2017年1月22日

2017年1月22日OA

170122mins

  1. Eric Benet ft. Mc Lyte「Holdin On」 (2016)
  2. Toy「I’m Still Believing」 (2016)
  3. Alan Coming「Come To Me」 ※SOUND INSURANCE
  4. 甲田益也子「Sleep in Peace(in the shadow remix)」  ※SOUND INSURANCE    
  5. Radian「Recreate Loved Objects」(2016)
  6. Elvis Costello「Tramp The Dirt Down」 (1989)  ※ROOTS OF MASTERS

投稿者 : mins|2017年1月22日

2017年1月22日

プロデューサー列伝〜第6章:T・ボーン・バーネット②

伝説のミュージシャンから最新のアーティストまで、
過去から今、未来へとつながる音楽のルーツを紹介するコーナー「Roots Of Masters」。
現在のテーマは“プロデューサー列伝”です。

第6章:T・ボーン・バーネット

170122rom

1月14日で68歳に。

元は、ボブ・ディランのバンド:

ローリング・サンダー・レビューでギターを担当。

18歳からスタジオ・ワークをスタートさせ、

これまでに手掛けたアーティストは数知れず。

ロイ・オービソン、

リサ・マリー・プレスリー、

ジョン・メレンキャンプ、

ロス・ロボス、

カウンティング・クロウズ、

エルトン・ジョン&レオン・ラッセル、

エルヴィス・コステロ、

ダイアナ・クラール、

矢野顕子、

ウォールフラワーズ、

トニー・ベネット。

 

あらゆるジャンルの音楽と関わってきました。

T・ボーン・バーネットはルーツに対する造詣が深いことが特徴で、

その部分を欲するアーティストたちから大変重宝される存在であり、

また、ラリー・ハーシュというエンジニアと組むことが多く、

アコースティック系ロックサウンドを得意とする。

矢野顕子の作品も、録音が良いことで広く知られています。

音数が少なくて間があり、アコースティックなサウンドが最大の特徴である。

 

 

投稿者 : mins|2017年1月22日

2017年1月22日

ゲスト:dip in the pool(1/22)

毎月ゲストをお迎えして、その方が大切にしている心の1曲「パートナーソング」を、

ご紹介していく「Sound Insurance」のコーナー。

1月はdip in the poolのお2人をお迎えしています♪

最終回となる今夜のセレクトは…

20161007_151232

♪第4回のセレクト

Alan Coming「Come To Me」

170122partner

「ここ最近、人の曲にアンテナをはっているんですよ。

色んな人の曲を聴いていると、模写=コピーの勉強になるなって、今更ながらに気づいて。

歌い方というより、まず最初にその人の譜割りを心に入れるような感じ。

これが、すごく勉強になる。

この曲は、自分が歌うか歌わないかは別として、シンプルですごくい良い曲。

でも今は歌えなくて。

歌うと泣いてしまいそうな気がするので。

いつか歌えたら、と思う曲です。」

投稿者 : mins|2017年1月22日

2017年1月15日

プロデューサー列伝〜第6章:T・ボーン・バーネット

伝説のミュージシャンから最新のアーティストまで、
過去から今、そして未来へとつながる音楽のルーツを紹介するコーナー
「Roots Of Masters」

第6章は、T・ボーン・バーネットに迫ります。

neellfeell-img600x596-145042583704aqf518542

「T・ボーン・バーネットはミュージシャンから出た音の人でスタジオワークもしながら

ギターも弾いていて、今でもアルバムを出しながらギタリストをやっていると

この人はエンジニアはよくわからないのでラリー・ハーシュというエンジニアと組んでやっていたという

アクオスティック系な音が特に得意だと思います。」

投稿者 : mins|2017年1月15日

2017年1月15日

2017年1月15日OA

170115mins

  1. Homeshake「Heat」(2016)
  2. Gonjasufi「Afrikan Spaceship」 (2016)
  3. Sade「Kiss Of Life」(1992)※SOUND INSURANCE
  4. 甲田益也子「Butter」(1998)※SOUND INSURANCE
  5. 涼夏彩「歌う月」(2015)
  6.  T Bone Burnett「Dance, Dance, Dance」(1987)※ROOTS OF MASTERS

