blogトップ

2020年1月12日

1/12(日) 第279弾~吟米亭浜屋


「バー弁」
なんと素敵な響きなのでしょう!
これは木更津のソウルフード「バーベキュー弁当」の愛称です( ´∀`)
テレビなどでも取り上げられたことがあるので、もしかして木更津以外の方でもご存知の方もいるのではないでしょうか!?︎

『AQUALINE Stories』ep279では
木更津育ちの私にとって、馴染みのこの味
『浜屋のバー弁』の秘密を探りにGO!してきました。
(あー、バー弁と聞くだけでヨダレが・・・)


お話を伺ったのはこの方。
バーベキュー弁当を作っている「吟米亭浜屋」の代表取締役・泉さんです。

バーベキュー弁当の誕生は、昭和39年。
今の木更津総合高校、昔の木更津中央高校にあった売店で売られていたと言われているそうです。
今でも卒業生の多くのファンの方が買いに来てくださるそう。

現在では木更津のソウルフードにもなっているバー弁。
美味しさの秘密の一つは、厳選した食材。

まずはお米。
日本国内からお弁当にマッチしたお米を混ぜて使用していて、
今は「ゆうだい21」という品種を混ぜて使っています。
これは、冷めても味がのって美味しいお米です。
浜屋さんは、「吟米亭」と屋号についているぐらいで、厳選しています。

そして「バー弁」といえば、美味しい「タレ」が特徴。
私は、このタレだけでもご飯が食べられるぐらい好きです(笑)

が、企業秘密とのことで、「お醤油とお砂糖をベースにしている」というところだけ教えていただけました!
この秘伝のたれに、一枚一枚肉汁をつけて長年使っているとのことで、深みが年々増していそうです♩

冷めても美味しい秘密は、ご飯の品種に加え、豚肉の焼き方にも。
豚肉は国内産のロースを使用して、焼き方は直火で焼き、余分な脂が落ちているので、冷めても脂っこくなく美味しく食べられるようになっています。
ちなみに私は冷めたバー弁に、生卵をかけて食べるのが好きです(^^)

そしてバー弁の他にも浜屋さんには「チャーシュー丼」や「鳥そぼろ弁当」なども。
二番人気は木更津ということで、あさりご飯を使ったお弁当だそうです。

浜屋さんは、現在、木更津市内に三店舗あります。
イオンタウン内にある「朝日店」、木更津駅西口(港口)の近くにある「木更津西口店」、そして「文京店」。

バー弁は、お土産としても非常によく売れているそうで、
当番組ディレクターのM様も、取材帰りに良く買ってかえっております☆

温かいのも美味しいですが、逆に冷めた方が好みの方もいらっしゃり、お好みに合わせて買うのもおすすめです。
泉さんも、冷めてタレがご飯に染み込んだあたりがお好きだそう♩

パッケージも非常に可愛く、木更津にある「しょっしょっ しょうじょうじ」の童謡の「証城寺」にちなみ、たぬきの絵が描かれています。
創業した店主が考えたそうです。

みなさんもぜひ、木更津のソウルフードを召し上がってみてはいかがでしょうか!
三店舗の詳細を、下記に貼っておきます。

「吟米亭浜屋」さんのある木更津へは、東京、横浜方面の方もアクアラインを使えばとても便利です!
ぜひ、お出掛けください☆

 

《浜屋》
朝日店: 千葉県木更津市朝日3-10-19 イオンタウン木更津朝日1F
木更津西口店: 千葉県木更津市富士見1-10-24 スパークルシティ木更津南側
文京店: 千葉県木更津市文京6-11-17
各店舗詳細: http://5han.co.jp/shop/index.html
TEL: 0438-22-4161

投稿者 : als|2020年1月12日