉藤さんよりメッセージをいただきました♩

「ゆりの里」がある袖ケ浦市へは、東京湾アクアライン経由、袖ヶ浦インターからどうぞ!
東京、横浜方面の方も、東京湾アクアラインを使えばとても便利です。
ぜひ、お出かけください♪( ´▽`)

そして余談ですが、インタビュー当日、農業もやっている、ベイエフエムの人気DJ島村さんとも「ゆりの里」でお会いできました!

《袖ケ浦市農畜産物販売所 「ゆりの里」》
営業時間: 午前9時半〜6時。
定休日: 8月を除く第2水曜日。
(年末は30日まで営業予定)
住所: 千葉県 袖ケ浦市 飯富1635-1
電話: 0438-60-2550
URL: https://www.city.sodegaura.lg.jp/soshiki/nourin/yurinosato.html

投稿者 : als|2018年11月18日

2018年11月11日

11/11(日) ドライブソングリスト。

☆本日のドライブソングリスト☆

 

M1  スティル・ア・フレンド・オブ・マイン  /  インコグニート

M2  テネリフェ・シー  /  エド・シーラン

M3  アンダー・ザ・シー[リトル・マーメイド]  /  レイブン・シモーネ

M4  ベター・トゥゲザー  /  ジャック・ジョンソン

M5  サーファー・ガール  /  ビーチ・ボーイズ

投稿者 : als|2018年11月11日

2018年11月11日

11/11(日) 第219弾~館山「海辺の鑑定団」

こんにちは!
きえちゃん、こと鈴木希依子です( ´∀`)

今回は、海辺での自然体験を通して、自然の美しさ、大切さを伝える活動をしているNPO法人をご紹介します♩

ということで
『Aqualine Stories』ep219は
館山の『海辺の鑑定団』さんにフォーカスします!
NPO法人「たてやま・海辺の鑑定団」代表の竹内さんにお話を伺いました。

「海辺の鑑定団」は、館山の沖ノ島を中心に、海の自然を伝えたり、守る活動をしています☆
そんな館山の海を愛する竹内さん。
実はご出身は東京。南房総の海の素晴らしさに魅せられ移住をされました。

活動の中心場所でもある沖ノ島は、館山湾の南端に位置している島で、周囲が1キロぐらいの白浜で繋がった陸続きの無人島で、南房総国定公園の一つです。
また、館山湾は波が穏やかで静かなので別名・鏡ヶ浦と呼ばれています。
沖ノ島は、珊瑚が生きる場所でもあり、手付かずの自然が沢山。
夏の間はシュノーケリングを楽むなど、実際にいらした方から「自然が豊かだな」などの感想がよせられているそう。

実は、その「自然を楽しむ」というプロレスが活動にとても大切になってします。
楽しんで知ってもらうことにより、この綺麗な海を「守らなきゃ」という気持ちが生まれるのだとか☆

「海辺の鑑定団」の「自然体験プログラム」を通じて、色々な自然の触れ方が出来ます。
まず通年実施しているのが、お話を聞きながらグルっと島を一周出来る「沖ノ島無人島探検プログラム」。
それ以外にも、季節によった釣り体験や、磯の色々な生き物の観察、流れてくる漂流物、貝殻を使ったクラフト体験などがあります。
竹内さんのおススメは、夏の時期に直接自分で海の中を見て、泳いでいる魚や珊瑚を見られるシュノーケリング体験。
「マスターしてから観るので、達成感もあるようですね」と竹内さん。

海の季節は秋までですが、それにはこんな理由が。
海の中は、陸より少しずれて季節がやってきます。
陸上の季節も太陽が長く出ている6月よりも7月8月の方が高かったりしますが、海の方が更に遅れて、9月10月でもまだすごく暖かかったりするそう!
なので、9月10月にも沢山、魚がいるとのこと♩

秋は「ゆったりのんびりした海を楽しむ」のにいい季節だそうです。

冬の方が珍しい宝物や珍しい貝殻が見つかる可能性が多いのだとか。
南房総は黒潮の影響が強く、貝殻を収集するには適した場所だとおっしゃってました。
東京湾の中に位置している沖ノ島。
東京に近いところに自然環境があって、色々な生き物がいて珊瑚もいて、
「その自然を楽しんで知ってもらって、その上で自分と自然の繋がりとか、自分にできることを一歩踏み出してもらえると嬉しい」と竹内さん。

そして、「アマモ場」を守ること。
アマモ場は、海の草と書き、花を咲かしたり種をつけ、海の中の植物がたくさん生えている場所で、そこに小さな魚がいたり、卵を産んだり「海のゆりかご」と呼ばれています。
それが近年なくなってきていて、昔あったものを、元どおりにする活動をされています。
「どれくらい出来るかわからないが、みなさんと一緒にチャレンジしています。」と竹内さん。