投稿者 : mins|2017年1月15日

2017年1月15日

ゲスト:DIP IN THE POOL(1/15)

毎月ゲストをお迎えして、その方が大切にしている心の1曲「パートナーソング」を、

ご紹介していく「Sound Insurance」のコーナー。

今月はDIP IN THE POOLさんをお迎えしています♪

第3週目となる今夜のセレクトは…

20161007_151232

♪第3回のセレクト

Sade「Kiss Of Life」

71-jNZ2Ug4L._SL1500_

「僕は音楽を始めようって時ブラックミュージックって嫌いだったんですよ

今は大好きなんですよ、いつからか結局やっぱりものすごく強いんで音楽的な含んでいるものが

で、どんどん興味が増していって今は好きなんですけど、ライブアクトが素晴らしんですよね。

アルバムや音からだと伝わらないんですけど、ライブ見るとそれぞれの力量とセンスの良さが

まざまざと伝わってくるから是非見て欲しい。」

投稿者 : mins|2017年1月15日

2017年1月8日

2017年1月8日OA

170108mins

  1. Sting「One Fine Day」(2016)
  2. The Pop Group「Heavenly」(2016)
  3. Antena「Camino Del Sol」(2004) ※SOUND INSURANCE
  4. Dip In The Pool「A King Unseen」(2015)※SOUND INSURANCE
  5. ムラタトモヒロ「Bird」(2016)
  6. The Police「Synchronicity I」(1983)※ROOTS OF MASTERS

投稿者 : mins|2017年1月8日

2017年1月8日

プロデューサー列伝〜第5章:ヒュー・パジャム

伝説のミュージシャンから最新のアーティストまで、
過去から今、そして未来へとつながる音楽のルーツを紹介するコーナー
「Roots Of Masters」

第5章は、ヒュー・パジャムに迫ります。

hugh-padgham

「アメリカのミュージシャンをやってないんですよ、要するにアメリカでウケる音ではないんじゃないか

あるいはイギリスの人は頑固だからアメリカまで行ってやる気がないみたいなのかわからないんだけど

ニュージーランドとアフリカとイタリアとは仕事したけどアメリカとはやってない。

アメリカのミュージシャンがこの時代に関わらなかったのが僕はとっても疑問です。」

投稿者 : mins|2017年1月8日

2017年1月8日

ゲスト:DIP IN THE POOL(1/8)

毎月ゲストをお迎えして、その方が大切にしている心の1曲「パートナーソング」を、

ご紹介していく「Sound Insurance」のコーナー。

今月はDIP IN THE POOLさんをお迎えしています♪

第2週目となる今夜のセレクトは…

20161007_151129

♪第2回のセレクト

Antena「Camino Del Sol」

r-1141441-1217704864-jpeg

「自分たちが活動したあたりにいた人たちで、ライブで一回歌ったことがあるはずなんですよ

その時に歌詞がわからなくていろんな人を介してフランス人を紹介してもらって、レコード盤から

聞き取ってもらって、フランス語の響きが好きだったから選んだっていうのもあるんです。」

投稿者 : mins|2017年1月8日

2017年1月1日

2017年1月1日OA

170101mins

  1. The Rolling Stones「Everybody Knows About My Good Thing」(2016)
  2. Garbage「Magnetized」(2016) 
  3. OMD「Stanlow」(1980)※SOUND INSURANCE
  4. Dip In The Pool「A Bridge To The Rings Of The Saturn」(2011)※SOUND INSURANCE
  5. David Bowie「Don’t Look Down」(1984)※ROOTS OF MASTERS

投稿者 : mins|2017年1月1日

1 / 4012345...102030...最後 »