blogトップ

2018年3月10日

春の始まりを告げる絵本特集

東日本大震災から明日で7年・・・
7年前にも、私たちの心を癒し、明日に向かう勇気をくれた絵本たち。
今年も、春の始まりを告げる素敵な絵本をご紹介していきました^^*

まずは、こちら

「ぽとんぽとんは なんのおと」
作:神沢利子
絵:平山英三
出版社:福音館書店

クマの親の会話がとてかわいらしい1冊!
まさに”春を告げる絵本”ですね!

2冊目

「はるがきた」
文:ジーン・ジオン 
絵:マーガレット・ブロイ・グレアム 
訳:こみやゆう 
出版社:主婦の友社
https://www.amazon.co.jp/dp/4072742759/

春が待ちきれない町民たちが、町中に絵を描いて、春をつくっちゃおう!という
大胆なアイディアが楽しいですよね^^

3冊めは

「オレ、カエル やめるや」
文:デヴ・ペティ 
絵:マイク・ボルト 
訳:小林賢太郎
出版社:マイクロマガジン社

”カエル”をやめたい息子とお父さんのおもしろすぎる会話・・・!
大人も子供も楽しめる1冊です!

そして4冊めはこちら

「たいせつなこと」
作:マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵:レナード・ワイスガード
訳:うちだややこ 
出版社:フレーベル館

グラスやスプーンやりんごや緑の草。
普段から、そこにあって何の変哲もないものたち・・・・改めて大切さを感じる1冊です。

言葉の力ってほんとうにすごいですよね^^
みなさんも、おすすめの絵本や、本など教えてくださいね♪
misato@bayfm.co.jp

投稿者 : cruisin|2018年3月10日