blogトップ

2019年10月20日

10/20(日) 第267弾~一心堂


台風15号の後に、いち早く「負けるな房総」という義援金Tシャツを作ってくださったお店が君津に!

facebookなどで本当に沢山の方が、「負けんな房総」と書いてあるTシャツを着て、地域の応援をしている姿をみて元気をいただきました。
そして私自身も微力ながら、このTシャツをいくつか購入させていただき、着るとパワーを感じました。

『AQUALINE Stories』ep267では
そんな義援金Tシャツを作った、君津の判子・オリジナルプリントのお店『一心堂』にフォーカスします!

お話を、義援金Tシャツの産みの親の、一心堂・店主の鈴木ケンジさんに伺いました。

色々なプリントものをやられている一心堂さん。
店内に入ると、判子はもちろんカラフルな印刷物が目を引きます!
時代もあり判子の需要が下がってきている中で、ある設備で出来るものをと考え、Tシャツをはじめ、グッズ関係の印刷物なども始められたそう。
そんな中でもTシャツは全体の40%の需要があるのだとか。
クラブチームや部活動、学園関係、そして居酒屋さんやラーメン屋さんなどの店舗からもお店オリジナルの販売用として注文があるそう。

沢山のオリジナルプリントを作ってきた鈴木さんですが、印象深かったエピソードも。
おじいちゃんへのプレゼントに、お子さんが書いた絵をTシャツにプリントするという注文もあったそうです。
伺っているだけで心が温かくなります。

今回、義援金Tシャツを作ろうと思い立ったキッカケは、SNSを通じて目にした、炊き出しをしていたり、瓦礫の撤去などをしていた仲間の活動。
台風の影響による停電が終わり、営業出来るようになった時に、自分にも出来ることを考えて思いついたそう。
「負けんな房総」とプリントした義援金Tシャツを作り、いただいた寄付を「どこか有効に使っていただけるところにお渡し出来たら」と始められました。

当初、40〜50着ぐらいと思っていたのが、その何倍もの方からの注文があったそうです。
9月14日に思いついてスタートしたところ、すぐにキャパ越えになる数のオーダーがあり、「もっと作って欲しい」との声から追加生産を決められました。
SNSで繋がっている方はもちろん、シェアが広がり、東京、川崎などの県外の方達からもいっぱいご連絡が来たそうです。

1着1000円以上のお気持ちで、協力いただいてる方にTシャツをお渡しし、その中から原材料費だけ引いて、残りを義援金として千葉県に寄付という形を取られていらっしゃいます。
寄付先や注文の詳細は、ケンジさん個人のfacebookに投稿されていらっしゃいます。

注文の詳細:
https://www.facebook.com/100007228089276/posts/2375715609346019?sfns=mo

一心堂さんの営業時間は、
平日、土曜日の9:00〜19:00
プリント物などのオーダーは、電話やメールでも出来るそうです!

《一心堂》
住所:  千葉県君津市杢師1-9-7
TEL.0439-57-2770
HP: http://isshindo197.ec-net.jp/access.html

投稿者 : als|2019年10月20日