11月23日に、「アマモの苗床作り会」が行われる予定なので、興味ある方は参加してみてはいかがでしょうか(^ ^)

アマモは、陸上に上がった植物が海に戻ってきたと言われていて、いま色んなところで再生活動が行われているそう。
地球温暖化防止のために、グリーンカーボンと対照的に、ブルーカーボンと言われ、海の生態系を守る役目も。

都会からアクセスが良く、色々な自然が残されていることなどを先ずは知ってもらい、その上で
「自分達は自然と繋がってるんだな、生活と繋がってるんだな、と気付いてもらえるキッカケに、自分の活動がなれば嬉しいな」
と語ってくださいました☆

「海辺の鑑定団」さんが自然体験プログラムを行なっている館山市へは、東京湾アクアライン経由、館山道、富浦インターからどうぞ。
東京、横浜方面の方も、東京湾アクアラインを使えばとても便利です。
ぜひお出かけください(^ ^)

《たてやま・海辺の鑑定団》
住所: 千葉県館山市沼979
海からの贈り物館内
電話: 0470-24-7088
HP: http://umikan.jp

投稿者 : als|2018年11月11日

2018年11月4日

11/4(日) ドライブソングリスト。

☆本日のドライブソングリスト☆

 

M1  On Our Way  /  The Royal Concept

M2  Philosophize In It! Chemicalize With It!  /  Kishi Bashi

M3  By My Side  /  Kwesi K

M4  Mind Trick  /  Jamie Cullum

投稿者 : als|2018年11月4日

2018年11月4日

11/4(日) 第218弾~館山「いちじく寒天フェア」


こんにちは!
きえちゃん、こと鈴木希依子です(^○^)

みなさん、イチジクって年間に何個ぐらい食べますか?
旬が限られているから、お店に買いにいってもなかなかタイミングが難しかったりしますよね。
なので館山では、イチジクをご当地名物として、もっと気軽にイチジクを味わってもらえるように「いちじく寒天」を開発!
色々なお店で提供しているのです(^○^)

『Aqualine Stories』ep218では
現在、館山で開催中の「いちじく寒天フェア」をご紹介します。

館山商工会議所の村井さんに詳しいお話を伺いました。
先ずは、イチジクを館山で栽培しはじめたキッカケを。
館山は旬のものが多く、お正月が明けた春先から花、イチゴ、初夏にはビワなどあり、秋を代表するものがなかったのだとか。
そこで、10年程前から地元の農家さんが、秋の味覚のイチジクの生産を開始。
これをご当地のスイーツに出来ないか、というところからスタート。

今年で5回目を迎える「いちじく寒天フェア」を9月〜11月の3カ月、開催しています。
イチジクを寒天にしたのには、ある理由が。
館山というと、海や海産物というイメージを持つ方が多いと思いますが、「いちじく寒天」に使用している寒天は、テングサという海藻から。
これによって、山のもののイチジクと組み合わされ、海と山の恵みが合わさったデザートに!

館山クッキング大使の川上文代先生に指導いただき、親しみやすい館山のイメージで、作る側の方も簡単に作れるものの考案をお願いし、このレシピが誕生したそうです♩

この共通のいちじく寒天のレシピを使って「いちじく寒天フェア」を展開。
宿泊施設や、飲食店などが参加していますが、いちじく寒天のレシピされ守れば、期間中、自由にオリジナルのスイーツを提供出来ます。
このフェアを通じて「初めてイチジクを食べる」という方などからも、「イチジクについての意見を貰えて嬉しい限りです」と村井さん。

実はイチジクは、美容や身体にいい成分が沢山含まれるヘルシーフルーツでもあります。

ノボリやポスター、チラシもピンク色をベースにしてら女性や健康、美容を意識しています。

今回は13店舗が参加し、開催期間中、参加店さんにはこのノボリが掲げられています。
現在開催中の「いちじく寒天フェア」は、11月30日まで開催!
ぜひこの機会にイチジクを味わいに館山に行ってみてはいかがでしょうか( ´∀`)

提供している内容など、詳しくは参加店へお問い合わせください!
「いちじく寒天フェア」が開催中の館山へは、東京湾アクアライン経由、館山道、富浦インターからどうぞ!
東京横浜方面の方も、東京湾アクアラインを使えばとても便利です。
ぜひお出かけください!

《館山商工会議所 お問い合わせ先》
住所:千葉県館山市八幡821
TEL:0470-22-8330
HP:http://tateyamacity.or.jp/

いちじく寒天フェア:http://www.city.tateyama.chiba.jp/shoukan/page100237.html

投稿者 : als|2018年11月4日